FC2ブログ
topimage

2021-05

隠れる太郎&お散歩中に見た牛猫馬花 - 2019.05.04 Sat

カーテンがボロボロになってたのは分かってましたが、今回の画像を見て、”ここまでボロボロだった!?”とびっくり中(汗)。それでも隠さずにアップします~(^^;


マダニチェックをやってたら、太郎、隠れました。通常は爪とぎトンネル内に隠れることがほとんどだけど、この時はカーテンの裏側に(-∀-;)
「あちこち触りまくって、しつこいんだよにゃ!」 でも刺してたのちゃんと取れたでしょ!
q1_20190503221334303.jpg


「抑えつけて痛いことやって、最低だにゃ」 そのままにしとく方がもっとダメでしょ!(-"-)
q2_20190503221335e13.jpg
カーテンのこの被害は、太郎が原因ですね~(汗)。子猫時代は引っかけてたこともあったし…。


イヤイヤながらも、ウーッと唸りながらも除去はさせてくれたので、仲直り(?)におやつの小袋を見せます。
「騙されないにゃ~!またやるつもりだにゃ!?」  もうしないよ!
q3_201905032213370fa.jpg
おやつをあげたらそれで終了するようにしてます。そうしないと、おやつ効果もなくなりますしね…。

それでもカーテンのところから出てこなかったので、その場所で、私の手を下から入れておやつをあげました(-∀-;)
食べ終わったらホッとしたのか、出てきて、ハンモックの上でくつろぎ始めました。


「最近毎日触られまくって大変だにゃ」 太郎ちゃんが外に出ないならしないけどね。
q4_20190503221338746.jpg


「なんであんなに触りまくるにゃ」  だから、今の時期はマダニが大変なのよ(-_-;)
q5_20190503221340b0a.jpg
過去の例から考えると、3~4月が一番増える時期。あとは気温にもよるけど、マダニが全くついて来なかった月は12月と1月のみ。それ以外の月では、毎年ではないけれど、11月も2月もマダニの被害がありました。
なので、どんなに太郎にウーウー唸られようが、マダニチェックは欠かせない日々なのであります…。




ここからは、前回記事のお散歩中に見た、牛、猫、馬、花の画像をアップしときます~。

車を停めた村で放牧されてた牛たち。山の上での放牧は6月頃からですが、麓では既にこういう光景が見られます。
a1_201905032214222a8.jpg


ここでは珍しく親子一緒に放牧なのね~と見てたら、あっ、奥に猫さん一匹発見!
a2_20190503221425a90.jpg
子牛だけ別に放牧されてるところが多いです。


ずっと下を見てて…、ハンティング中でしょうか(´∀`;)
a3_20190503221427cbc.jpg


長閑な光景です。猫さんも奥に写ってますよ。
a4_20190503221428f10.jpg


子育て中の牛に近づくのは危ないので、離れた場所からズームで撮影です。
a5_20190503221429e09.jpg


親子別々、それとも一緒に放牧、どちらがいいのかは私には分かりませんが、見る方としてはやはり親子一緒の方がいいですね^^
a6_20190503221430422.jpg


猫さん、遠くからこっちをじーっと見てました。この子にもマダニがくっついてそう(;^ω^)
a7_2019050322143277b.jpg


そして農道を30分ほど歩いて民家が立ち並ぶ辺りまで来た時にまたまた猫さん発見。
a8_2019050322143372c.jpg


私にニャアニャア鳴いてきたけど、撫でようとしたら逃げられました(^^;
a9_20190503221434a59.jpg


今度はお馬さんたち。
a10_20190503221436ade.jpg


お互いに舐めあってる姿がかわいかったです♪
a11_201905032214388ac.jpg


散歩コースに咲いてた花は、まずはセイヨウミミナグサ。雑草としてはかわいいなあといつも思います。
a12_20190503221439130.jpg
独:Acker-Hornkraut(学:Cerastium arvense) ナデシコ科


こちらはアマドコロにそっくりな、同じアマドコロ属のソロモンズシール。たくさん咲いてました。
a13_20190503221441d6a.jpg
独:Vielblütige Weißwurz(学:Polygonatum multiflorum)


以上、お散歩中に見かけた動植物の画像でした。

● COMMENT ●

太郎ちゃん、カーテンに隠れてるつもりかしら(笑)
レースのカーテンは特に好きだよね!
実家の仔もよく遊んでてボロボロにしてたな〜
おやつをもらったからこれ以上は何もされないと思って
安心したのかな?

狩り中の猫ちゃんを牛も見てそう。
キジトラちゃん、結構むっちりしてそうだわ....
こうして見かけると可愛いし嬉しくなるね〜

レースカーテンは猫のいる家庭ではあってないようなもんですしw^^;(うちは廃棄しました)
隠れたつもりの太郎くんかわいい(*´ェ`*)
ですが安心できるのが12・1月のみとは(゚д゚)!
そこまで多いとなるとホント大変ですよねぇ(-"-;
ウーウーは気の毒ですがこれあるからこその外出許可ですよ太郎くん(-"-)b

牧場に行って猫が目に入るのは猫好きならではですねw
ハンティングで下を向く姿がうちのサバ白とかぶります(-"-;
キジ白含めマダニの被害にあってませんよう(-人-)

マダニを見つけるのは大変そう~
毛をかき分けて探すのでしょうか?小さい身体の猫さんといえど
隈なく探すのは時間がかかりますね。ふたりともお疲れ様です。
安全にマダニを駆除できるものって(レボリューションみたいなの)
ないのかなぁ~~~

やっぱりのどかで良い風景です~♪
この中に猫さんがいるって良く気づきましたねー(*^-^*)

こんにちわ。地域的にダニが多いんでしょうかね。
コチラでも居ないわけじゃないですが、せいぜい5月~9月だけです。
猫はリードつけて散歩なので、ヤブの浅い場所だけしか入らないのでダニは付きません。
代わりにと言っては何ですが、野付ウシは年間かなりの数を連れ帰ります。そのうちで実際にダニに噛まれるのは年間で2-3回ですね。いつも自分で処置してオシマイです。
昔、田舎で農家をしていた時に飼っていた猫は夏中ダニを付けて帰ってきましたね。
マダニもですが小豆くらいに大きく膨らむダニも付けてきたのを覚えています。
※何か嫌な話になりました。。。m(_ _)m

カーテン、これくらいならボロのうちに入りませんよ(笑)
うちは縦に裂けて、そこから出入りしてたからwww

ふふふ、alpenさんのブログに猫じゃない4つ足が増える
季節になりましたね~

コメントありがとうございます♪

★moguさん
最近このカーテンの裏にもよく逃げるようになったよ!
カーテン裾部分は子猫時代に爪をよく引っかけてたな…(涙)。
おやつ=チェック終わり、一応その順番はしっかり覚えてるみたいよ(笑)。

牛に注目される猫、なんかすごいよね(笑)。
キジトラちゃんはオスっぽいよね。
歩いてる途中に猫に逢うとウキウキしちゃう♪

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
太郎がうちの子になるのよりカーテン設置が先だったので、
まさかこういう形でボロボロにされていくとは、設置時は想像もせず(;´▽`
マダニは、そうなんですよー、ほぼ一年中油断できないって感じで…(汗)。
毎回ウーッと唸りながらも大暴れはしないし、すぐにべたべたはしてくるから
一応ポーズとして怒ってるのかなあと勝手に解釈してますw

歩いてる最中も猫センサーがビンビンに働いてますw
出先の、田舎で見かける猫はこうやってみんにゃ下を向いてて、
やっぱりみんにゃハンティング好きなのよねぇと、ちょっとホッとします(^^;

コメントありがとうございます♪

★ゆりっぺさん
マダニは、両手の指先でとにかく毛の中をごそごそと触って、触感で見つけます!
下半身にはついてもどうもすぐに落ちてしまうようで、毛の中に入り込んでるのは
肩先から頭までで、その辺りをしっかりとチェックすれば大丈夫です。
太郎は短毛でも毛の密集度があるので指先で見つけても、毛をかき分けて
それをしっかりと目で確かめるまでがまた大変です(汗)。
一応フロントラインやってますが、これはやってても刺してから駆除…なので、
刺す前に探すようにこっちも必死です(-_-;)
あと、ファーミネーターでブラッシングも、刺す前のが取れます(ノミ取り櫛効果)。

