FC2ブログ
グロースファクター
topimage

2018-12

今回はチロルで牛下ろし祭り - 2018.10.08 Mon

「いつもいっぱい美味しい草を食べてるけどにゃ」   食べてるけど?
q1_20180930014230641.jpg


「なかなか牛みたいには大きくなれないにゃ!」  ならなくていいよー(笑)。
q2_201809300142319be.jpg


「カリカリもちゃんと食べてるけどにゃ~」  夜にたくさん食べてるよねぇ…。
q3_20180930014233dd9.jpg


「牛に負けないためにはやっぱ草だと思うにゃ…」  どっちにしても負けるよ…。
q4_201809300142357aa.jpg


「とりあえず草はいっぱい食べるにゃ」  太郎ちゃんの好きなようにしていいよ!
q5_20180930014236e9b.jpg


「負けないにゃ~!」  牛は太郎ちゃんのこと相手にしないと思うよ?
q6_20180930014237f83.jpg


…ということで、前回記事の最後にちょっと書きましたが、チロル(オーストリア)の小さな村での牛下ろし祭り(Almabtrieb)の様子です。ちょっと前にアップしたのはバイエルン(ドイツ)内での牛下ろし祭りでした。
枚数多いので畳んでアップしてます。
またまた長くなっちゃってるので、適当にスルーしてくださいね~。




お祭りが行われたのはこの小さな村です。 Landl in Tirol
a1_20180930014317f49.jpg
こことその周辺の村の牛たちがここより約650m高いところにあるアルムに放牧されてて、その牛たちが麓に帰ってくる時に村を通過して行くので、それに合わせてのお祭りでした。


ブラスバンドの演奏やダンスが披露されますが、子供たちのダンスがなかなかよかったです。
a2_20180930014320959.jpg
アコーディオン演奏の子も上手でした!


ちょっとだけ撮影してたのでその時の様子を。ご覧になる方は音量にご注意ください!51秒
[広告] VPS




そしてしばらくすると、最初の牛たちがやってきました。
a3_20180930014321752.jpg


一般道路なので、ここを走ってた車は牛がある程度先に進むまで待機です。右奥に写ってます。
a4_20180930014322340.jpg


そこそこ派手だったり、シンプルだったり、いろんな飾りがあります。
a5_20180930014325555.jpg


段差につまずきそうになって飛び上がってしまった牛さん(笑)。
a6_201809300143257c0.jpg


なかなか素敵な飾り。こういうのはどこも手作りされてるようです。
a1111.png
白い花は夏の終わり頃からたくさん咲いてるチャボアザミで本物が使われてます。


この牛たちは途中で右へ折れてその奥に位置する村の方向へと向かってました。
a7_20180930014328ca4.jpg


そしてしばらくすると第2グループの牛たちがやってきました。
a8_201809300143282dc.jpg


目に邪魔になってないか気になってしまいました(^^;
a9_20180930014331fd1.jpg


エーデルワイス柄の首輪もなかなか素敵。
a10_20180930014331ead.jpg
こういうのはお祭り用で、放牧中は小さいサイズでシンプルなカウベル、首輪になります。


このグループの牛たちは曲がらずそのまままっすぐと進んでました。
a11_20180930014332181.jpg


牛たちが放牧されてたアルムが見えてました。
a13_20180930014335e47.jpg


拡大して…。このアルムまでの道は有料道路になってて、車でも行くことができます(^^;
a12_201809300143346fa.jpg
この村より約650m高いところに位置するAckernalm(1338m)、夏の間は約320頭の乳牛が放牧されてます。


最後のグループの牛たちがやってきました。
a14_201809300143370d4.jpg


チロルの牛下ろし祭りでの飾りって派手なのが多いんですよ~(笑)。
a15_20180930014339665.jpg


こちらが最後の牛で、その後ろからついてきてる車両にも飾りが着けられてます。
a16_20180930014340c46.jpg


このグループも右へは曲がらずまっすぐ進んでました。
a17_20180930014341d75.jpg

全部で300頭以上が放牧されてるアルムからの下山ですが、二日に分けての行事でした。
昨年はこのアルムでは事故があって亡くなった牛がいて、飾りは一切着けずに下山してきたそうです。今年は猛暑で雨も少なく、アルムの牧草地に影響があって大変だったそうですが、それでもこうやって無事に放牧が終わってのお祝いになったようです。

牛さんたちはまた来年の夏を楽しみにしてることでしょうね~。






牛たちが放牧されてたアルムまで相方がマウンテンバイクで走ってて、その途中、下山してくる牛たちを見てて動画に収めてたので、私の短い分と合わせてアップしてみました。ご覧になる方は音量にご注意ください!2分

● COMMENT ●

こんばんは♪

草を沢山食べても、牛さんにはなれないよ~。(笑)
体の大きさや、草を食べる量は勝てなくても、
太郎ちゃんが1番なんだから~(*´艸`*) 

牛さん達、立派な飾りをつけてもらってますね。
本物のチャボアザミなんですね。素敵。
段差につまずきそうになって飛び上がった牛さん、
飾りが邪魔で、段差が見えてなかったとか?
すごく気になります~(*´艸`*) 

カウベル、いい音してますね♪

しっかし太郎くんの草を食べるお顔はいつ見ても幸せそうですね(*´ェ`*)
彼の立派な体格の秘訣は草とミルク…?
確かに牛を連想させますねw^^;

頭の飾り、視界にかぶらないのかなーと気になってましたが
この段差でつまづきかけたのもひょっとしてその影響?(-"-)
どちらにせよおとなしくつけててうちのサバ白にも見習ってほしいと思いましたw^^;

太郎ちゃんは牛さんより小さいけど、存在も可愛さも大きいよ!
でも草は美味しいからいっぱい食べちゃうね〜

飾りも首輪も素敵だね〜
ちょっと寄り道してる仔もいて可愛い(笑)

牛さんサイズの太郎さん、想像したら、猫バスみたいで可愛いけど、
木登りも鉢に植わるのも、出来なくなると思うよw
それに、狩りの楽しみも無くなって、草だけだと飽きちゃうんじゃないかしら?(´-∀-`;)

当たり前だけど、牛も躓くのねww
動画、頭飾りをつけてても、普通に草を食べてて面白いw
お洒落は、牛には関係ないもんねw

太郎ちゃん、大丈夫ですよぉ!
今でも子牛さんには負けてないと思うですねぇ!
いっぱい食べてもっともっと大きくなるですよぉ!

おねえちゃんたち、くるくるりん目が回っちゃうですよぉ!
男子はぴょんぴょんどちらもすごいですねぇ!

最後の牛さん!@@!お飾りてんこもりですよぉ!
ベルの音、なんか元気もらえちゃうですねぇ!
TibiTibiはなびちゃんも今度つけてみるですかねぇ!(*≧u≦)

そういえば、牛は草だけであんなに大きくなっているんですものねえ。
太郎ちゃんの草好きなら、頑張って沢山食べれば牛になれるかもね。
でも夏はお世話係さんから離されて放牧されちゃうんだよ。
甘ったれの太郎ちゃんじゃ無理じゃない。(笑)

小さい村なのにアルムのHPはあるんですね。
けっこう観光客があるのでしょうか?
子供の踊り、マイヤーホーフェンやシェッファウで観光客用のをみました。
見ていると簡単そうだけど、こっそり家で真似すると手と足がどうなっているか判りません。 大人なのは迫力あるし、子供のは可愛いですよね。
それにしてもどこの村にもブラスバンドがあるのかしら?
ザルツブルクの通学小学生は縦笛を武器に振り回す悪ガキばかりだったけどなあ。
飾りは派手ですね。 カウベルも煩い程の音でイメージと違いました。
放牧されているのは寝ているか草食べているかで、余り音がしなかったような。
こういうのを一度は見てみたいです。


牛大に育った太郎ちゃんも見てみたい気がするけど、
alpenさんのお世話が大変そうだからやめてあげてね(笑)
牛ほどに大きかったら乗れるね~~~w

子供の踊りはステージが小さくてかわいそう!!!
囲いもないもうちょっと広いところで踊らせてあげたいね

牛の飾りは重くないのかな???
お祭り用のカウベルのベルトがステキ♪

飾り付けしてもらって盛大なお祭りで、牛がとっても大切な存在なんだとわかります。
日本ならば稲刈りが終わって秋の収穫祭ってとこでしょうか。

私の故郷でも、同じように秋になると高原で放牧されていた牛たちがトラックに乗せられて里へ下りて来ます。
冬は狭い牛舎で過ごす事になります。
移動はとても大変だと思いますが、牛の健康のためには夏の放牧は必要な事なんだろうと思います。

熊よけの鈴、買ったんですが大きくて重くて、お値段は1000円もしたんですよ。
後でよく考えたら、騙された!これはカウベルじゃないかって(苦笑)
重くてイヤなので使っていません。音は遠くまで響いて良いのですがねぇ。
これを首から下げて歩いたら牛になってしまいますね(爆)

コメントありがとうございます♪

★pilさん
ある日目が覚めたら、太郎が牛になってた…とか想像してしまいます(笑)。
牛にならなくていいけど、一緒に放牧したら楽しいかなあ、とか(´∀`;)

チャボアザミは、アルム小屋の飾りにも使われてたりしますよ^^
Almabtrieb頃にたくさん咲くので、それで牛の飾りによく使われるみたいです。
飛び上がった牛、私も、よく見えてなかったんだと現地で思いました(^^;
この行事の時のカウベルは放牧中のより大きいのでより響きますね~^^


★キノボリネコさん
今日もまた草を幸せそうにバリバリ食べてました~(*^^*)
丑年生まれの太郎なので、牛には縁があるんですよーw

飾りのせいでよく見えてなくてつまづいたのかなあと、私も、
現地で見ててそう思っちゃいました。
でも毎年これでやってて、まだ派手な地方もあるので、大丈夫なんでしょうねぇ。
おとなしく着けさせてくれる、確かにそれはそうですっ!
牛はおりこうさんだ~(;´▽`

コメントありがとうございます♪

★moguさん
牛がたくさんいる場所に太郎を放り込んでみたくなった(笑)!
今日もお昼までぐっすり寝てて起きた後、おめざで草をバリバリ食べてた~。

寄り道はまさに”道草を食う”になってるよねー(笑)。


★ほんなあほな。さん
牛サイズの太郎だとガブケリされた時が怖いですね(;´▽`
あ、でも、狩りがなくなる、それは助かるかも~~(笑)。
最近週末ごとに狩り成功の、絶好調の太郎です(;_;)

つまづいてジャンプした時は周りから「おおっ!」と声が上がりました(^^;
草を食べてるシーンは、一頭だけ遅れてて全然来ないので、それで
草を食べながらその一頭を待つことにしたらしいですよ~(笑)。

コメントありがとうございます♪

★Gaviちゃん、はなびちゃん
子牛に負けてないかしらねぇ(笑)。
それは安心していいのかしら(;´▽`
はなびちゃん、今度カウベルみたいなの着けてみたかったら、
太郎と一緒にこういう行事に猫グループで参加しちゃおう(笑)!

ダンスはね、男子が椅子を担ぐシーンとかあって楽しかったよ!
女の子は回りっぱなしで大変よね~(笑)。


★REIさん
太郎も草を食べ続ければなんだか大きくなりそうなイメージです(笑)。
もし農家に生まれてたら、牛舎を自由に歩き回って、ネズミ退治を
がんばる猫として大切にされてたかもですね~(笑)。

チロルではこうやって車で高地のアルムまで行けちゃうところがあるようです。
こういうところはここを含め小さなお子さん連れのご家族に大人気ですよ~。
チロルのアルム小屋って乳幼児用の遊び場が設置されてるところも多く、
そういうのがドイツとちょっと違うかな~と感じます。
子供のダンスグループは、この村が属するThierseeという行政地区からの
ダンスグループみたいです(レダーホーゼの刺繍からググって分かりました)。
ブラスバンドは、他のいろんな地区から来ていて、この日はスイスや北ドイツ、
その他いくつかの地区からもやってきてました。
”来てもらうのにお金がかかるのでは?”と聞いたら、相方曰く、こういうのは
趣味でやってる人たちの集まりが多いからプロが行くのとはまた違うそうです。
カウベルは放牧中は小さいサイズでこの行事の時は大きいサイズでデザインが
派手なのに付け替えられてますね(全頭ではないけど)。

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
子牛の集団の中でだったら太郎がいても違和感ないのかなあとか思ったり(;´▽`
お世話も大変そうだけど、あれこれ想像してたら楽しくなりましたw

そう、ステージ小さいのが、見る側にもけっこうネックでした!
人々の隙間からカメラ持った手を出しての撮影でした(-∀-;)

飾り、重そうですよね、特に大きいサイズのカウベルは首が痛くならないのか、
見るたびにそんなのばかり気になってしまいます(笑)。


★ロッドさん
酪農が盛んでやはり牛は大事な存在だから、日本以上に大切にされてるなあと、
そういうのは素人の私が見ても感じますね~。
秋の収穫祭みたいなのもありますよ。
キリストやその他の御神輿みたいなのを担いで村の中を歩く行事が9月終わりに
あちこちで行われてて見に行ったことあります。

こちらもトラックで牛を運ぶところ、けっこうありますよ~。
こうやって歩いて麓まで戻るのは一部では完全に観光行事になってしまってます(^^;

カウベルはこちらではお土産屋さんでよく見ます。
日本に帰った時にスポーツ用品店に熊避けの鈴があったのは印象的でした。
こちらでは熊がいないから山歩きで鈴も必要なく、違いを感じますね~。

太郎ちゃん、上手に草を食べますね~
今年は、ねこ草を育てず、買わず、
タスは草なしの毎日です。
食べたら、かなりの確率で吐くので・・・
牛おろしの季節、冬が近づいてきているんですね。

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
うちも同じですよ!
草食べると、かなりの確率で吐きます(>_<)
ただ、うちは幸いなことに外でそのまま吐くので、その点楽です(;´▽`
それでも冬は猫草バンブー買ってあげようと思ってます。
山は既に雪が降ったりしてますが、今年はポカポカ陽気が続いてて、
その後雪も全部融けちゃったみたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/806-10f7f46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その場所は困ります «  | BLOG TOP |  » 気持ちいいゴロンと遅い紅葉

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (464)
太郎とご近所猫(犬)さん (118)
お出かけ(山以外) (65)
お出かけ(山関連) (42)
獣医さんでのこと (3)
失踪事件 (5)
キノコ (19)
庭の野鳥 (17)
クリスマス市 (18)
日々のこと (75)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (10)
その他 (10)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR