グロースファクター
topimage

2018-02

周囲の励ましに感謝 - 2018.02.08 Thu

また今回もちょっと長いですので、適当に読み流してくださいm(__)m


今朝、久々にうちのテラスでべスター君を見たので撮影しようとしたらこっちに近づいてきました。
w1_2018020804565425b.jpg
窓越しの撮影です。


べスター君、最近あまり外をうろちょろしてないような気がします。うちを通る時も停まらずに素通り。毛艶もよくてご飯もちゃんともらってる体型してるから、飼い主さんとの関係が良好なのかなと感じます。
w2_201802080456565c1.jpg
実際、べスター君がうちによくやってきてた時は飼い主さん宅に彼女さんがしょっちゅういらしてたのですが、今ではその彼女さんも全く見かけずで・・・。余計なお世話かもですが、その方がべスター君にはいい環境の様です(^^;


太郎が帰って来なかった最初の日の夜、チラシをあちこちに貼る時に、近所で猫を飼ってるお宅の3軒の方と、太郎が中に入ってしまったことのあるお宅の方には相方が直接訪問してあれこれと話を聞いてみました。
そのうちの一軒はべスター君ち。私は横にはいなくて階下にいたんですが、少しだけ話が聞こえてきました。
べスター君の飼い主さん、けっこう親身になって「〇〇と△△も探した方がいい」などと言ってくれたのですが、べスター君も過去に二日間帰ってこなかったことがあるそうで、その間探された経験があるそうです。結局べスター君も自分で帰ってきたとのことでしたが・・・。


そんなこともあったので、テラスに出てべスター君に、「太郎ちゃん、帰ってきたのよ。あんたのおとうちゃんにも力になってもらったよ。ありがとうね」と直接言いました(笑)。



すると太郎がべスター君に気づいて窓のところまでやってきました。
「あいつ、久しぶりに見るにゃ」
w3_20180208045700d17.jpg


太郎が現れたからべスター君は道の方へ避難。
w4_201802080456592d4.jpg


ここでいつもならべスター君を縄張り外へと追いやる太郎。でもこの時は何もしなかったんです!
「あいつのとうちゃんにも世話になったなら、今回は、ま、いいかにゃあ」
w5_20180208045701432.jpg
・・・と思ってたかどうかは分かりませんが、私にはそんな感じに見えました(;^ω^)



太郎が帰ってこなかった初日の水曜日は日中は私一人でうちの駐車場メインに探して、夜は相方と一緒にチラシ貼りとうち近辺での捜査をやりました。
二日目木曜日も日中は私が一人で近辺を捜査。夜はまた相方と一緒に前日と同じ場所を何度も捜査。他所の棟の地下駐車場は鍵がないので入れなくて、一か所は住人の方に開けてもらって入って、その他3か所、ここは太郎が行く可能性はほぼゼロに等しいと思った箇所の地下駐車場も一応念のためにチェック。そこへは車の出入りを待って中へと入りました。出るのは鍵が無くても可能です。
うちの棟の駐車場以外は一回ずつしかチェックできなかったのが今となっては失敗だったのかも。
もしまたこんなことになるようなら、鍵を持ってない棟の駐車場も何度もチェックしなくてはと思いました。

うちの隣の棟の、道を挟んでのお隣さんで、太郎も怖がらないフランス人の奥さんが張り紙を見てびっくりしてうちまでやってきてくれました。
そして私をぎゅっと抱きしめてくれて「神様に祈っておく」と仰ってくださって、それで私もまた泣いてしまいました。

その後Facebookに太郎がいなくなったことを書いて(これのみ全公開で)、TASSOに連絡した後はインスタでも同じものをアップしました。見つかる可能性が少しでも上がるのならそれにこしたことはないと思ったからです。
そして多くの皆さんから励ましの言葉を頂いて、それが本当にありがたくて力になりました。


そして三日目金曜日は、近辺で見つからないから、夜が明けるのを待って隣の森の中の捜索をしました。
その時は、「絶対に太郎ちゃんをキャリーバッグに入れて帰るんだ!」と思いながら歩いてましたが、呼べど叫べど何の反応も無く、歩きながらずっと涙が出てきてしまう始末。
いったん自宅に戻ったりしながらまた森の中へ入り、地理的条件からその場所はあり得ないとは思ったけどちょっと離れた地区まで歩いて行ってその周辺でも探したり。

そんなことを夕方まで繰り返しました。

歩いてる最中に、”太郎がどこかで迷子になってるのか、それともどこかに閉じ込められてるのかだけでも分かる人がいれば・・・”と思い、それでアニマルコミュニケーションのことが頭の隅に浮かびました。
そしてその時に相方から電話があったので、そのことを話してみたら相方もそれに賛成してくれて、それでアニマルコミュニケーターの方を探すこととなりました。


次回はアニマルコミュニケーションのことについて書きたいと思います。

● COMMENT ●

太郎くん&お世話係さん、疲労はもう回復されましたか?

ベスター君の待遇が良くなったかもとの事、嬉しいですね(*´ェ`*)
確かに飼い主さんには申し訳ないですが
彼女の影がなくなったのを喜んでしまいますw^^;
元々は性質が良かった彼、これを機に太郎くんとの関係改善が
なされればどんなにかと思います(-人-)

実際の捜索状況を伺い想像以上のご苦労と不安に心が痛みました。
人間相手なら呼びかければ出てくるなり返事をするなり期待できるところを
動物相手だとそう言い切れず同じ場所を何度も…これがつらいですよね(-"-)
そんな時いろいろな方から勇気づけていただきさぞ心強かった事でしょう。

アニマルコミュニケーター(゚д゚)!
日本ではちょっと考えつかない方法です。
続きが気になります。

太郎さん、本当にベスター君のお父さんにも恩義を感じているような^^
ベスター君も、荒んだ感じが減って、
更生した元不良少年っぽくなったから、テラスに来ても「うm」って許したのかしらね^^
ふふ、ベスター君の飼い主、女にうつつを抜かさないで、共にベスター君を可愛がってくれるような伴侶を見つけてくださいよ~w

アルペンさん、太郎さんの捜索を通じて、
沢山の人に支えられてる事が解ったのが、
今回、太郎さんの無事帰宅と共に、良かった事ですね^^
アニマルコミュニケーター、とても興味が有り〼!

ベスター君、大福餅(笑)のようでかわいい(^◇^)
飼い主さんともよくお話できて良かったですね。
皆さん同じような経験をしているので、共感してくれると思います。
こういう機会にご近所の皆さんとの絆が深まって、今後のためにも良かったかもしれませんね。
「猫がとりもつ縁」でしょうか。

私も場合も、過去に「猫さがし」ずいぶん苦労した経験があります。
でも意外と心配したほどのことはなく、本ニャンは何事もなかったように帰って来るものです。
しかし飼い主さんにとっては、寿命が縮むくらいのストレスですね。

ベスター君、福々しい(笑)
太郎ちゃんが数日いなかったことに気づいてるのかな?
なんだか太郎ちゃんを労ってるような感じがするね。
言葉がなくても、そんなおしゃべりをしてそう〜

ご近所さんが協力/気遣ってくれるのもすごく嬉しいね。
猫飼いさんはもちろん、普段見かける仔だから他人事では
ないものね。

心なしかベスター君がいいお顔に見える(笑)
おとーちゃんに助けてもらった恩義で追いかけなかった太郎ちゃんも偉いな~
読んでてこっちまで泣けてきちゃったよ~
地下駐車場って簡単には入れないのね←当たり前だけど

アニマルコミュニケーター、初めて聞いたかも
ググってみたら、日本で活動されてる方もいるんですね
とても興味が出ました!

1日だとしても、帰りが遅いだけだとしても
けっこう心配ですし、それが数日となったらほんとに...
大変でしたよね...
私はどちらかと言うと、アニマルコミュニケーションとかは
それほど考えない方ではあるものの、それこそいなくなったとしたら
霊能力者とか、お寺とか神社とか、あちこちにお願いしてしまうのかもしれないです。なんでもいいから、とにかく信じていても信じて無くてもいいから、出てきて...と。
太郎ちゃんの場合は、お外にひとりで行ってもちゃんと
戻れるスキルがある子だから、どこかに閉じ込められていた場合、
そこの扉が開いたら自分で戻れるという可能性もとても高いから、
そのところはよいですよね。
太郎ちゃん、アルペンさんのことをずっと考えてて、
帰れるチャンスができたときいつでもすかさず対応ができるように
身構えて待っていたんだと思います。
えらいね...太郎ちゃん、戻れて良かったです。

うんうん 涙流しながら探してる アルペンさんが浮かんで
涙が こっちもでちゃう・・・・
帰ってこれて 良かった・・・。
フランス人のおねーさん 優しいね・・・・うんうん 本当に
良かった!

ベスターくん ふくふくとしてる!
良い感じ~^^

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
太郎が帰ってきた翌日にたぶん疲れからできてしまったヘルペスの痕がちょっと痛いけど、それ以外は私たちはなんとか大丈夫です!ありがとうございます^^

べスター君、以前よりは穏やかな表情してるとも感じます^^
飼い主さんの(元?)彼女さんのこと、べスター君、あんまり好きそうじゃなかったです(^^;
見たんです、一度・・・。彼女さんがべスター君に何か言ってたけど、べスター君、いや~な顔して近づこうともしませんでしたw
彼女さんが元々いた人ならいいけど途中からいきなりだったんで、愛情取られた感じだったのかもですねぇ。

そう、呼んでも返事をしない、これがあるから捜査が難しかったです(-_-;)
おまけに隠れるのも上手だから・・・、もっと細かいところまで見なきゃいけないと学びました。

アニマルコミュニケーターさんは、こっちの人も一般的にはどうなんだろうとは思いますが、今回はもう藁にもすがる思いでおまじないとかなんでもやったので・・・(^^;
信じる、信じないは別にして、次回も読んでくだされば幸いですm(__)m


★ほんなあほな。さん
べスター君、以前に比べるとちょっと穏やかな表情になってますよね^^
太郎に対してシャーシャーすることもなかったので、なんだか以前と違うなと感じました。
べスター君の飼い主さんも温厚な感じでいい方ではあるんですが、やはり彼女がいると男性はそっち優先になる人も多いのかな(汗)。
ご近所として気になるので、べスター君の様子も見守り続けたいと思います!(^^;

最初は、太郎がいなくなったことをあちこちであげるのは・・・とも思ったのですが、そうやってよかったです!^^
探せない時間は皆さんの言葉をずっと読んだりしてました。
アニマルコミュニケーションは、信じる信じないは別にして、こういうのもあるんだ~くらいに読んでいただけたら幸いです(^^;

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
べスター君、ふっくらとかわいらしいお顔してますよね^^
今回、猫を飼ってる3軒のお宅全員から、「うちの猫も二日いなくなった」との答えがありました。
そのうちの一軒の方とは普段話すことは全くないのですが、その後太郎と私が庭にいるのを見て、ちょっとだけ声をかけていただきました^^

猫は隠れるにも上手だし、返事もしないので探すのは本当に大変だと実感しました。
私も過去に実家の猫が帰ってこなくて・・・の経験はありますが、太郎の場合は性格や行動からして帰れないことに怯えてることは分かってたので、見つけてあげられないことにこっちもストレスたまりまくりでした(-_-;)


★moguさん
べスター君、なんだかふっくらといいお顔してるよね^^
そっか、太郎がいなくなったことを飼い主さんから聞いて、それでやってきてくれたのかも!
写真には撮れなかったけど、私見てゴロンゴロンとも転がってたよ(笑)。

猫を飼ってるお宅なら、近所を歩いてる猫には他の人よりも目が行くだろうなあと思って、まずは先にそういうお宅のベルを鳴らしてみました~。
太郎が戻って来てるのを見て喜んでくださったお宅もあって嬉しかった^^


★ししゅうねこさん
べスター君、以前よりちょっと穏やかな顔してる様に私も感じました^^
飼い主さんには親身になっていただいたのにこれで太郎がべスター君を追い払ったら失礼かも・・・と思ったらそれはなくてホッとしました(^^;
地下駐車場、当たり前だけど自宅の鍵は他所の棟の駐車場入り口には使えませんでした(>_<)

アニマルコミュニケーション、なんとなくそういうのがあるなあと昔ネットでググって簡単に読んだことがある程度だったけど、今回は藁にもすがる思いで・・・。
あれこれと、帰ってくるおまじないもやりました(^^;

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
正直、生きてるかどうかも分からなかったので、それもまたかなりのストレスで・・・。
道路もすぐに見に行って、怪我してる猫がいないかどうかも確認したけど、どこかに運ばれてたら・・・とか、悪い想像ばかりしてしまいました(>_<)
アニマルコミュニケーションは突然浮かんだアイデアでした。
信じないわけではないけど、やってみたいと思ったことも過去にはなく。
でも今回は藁にもすがる思いでおまじないとかあれこれなんでもやって、アニマルコミュニケーションもそのうちの一つでした。
そうなんです、外のことはよく分かってる太郎なので、正直、森へ進んで迷う可能性も少ないかも・・・だったので、それで閉じ込められてると確信してました。
とにかく無事に戻ってきてくれてよかったです!


★花あじさいさん
三日間でいったいどれだけ泣いただろうって感じで・・・(^^;
目の下が真っ赤でヒリヒリして痛かったのよ~(笑)。
太郎探す時は帽子を深く被って顔があまり見えないようにしたりして怪しい人だった(笑)。
お隣のフランス人の奥さん、いい人なのよ(涙)。
太郎が戻ってきた時もうちにきてくれた!
べスター君、なんかいい感じになってるよね~^^

太郎ちゃん、分かってるみたいですよぉ!
ベスターくんのお家の人もやさしいですねえ!
(¬д¬。)チラッ にゃんこが苦手な彼女はないないがいいと思うですねぇ・・・

そんなに大変なことになってたって気がつかなくて・・・
facebook最近さぼって行ってなくてごめんなさいです・・・
すごく心細かったと思うですよ・・・(,_,*)
alpenkatzeおねえちゃんもおにいちゃんもがんばって本当にえらかったです!
太郎ちゃんもがぶがぶはしばにくやめて、ちゃんとちゃんと感謝するですよ!

駐車場・・・
違うところのも入れるといいのですが・・・
そうすると防犯とかの問題も出てきちゃうですかね・・・
難しいですね・・・

コメントありがとうございます♪

★Gaviちゃん、はなびちゃん
べスター君の飼い主さん、とっても温和な話し方をされる人だったよ!
(元?)彼女さんのこと、べスター君が嫌がってるの見ちゃったからなあ・・・(^^;
彼女さんもなんだかうわべだけでべスター君に甘い声出してる感じだったし(笑)。

いえいえ、Facebookは私もたまにしか覗かないから(;´▽`
太郎失踪中は本当にいろいろあったけど、結果的に太郎は無事に戻ってきたし、皆さんからも暖かい気持ちをいただいて本当に嬉しかった。
ガブケリをね、戻ってきた翌日にやられて、腕や手に赤い線が・・・(涙)。

駐車場に閉じ込められちゃうにゃんこが多いみたいだからこれからも要注意よ。
そう、防犯上の問題もあるから、他所の棟の人間は入れないのがちょっと・・・です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/663-2649e86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニマルコミュニケーターさんとコンタクト «  | BLOG TOP |  » ペット登録機関”TASSO”にお世話になりました

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (385)
太郎とご近所猫(犬)さん (89)
お出かけ(山以外) (50)
お出かけ(山関連) (34)
獣医さんでのこと (3)
失踪事件 (5)
キノコ (11)
クリスマス市 (15)
日々のこと (62)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (9)
その他 (9)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QR