田舎を歩いてる時はいつも猫センサービンビンに働かせてます!^^
でも日本でこれやると、落ちてる子見つけちゃいそうですね…(-_-;)

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
うちの方はマダニがめちゃくちゃ多いんです(汗)。
南ドイツとオーストリア付近がマダニの生息数がぐんと増える地域になってます。
太郎は以前リード散歩を数年やってて茂みも浅い場所しか入らなかったけど、
それでも何度か刺されたことありました。
実家で飼ってた猫たち(外出自由)にマダニがついたことはなかったので、
マダニはやっぱりちょっと寒い地域の方が生息しやすいのかな…。
大きく膨らんだ状態!あれほど気持ち悪いものはないですね!(>_<)

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
縦に裂ける(汗)!!
うちのもそのうちそうなっちゃうのかな…(-_-;)

他の4つ足動物、はいっ、これから登場がどんどん増えますよー(笑)。
今年はもっと太郎だけで…といつも思うものの、止められません(^^;
やっぱかわいいというか、親しみもてるんですよねぇ、牛って(笑)。

ずっと下を向いてる子の頭の丸さがかわいすぎる!!
牛もかわいいですねえ。
太郎ちゃん、ダニーちゃんはやっぱりとらないとねえ。
いやだろうけども...外の子でつきっぱなしのとか
いるんだろうなあと思うとドキドキしてしまいます。
とりあえず怒ってもとらせてくれるあたり、アルペンさんが
自分のことを思ってやってるっていうのは理解してて、
いやだけど我慢するっていうのができているのだろうから
偉いです。太郎ちゃん(もアルペンさんも)お疲れ様でした。


道路のカエル標識...標識自体がほしい(笑)
でも、ほんとに大量のカエルがいたとしたら、
日本の田舎みたいに車にひかれるのかな...と思うと
ちょっと複雑。

こんにちは♪

太郎ちゃん、カーテン越しに、めっちゃ見てる(*´艸`*) 
友人宅のカーテンは、もっと凄いことになってましたよ。(笑)
昨日から、また気温が下がりましたね。
これでマダニがおとなしくしてくれるといいのですが...
あまいかな~。

太郎ちゃん、マダニチェックは
お母さんの愛なんだよ~♪♪
草原のネコちゃんたち、カワイイですね
もちろん、モーモーも馬さんたちも

マダニ

e-9 マダニは、見つかるのは、血を吸った太った虫?だけですか…?
 それとも、小さいのも取れるのかな…?
 太郎さんにとっては、ベタベタされてィャかもしれないけど、マダニだけは見逃せませんね。
 ちなみに、こうした牧場なんかで寝転んだら、やっぱりヒトにも付いちゃって吸血されるのでしょうか…
 e-3
       <ののちゃんより>

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
猫って丸さがあればあるほどかわいく感じますよね♪
マダニ、そうなんです、例えばべスター君とかちゃんと取ってもらってるのか、
あれこれと他所の子の状況ばかりが気になって…。
私は太郎が外から帰ったら必ずというか、日に何度もチェックしてます。
そうでないと太郎についてたのが床に落ちて私に…とかなったら嫌だから(>_<)
太郎も唸りはしても暴れはしないので、太郎なりに我慢してるようです(^^;

カエルは…、私は昔、職場によっては田んぼの中を車で通勤したことも
あるので、田んぼに水が入ってる時で雨が降ったら大変でしたよぉ(涙)。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
カーテンの裏といっても捕獲簡単な場所ですからねぇ(笑)。
爪とぎトンネルに入った方が安全なのに…(^^;
カーテン、取り換えるとなるとものすごいサイズになっちゃうので、
もっとすごい状態になるまでまだまだこのままで使用しますよ~(;´▽`
それにしてもまた寒くなりましたね(>_<)
マダニ、ピーク時よりはかなり減ってるけど、それでも油断できません…(汗)。

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
そうです、そうです、気持ち悪いけど、太郎のためにがんばって
唸られながらも毎日マダニチェックしてるんですー(涙)。
ドイツにいる動物たちは外にいるとマダニとの闘いが大変ですよ(;_;)
もちろん、人間も外に出たら…(>_<)

コメントありがとうございます♪

★kitcatさん
マダニ、刺す前の普通のゴマ粒大の大きさのも指で探れば見つかります!
密集した毛を通って刺すまで(皮膚に到着するまで)に長い時は
数時間かかってるようですぐに刺すということもないので
とにかく外から帰ったらなるべく早い時間にしっかりチェック。
刺しても、血を吸って太った状態になるのに3日間くらいかかります。
フロントラインしてれば太る前、48時間以内に死んでます。
でも私は刺してすぐの状態で見つけるように頑張ってます!
人ももちろん、草むらに入ったら要注意、すぐにチェックしないと危ないです!
猫みたいに毛がないから、しばらく皮膚の上を這った後に刺しますよ~!

親子いっしょの牛、ほのぼのムードで良いですね♪
しかし、親は子を守ろうと神経質になっているので危険なのですね。
牛は巨大なのでそうでなくても私は怖いです。
遠くから見ているぶんには良いですけどね。

ここに来て皆さんのコメント読んで面白いと思うのは方言です。
アルペンさんは「マダニに刺される」と言いますが、
近畿地方の人は「噛まれる」
私の地方では「食われる」です。
人間がマダニに「食われて」しまう?(@_@;)
そこまで深く考えず「蚊に食われた」などと無意識に使っています。

レースのカーテンが高貴な人の御簾みたいですね。 王様だものね。
しかし春の方がダニは多いのですか! そういえば蚊も猛暑の夏場は減る様に思います。
全身チェエクは大変ですね。 フロントラインもそうか、血液を吸わないと薬もダニの体内には入らないからか。 
そちらは日本のノミ並みにマダニがいる感じですね。
昔は聞いた事が無いように思いますが、単語を知らなかったし山歩きもしなかったからかもしれないです。でもその辺の草の上は普通に座った様に思うけど。

猫センサー良好ですね。(笑) 長毛猫さんの狙いは太郎ちゃんと同じかな。
確かにダニが沢山付きそうです。

週末、そちらの山間部では雪だったとか。 ザルツブルクでもガイスベルクが白くなったという事です。 またチロルでは雪崩の危険性が5段階の3だそうです。 お気をつけ下さい。

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
放牧されてるアルム内に登山道が設けられてることがこちらは多いので、
自然と牛のそばを歩くことになったりしますが、こちらが何もしなければ
牛も何もしてこないのでなんとか大丈夫です^^

刺す、噛まれる、食われる、この表現は私も気にはなってたんですが、
蚊の場合では私は”刺された”、”食われた”、両方を使ってます。
マダニはこちらに来て初体験で、その状態から”刺される”を私は使うことにしました。
(皮膚内にドリルのように”刺して”る状態なので)。
ドイツ語ではマダニには”刺される”、”噛まれる”、どちらも使いますが、
日本語と同じで実際の意味通りでは使わないということでしょうか^^

コメントありがとうございます♪

★REIさん
こちらのリビングは、どうも完全に中が見えないカーテンじゃなくて、
こういうレースのものだけを使用してるところが多いみたいです。
マダニは、そうなんですよー、春が一番多いというか、つけてきます!
ノミは一度だけノミ騒動がありましたが、普段はつけてこないです。
マダニはすぐには刺さないし、皮膚についても落ちたらそれまでなので
草むらに入ったとしても注意してれば大丈夫です。
皮膚の柔らかいところを狙うし、太郎の場合は下半身は毛の密集の関係で
マダニも皮膚に到着しないのか、肩より上の上半身だけチェックすれば大丈夫です。

そうなんです、週末寒くなって高地では雪が降ってますよ!(>_<)
山はまた真っ白になっちゃいました…。
標高が1300m前後の山は4月は歩けましたが、また積もっちゃって。
倒木のこともあるし、今年はまだ普段どおりには歩けないです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/928-8bfb5f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そんな場所で? «  | BLOG TOP |  » 新元号でもいつもの散歩&飼い主の散歩

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (682)
太郎とご近所猫(犬)さん (200)
お出かけ(山歩き関連) (54)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (42)
お出かけ(チロル) (15)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (18)
失踪事件 (5)
キノコ (25)
庭と周辺の野鳥 (55)
日々のこと (108)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとうございます

かりんさんブログで太郎が初参加♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR