FC2ブログ
topimage

2019-09

寒くて丸くなる&お散歩先のご飯で残念なこと - 2019.05.15 Wed

寒い日が続いてるので丸くなって寝てることが多い太郎。
アンモニャイトまではないけれどかわいい姿で寝てました♪
1_2019051422131954c.jpg


角度を変えて撮影。手足が集まっててかわいい♪
2_20190514221325417.jpg


そ~っと撮影してるつもりでもやっぱりうるさかったのか、ちょっと動いて足が伸びました。
3_20190514221328b47.jpg


この姿もかわいいっ!(*´∀`*)ポッ
4_201905142213304e1.jpg
寒い日の太郎の寝姿でしたー。





さてここからは、2週間も前のことになりますが祝日の日の出先でのお散歩の様子などをアップします。出先での最後のご飯はいつもほぼ満足で終わりますが、この日はちょっと残念な結果に…。

気温は20度もなかったですがお天気はよかったです。森の中をずっと歩くコースで、最初だけこういうところを歩きました。
a1_201905142213322ea.jpg


思ったよりも人が歩いてたのでなんでかなあと思ったら、湖が現れました。
a2_20190514221333c95.jpg
駐車場から約10分と近いので、それで皆さんここまで歩かれてたようです。


↑の奥の方をよく見ると水着姿の人たちが…。
いくら晴れてるとはいえ、気温20度以下ですよ?(-∀-;)
a3_20190514221336b3b.jpg
湖の水温ってけっこう低いです。その中を泳ごうとするなんて…、体感温度がやっぱりこっちの人は違うんでしょうねぇ。


その後は森の中をひたすら歩きました。
お花は、エゾネコノメソウ種のこの花がたくさん咲いてました。
a4_201905142213393fa.jpg
独:Wechselblättrige Milzkraut (学:Chrysosplenium alternifolium)


コミヤマカタバミは咲き終わりっぽいのも多かったです。
a5_20190514221341f4d.jpg
独:Waldsauerklee (学:Oxalis acetosella)


この周辺の地域は大小の湖がたくさんあちこちにあるんですが、このコースでもいくつかの湖のそばを歩くようになってました。
a6_20190514221342fec.jpg
夏はここでも泳げるようになってるみたいですが、あんまりきれいじゃなかったです。


次に見えてきたこの湖は特に看板などはなかったので泳ぐところではなさそう。
a7_20190514221344c2b.jpg
あ、どの湖も普通の湖で、とある趣味の人たちが集まったりとか、そういうのはない場所です!(´∀`;)


約12㎞ちょっと歩いてスタート地点にある修道院まで戻ってきました。
a8_20190514221345363.jpg
Klosterkirche Maria Himmelfahrt


カトリックの教会なので中も派手です。
a9_201905142213477f9.jpg


修道院のすぐ側のレストランで夕ご飯を食べていくことにしました。
a00_201905142217483b3.jpg


ビールはいつものように美味しかったですよ~。
a0_2019051422201373a.jpg


ご飯も一応美味しかったんです。奥は相方のノロジカ料理で、手前は私の豚肉料理。
a000_2019051422200924b.jpg
私のシュペッツレお肉の横のパスタみたいなの)の量が多くて食べきれないので相方に手伝ってもらったのですが、最後の方だったかな、相方が口に入れた途端、「ん?」と言って何か口から出しました。それは、緑色の、小さなプラスチックのかけら。噛んでないからよかったものの、びっくりですよ。
食べ終わって、お皿を引きに来たお店の人にそのことを言いました。そしてその人が戻ってきて、そのかけらは、ソースを作る時の材料が入ってた容器の一部だということが分かりました。

さて、その後どうなるか。お店の人が来るまで相方にも話したのですが、3年くらい前、市内の和食レストラン(日本人経営でスタッフも日本人だけ)でランチをした時に、食事のサラダの中に石が入ってたということを私は経験したことがあります。石は噛まなかったけど一応一言言ってた方がいいのかなと思い、お店の人に言いました。結果、食事は無料になり、飲み物代だけ払ったということがあります。
これがもしドイツ料理の店だったらそこまでしてくれないよね~…と当時友人と話してて、似たようなことが今回起こったわけで。

結果は、”もし何か起こったら連絡してください。こちらが保険会社に連絡して対応することになります”、でした。
こういう時は、どういう対応がお店としては正しい対応になるのでしょうね。謝罪して、やっぱり今回みたいに保険会社の話を出す…なのかな。
でもなんかあまりにもあっさりとした回答に相方は不満だったのか、「別に注文したサラダを無料にしてくれたら了承します」と答え、結果、そうなりました。サラダを一皿別に注文して先に食べてました。

食事はお肉なども地元の素材を使ったもので味もよく楽しんでただけに、こんなことが起こってほんのちょっとだけ残念でした。
人が作ってるのですからこういうことは起こりうることは分かるけど、なるべく起こってほしくないものですね!(´∀`;)

● COMMENT ●

太郎さんの丸まり寝、見てるだけで、コーヒー1杯は飲めるわね^^
可愛いなぁ~@@@@@@

20度以下で水泳(;´▽`A``我慢大会のようなw
そ~いえば、主旨は違うけど、
日本人の正月の寒中水泳、海外の人が見たら、どう思うんだろ?
自分じゃ全身しもやけになりそうだから、やらんけどw

お食事の異物混入、人間が手を加えてるから、絶対ないとは言えないけど、
誤飲したり、歯を傷めたりしなくてよかったです。
そうか、まず、保険・・・ねぇ。
お店側の誠意は、保険ねぇ。。

太郎くんはうちのサバ白よりずっと寝相がいいんですよねー(*´ェ`*)
タワーのくぼみのせいもあるとはいえうちも土手付きベッドなんだし
もうちょっとお行儀よく寝てほしいものです(´・ω・`)

ドイツで泳ぐとなれば湖が一般的なんでしょうか?
やっぱり海岸線は高緯度にあるから泳ぐには適さないんですかね?

異物混入はゼロにはできないとはいえやはり国ごとに対応は違うんですね。
日本はまず謝罪してお客様の不満を取り除いた後代わりの料理をサービス、が普通ですよね。
(最近はモンスタークレーマーが多いので違ってきてるかもですが(-"-;)

それこそ考え方の違いなのかもですがお話のドイツ料理のお店の
無機質な対応にはちょっとモヤッとします。
一言「こちらの不手際で申し訳ございません」と添えてくれたら氷解するのに(´・ω・`)

こんにちわ。食事をしていると家の中でも外食でもアレコレ混入はありますね。
レストランで言ってもしょうがないようなこともありますが、危険なものが入っていた時は帰り際に「そっと」伝えてあげます。テーブルで騒ぐのもイヤなのでね。
どういう対応がいいのかわかりませんが、お客の方が何を期待しているかによって変わるかもしれませんね。日本は販売している食品などでは、ちょっと大げさ過ぎる対応もありますね。

太郎ちゃんの伸びた後ろ足は講義なのかしら(笑)
のどかな風景で素敵だね〜
修道院の外観は地味目なのに中はすごいゴージャスだ!

異物混入は気をつけてても絶対とは言い切れないし、多少は仕方がない
かなとは思うけど、対応次第で許し難くなる時もあるよね。
こちらでは今の所そういうのはないけど、ファーストフードの持ち帰りで
注文したものが入ってなかったり、違ってたりはよくあるな〜
すぐ気づいて言っても面倒くさそうにされる時もあるよ....
謝罪して、それなりの対応してくれたら気をつけてね〜で終わるのにね〜

まとまった手足、可愛いわ~~~♪
しかもお手手が揃ってくにって曲がってる~!

湖ってもうちょっと水がきれいなイメージだけど・・・
そこで泳ぐのか~~~
ま、海も遠いからねー

異物混入、たまに遭遇します
一番多いのは卵の殻w
金属のたわしの破片っていうこともあったけど
一緒にいた人がバカみたいに激怒しちゃって
そっちにうんざりしてどうでもよくなっちゃった記憶が・・・
お勘定どうしたかも覚えてないわ(笑)

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
私は太郎のこの姿でお酒飲めます~!(´▽`

気温が25度くらいあっても湖ってめちゃくちゃ水温低いんですよ(>_<)
日本のいろんなイベントや、あとバラエティ番組の挑戦ものとか、
ばかばかしいのはけっこう面白がられてる気がします(笑)。
古いけど有名なのは風雲た〇し城、何度も再放送あって未だに大人気です(笑)。

食事内の異物、もし歯が欠けたりとかあったら怖いので、直接の被害は
なくとも今回も言うことにしました。
ただ、平謝りしろとは思わないけど、”悪かった”の気持ちを見せないような態度が
なかなかドイツらしくて、それもなんだかなあの気持ちになりました(-_-;)

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
あっ、寝相に関しては太郎はそんなに悪くないかと思います^^
ただ、やっぱりこのどっちりとした体型のせいもあるかとは思いますがw

ドイツで海となると北の方しかなくて、うちの方では湖で泳ぐのが一般的です~。
うちも夏になると湖ばかりですが、ここ数年はブヨのせいで私は行ってません(汗)。
水温低いし、鳥(カモとか)の糞も岸には多いし、私はあんまり好きじゃない…。

異物混入の件、3年前はただ単にお店が今後注意してくれればの気持ちで
言っただけが無料になって反対にこちらがすまない気持ちになったくらいでした。
ドイツはあれこれ起こっても簡単には”すみません”は言わないので、それで
今回も説明された時の態度がちょっと…な気持ちになってしまって。
大声荒げてクレーム入れてるわけではないのに、なんだかなあの気持ちになりました。

太郎ちゃんの寝相、安心してるようでかわいいんだけど、
見方を変えると、あぁ・・・と世をはかなんで悩んでる姿のようにも見えて、
さらにかわいらしい。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

お散歩の写真はいつも見ているこちらも清々しくとてもいい気持ちになりますわぁ、
なんといってもだいたいビールも出て来るしね!プハー!(*≧∪≦)

オーダーした食事に異物混入の時の店側の対応、とても興味深いです。
そのお店が特別なのか、ドイツのお店では概ね保険対応みたいな感じなのか。
でも、相方さんが注文付けたらそれはそれでOKなわけですよね、交渉の余地はあるということ。
なんだろ、交渉するというのが前提にあるのかもしれませんね。
日本人は交渉のやりとりするぐらいなら、最初から文句のでない対応にしておこうって
ところじゃないのかなぁ。そこにほんとに誠意はあるのか?と感じることもあります。
そこにつけこむ悪質な客も増えてきえるわけで。難しいですね。

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
物が入ってしまうのを100パーセント防ぐのは無理だけど、起きない方がいいし、
何も言わないのもあれなので言うだけ言ってます。
3年前は言うだけと思ったら無料になって逆に恐縮しましたが。
だからといって、今回みたいにあまりにもあっさりなのも…ですねぇ。
こちらは楽しむためにきてるのに、ちょっと間違えば口の中の損傷もありえるので。

コメントありがとうございます♪

★moguさん
お顔をぎゅ~っと隠して「煩いにゃあ」とされることも(笑)。
でもどんなことされてもそれがまた逆にかわいいのよね、こっちには♪
教会はね、うち周辺のは中がゴージャスなの多いよ~。

そうなの、混入物は起こり得ることだから仕方ないとも思ってるけど、
ただ、気をつけてもらうにこしたことはないと思って一言言ってる。
無料なんて期待してなかったから、3年前はすごく恐縮したくらい。
ただ今回のドイツの店のあまりにもあっさりな態度も…ねぇ(汗)。
あー、そのファストフードの件、分かるー!!
軽くでいいから「すみませんでした!」って言ってくれればいいのに、
こっちが悪いことしたような気分になるよねぇ…。

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
そうそう、このくにっと曲がるところがいいんですよね~!(*´ω`*)

湖、私も初めて泳いだ時は、水が思ったよりきれいじゃなくて戸惑って、
やっぱり海の方がいいな~と思いました(というか、今も思ってる!w)。

卵の殻!それはうちで自分のランチとかでよくやっちゃう(;´▽`
たわしの破片、なるほど~、そういうのもありえますね。
そうですよねぇ、こういうの許せない人は全く許せないのかも…。
私はお店に言わないというのはないけど、でも、無料になった時は
逆にこっちが恐縮しちゃって、期間開けてしか同じ店には行けなかったです。
(それなのに覚えられてて、お茶をサービスされてしまいましたがw)。

コメントありがとうございます♪

★ぱんとらさん
世をはかなんで悩む…、そういう見方もいいですね~(´ω`*)
獲ってきたネズミでギャーギャー騒ぐ私のことでも悩んでたりして(笑)。

私、最後のビール無しには歩けませんので(笑)!
それをいつも目標に頑張って歩いてます^^

ドイツってなにかあるとすぐに法律の話になったりもするので、
ここでお店が保険の話をしてきたのはなんとなく理解できました。
相方の交渉ですが、これは慣れてるみたいで…(汗)。
しょっちゅうやるんですよ、何か買う時は。
日本人の感覚からすると「そんな店では普通しないよ」みたいなところでも。
で、それが通ることが多いのでこれまたびっくり!
今回の件は、いわゆる私たちのテーブル担当の若いウェイトレスとのやり取りで
彼女があれこれ決める権利はないと思うのですが、それでも「サラダを無料に」と
言ったら彼女はすんなり「OK」と言って、お勘定をその場でサラダ抜きで計算。
普通はここで上の人に聞きに行くものだと思うけどそれもなし。
ってことは、お店は、もっとあれこれ言われる覚悟もしてたってこと…??
…と、話は逸れそうですが、ドイツでは言わなきゃ損って感じですね。
食事を無料にしろとまではさすがに言えないので、相方、うまく交渉したと思います。

クレーム処理の方法は重要ですが、難しいと思います。
私は会社勤めをしていた頃いろいろ経験しましたが、
上手にクレーム処理をすると、会社の評判が上がって売り上げ増につながります。
不良品とか事故とかは無いのが理想ですが、人間がやることですから失敗は当然あります。
問題は、その後の対応なんですよね。

あまり無責任な無視とか逃げ一方の対応は非常にまずいですが、逆に弱気になって客にサービスしすぎると今度は付け込まれる心配があります。
逆にアルペンさんのような遠慮深い方は、次回からそのお店に行きにくくなってしまいますよね。
いずれにしても、これは会社の経営を傾かせてしまいます。
シーソーゲームのようなもので、なかなか難しいです。

こんにちは♪

太郎ちゃん、中央のムニュっと盛り上がって、
毛がツンツンと出てる辺りが、もうたまらないっ!!(笑)
にゅっと伸びた、白いおみ足もステキ~(*´艸`*)
太陽が出てると言うだけで、露出度の上がるドイツ人。
見てるだけで、身体が震えます~。(笑)

こういう場合、お店にははっきり伝えてます。
伝えたところで、「あら、失礼」的な反応だったりしますけど(^_^;)
対応がひどくて、モヤモヤ気分になることが多いような...

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
口の中で怪我しなかったからよかったけど、せっかく楽しんで食べてるのに
こうなっちゃうとやっぱり気分も下がるし、お店が今後気をつけてくれたら…で、
それで言うのはちゃんと言うようにしてます、お金も払ってるわけですし。

言った後の過度のサービスは期待はしないけど、通常範囲内での
”すみませんでした”はあってもいいものと思ったのですが、
今回のこれはウェイトレスの態度があっさりし過ぎて他の人だったらどうだろう、と。
あまり騒ぎたくない客側としても難しいですね、相手の態度で気持ちが変わるから。
今の時代はすぐに評価サイトでそういうことを書こうと思えば書けちゃうから、
お店もある程度は気をつけた方がいいのになあとは思いました。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
太郎は短毛種だけどお母さんが長毛さんだからこうやって毛がツンツンで安いです^^
白い手足は毎日見てる私も(*´Д`)ハァハァものですよ(笑)!

今日も昨日も寒いのに、ノースリーブでうろちょろしてる人見ましたよ(笑)。
私はまだ冬用のジャケット着てるのに…(^^;

お金払ってるわけだから、言わないとダメだと私も思います。
それこそ、一歩間違えば口の中を怪我しちゃうわけだし。
ドイツ人に謝ることは期待しないけど、でも、最低限の態度は見せて欲しいですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/934-a08e1e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はみ出る肉 «  | BLOG TOP |  » 太郎ちゃん、グッジョブ!

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (513)
太郎とご近所猫(犬)さん (134)
お出かけ(山歩き関連) (46)
お出かけ (51)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (6)
バイエルン行事 (15)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (20)
庭の野鳥 (32)
日々のこと (86)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

QR