FC2ブログ
topimage

2019-11

要注意犬(家族) - 2017.08.31 Thu

今回は愚痴中心の内容です。そういうのが苦手な方はここから先は読まないでくださいね~(*- -)(*_ _)ペコリ


先週の半ばから相方が病欠してるんですが、病欠と言っても医者から”〇〇日まで”と用紙に書かれてるのでそれで休んでるくらいで既にぴんぴんしてるので、これ幸いとばかりに、昨日(火曜日)、時間のかかる山歩きをしてきました。病欠扱いでの在宅は、散歩や食料品の買い出しなどの必要なこと以外では外出はできず、太郎のお世話も安心して頼めるからです(散歩も健康のためにOKだそうです)。 普段は太郎のことも気になるので、時間を気にしながら山歩きしてます。


歩いてる最中にSMSが入りました。”太郎ちゃんが斜め前の家族の犬に2回追われて、犬がうちの中にまで入ろうとしたので(近所中に聞こえるように)大声で文句言った。マンションの管理会社にも(リードに繋がれてない危ない犬がいると)文句のメールを送った”、と。
そして、”太郎ちゃんは怖がってずっと部屋の中で寝てる”とも。

お天気がいい日の太郎は最近は庭や近くの茂みの中でばかり寝てるので、この天気で室内でずっと寝てること自体からも、相当怖がってるんだなあとすぐに分かりました。


今日(水曜日)も日中は30度ある暑さですが、ずっと室内で寝てました。
1_201708302243156de.jpg


時々大きな音や遠くから聞こえる犬の鳴き声には敏感になってて何度も目を覚ましてますが・・・。
2_20170830224317d18.jpg


普通の顔してるとこちらも安心^^
3_20170830224318ceb.jpg


でも!その原因となった犬が吠える音がした途端、太郎、怖がって「ウーーッ」と唸ってすぐに起きて窓の前へ!(>_<)
4_201708302246204f6.jpg


「ど、どこにいるにゃ!」  尻尾がボワボワ・・・。
5_20170830224621557.jpg


犬はそのお宅にいて自由に歩いてるわけではないのと、相方もテラスにいたのでこの後ちょっとだけテラスに出た太郎ですが、またすぐに室内に戻ってお昼寝の続きを始めました。

なんとか落ち着いた太郎です。
6_20170830224323529.jpg


この犬の飼い主さん家族、元々はうちの斜め前に住んでたのが今は別の場所に犬と共に引っ越されて、そのご家族関係の方が空いたこの場所に今は一人で住まれてます。
そして今は夏休み、引っ越されたご家族のうちの娘さんと犬が数日前から滞在されてるようなんです。

このご家族が以前ここに住まれてた時、今はもう亡くなったようですが、大型犬を飼われてました。そしてその大型犬もリード無しでいつもうろちょろしてたので、太郎がうちの子になってからは私たちも警戒してましたが、特にうちまで追いかけられることはなかったです。老犬だったからか?
そしてその後に今の犬(見た目、また同じ犬種)を飼い始められたのですが、この犬もリード無しのことが多く・・・。


猫を自由に外に出してるからそうなるんだと言われればそれまでですが、相方も、その犬が最初太郎を追いかけてうちのテラスまでやってきた時は文句は言わなかったそうです。窓は太郎のために開いてたので太郎はすぐに室内に入って来れました。
でもまたすぐに同じことが起きて、しかも犬はうちの中まで入ろうとして、それで相方はぶちギレてすぐに文句を言いに行った・・・となったそうです。

こんな、人のうちのテラスにまで吠えながらやってきて、しかも他所のうちの中にまで入ろうとする犬がリード無しで自由に歩いてること自体が私には理解不能です。
その犬が引っ越しをして今はここには住んでないことはよかったですが、こうやって夏休みに限らず週末とかもやってくるでしょうから、本当に要注意です。

● COMMENT ●

病欠されてる相方さんが心配だけど、もうだいぶ大丈夫なのかな?
家で安静にだけど、太郎ちゃんも安心だね。

太郎ちゃん、かわいそうに....
猫の放し飼いと犬の放し飼いはだいぶ違うよ....
猫を見ても追いかけないような大人しい犬でも、気になるのに
吠えて追いかける仔を放置だなんて。
飼い主さんが一緒に外にいたり側にいるわけでもないんだよね?
(一緒にいるのに好きなようにさせてても大問題だけど。)
太郎ちゃんも怖かったろうね。
怪我はしてないかな?
警告がいって、きちんとしてくれると良いね。

うちのトラキチも犬に追いかけられて間一髪で木に登り、難を逃れた事がありました。
街に住んでいた頃です。
犬は放し飼いではなく、たまたま逃げたのだと思います。
証拠写真を撮っておきましたが、飼い主はわかりませんでした。近所の人とも話して「迷惑だねぇ」と。
幸いこれ一回きりでした。
日本では犬の放し飼いは法律で禁止されていて、厳しく取り締まられているので、今はほとんどないですね。
ドイツではあまり厳しくないようですね。
ならば、自衛しか手段はないですねぇ(~_~;)困った事ですが。

昔の嫌な事を思い出してしまいました。
最初に飼ったニャゴ丸は放し飼いでした。そんなに昔の話ではなく90年代です。
夕方居間でくつろいでいたら、外から女性の悲鳴!
「やめて!やめて!」
何事かと思って外に飛び出したら、大型犬を散歩させていた若い女性でした。犬が何かをくわえています。
近所の人たちも集まって来ていて、
「ハスキー犬だからね・・・」と話していました。
何があったのは私には理解できませんでした。女性は犬とともに立ち去ってしまいました。

そしたら、なんと!
うちのニャゴちゃんが屋根の上に登っていて、血がタラタラと!!
腹に犬の牙のキズがありました。
その怪我は1週間ほどで治りましたが、数カ月後に妊娠出産し、あのときの後遺症だったのか、ひどい難産で3日3晩苦しんで死んでしまいました。母子ともに・・・
たった5年の命でした。
ちゃんとリードをつけた散歩でも、こんな事があるんです。

猫と比べ体の大きな犬を放し飼いにするその無責任さ。
事故が起きてからじゃ遅いですよね。
いや、体に傷を負わなくても心には傷を負ってるわけで。
こういう人って言っても分からない人が多いのも困ったもんで、
逆に頑になられることもあったり。困ったもんです。
また常に住んでる住人じゃないってのもね。
そうであれば管理会社や自治体(ドイツの事情はわからないけど)から注意してもらうことも出来るけど・・・
とにかく太郎ちゃんが酷い目/怖い目にあわないことを願うばかりです。

太郎ちゃんが無事に家に逃げ込めて本当に良かった!
日本にいた時に犬の散歩で何回か襲われたけど、ものすごく怖いし危険。
(急いで自分ちの子を抱いたら私がお尻噛まれたww幸い上着が厚かったのですり傷程度で済んだけど)
事故が起きてからだと大変なので警告は必要だよね〜。
ただ・・・これがなかなか素直に聞き入れなかったりして・・・
どうか、太郎ちゃんが安心してお散歩を楽しめますように!

えー?ちょっと神経を疑いますねー(-"-)
百歩譲ってめちゃおとなしい犬ならまだしも
人んちにまで追いかけてくるような性質の犬を放し飼いとは。

絶対他のところでもやらかしてると思いますがそれでも改めないって…
そちらの一般的な飼い方がどうかわかりませんが
日本だったら保健所案件ですよ(-"-#
相方さんのブチギレも当然でしょう。

犬が苦手な太郎くんは災難でしたね(-"-)
猫を自由に~、とおっしゃってますがそちらではそれが多数派ですよね?
しかも猛犬とかじゃなく人に害をなす猫でもないし。

自分だったらもうちょっと然るべき措置をとるくらいですよ(-"-)
ただし逆恨みされて自分の猫に危害を加えられないよう匿名で、ですが(-"-#

ドイツでは大型犬を放し飼いにして良いのでしょうか?
そういえばザルツブルクでもリードから離してお散歩している大型犬がいたけど、しっかり躾られてはいる様だったけど、やはり危険でしょうねえ。
まして飼い主さんの目の届かない所でうろついている訳でしょう。
それって法的にダメなんじゃないかなあ。
住んでいる訳ではないとはいえ、度々犬を連れて来るなら、管理会社からしっかり注意してもらう必要がありますね。
こういったらアルペンさん達は不快だとは思いますが、太郎ちゃんなら上手に逃げられるだろうけど、小さいお子さんだったらどうなるか。
逃げる動物を追いかける衝動が抑えられない犬なら、小さい子が走り出したら追いかけると思いますよ。
その点からも、もし管理会社が何もしていないなら、再度注意するように要求しても良いと思います。
太郎ちゃん、余程怖かったのね、家の中に居ても尻尾がボワッだもの。

太朗ちゃんに何もなくてよかった!
追っかけられて怖い思いをしたのはかわいそうだけど
ヨーロッパの犬ってリードなしってイメージだけど、どこかで何かを追っかけるって見たことも聞いたこともなかったなー・・・
だいたい、野良にしても猫追っかけちゃダメですよねー
しかもヒトの家に入ろうだなんて!!!
きちんと警告して守られなかったらしかるべき処置っていうのも有りだと思います
こんな犬が週末ごとにやってくるなんて考えたらぞっとします!

怖かったでしょうね...
きちんと本当に訓練されているとしたら、
命令をされたりしない限り、猫や、他の動物を
追いかけたりはしないと思うので、
しつけがきちんと行き届いてないようにも思いますね。
そもそも家の中に入ろうとするというのは。
犬に関しては猫とは違って、そもそも放し飼いはだめなんだろうけど、
放し飼いをするとしても、完璧な躾ができてないのを
放すというのはねえ...
しかも大型犬とは。(小型犬でも駄目だと思うけど。
けっこう噛まれると小さくても痛いし)

私は犬も猫も一緒に暮らしたことがあるし、好きではありますが、
苦手な人だっていると思うし、猫の場合はなにかアクションをしないと
なかなかいきなり襲いかかって、ということをしない
生き物でしょうが、犬の場合は...追いかけて、相手が逃げると
襲うような能動的なことをするところがありますよね。
あと、群れで生きる生き物の本能があるからこそ、
しつけもできるわけで、(飼い主をリーダーと認めていたら)
小動物をむやみに追いかけるというのは、止めようがあるのじゃ
ないのかと...。

太郎ちゃんを追いかけたのは本当にかわいそう...
しっぽぼわぼわですもんね...

コメントありがとうございます♪

★moguさん
相方は、ずる休みにも見えるくらい元気で・・・(汗)。
だから私も太郎を任せて出かけたらこんなことが起こってしまってショックだった~。

この時は、滞在してる大学生の娘さんと犬が一緒に庭にいて、でも庭の境界線がうちの区域は動物にはあってないような感じになってるから、それでその犬が太郎を見て追っかけてきたみたい。
自分の犬の性格を分かってるのなら、こういう時はリードに繋いでおくべきよねぇ・・・。
今日は太郎と一緒にテラスに出たけど、ちょっと離れた場所を歩いてた犬を見てとても緊張して室内に慌てて戻って行ったから、まだまだかなり恐怖心が残ってるみたい。
怪我はない、大丈夫!ありがとう^^
でもネズミ探してどこかの茂みに潜ったのか、今日は鼻の頭に傷つけてる(;´▽`


★ロッドさん
トラちゃんはその時はちゃんと木から下りてこれたんですよね?
うちも昨年だったか、前の棟に住んでる猫が近所の別の犬に追いかけられて木に登って逃げたんですが、ちゃんと下りてるかと思いきや、数時間そのままだったんです(>_<)
猫は老描で下りられなくて木の上でぐったりしてて、見つけた時はもう亡くなってるかと思ったほどでした(汗)。
それでご近所さんと協力してなんとか下ろしたら、地面に下りた途端に力が出たようで走って自宅方面に逃げて行ったので安心しましたが・・・。

ニャゴ丸ちゃんも大変でしたね・・・。
リード着けた犬をコントロールできない人は犬を飼ってほしくないです・・・。
そうでないと怖くてたまりません。
猫に限らず、小さな子供がやられることだって考えられるし。
そういう犬は、こちらだと口をカバーするのを装着してたりしますが、そういう対策をしなかった飼い主さんは責任重大だと思います。

こちらは野良犬はいないにしろ、犬を飼ってる人がとても多いのと、日本よりも普通にあちこちに入れる状態になってるので、緊張することが時々あります。

コメントありがとうございます♪

★ANKOさん
この犬の飼い主家族は他でもいろいろと問題がある家族なんです・・・。
そういうのが犬の飼い方にも表れてると感じます。
うちの近辺には他にも自由に外を歩いてる猫を飼ってるお宅が多いので、太郎だけでなく他の猫にもこういうことは起きてしまう可能性ありで、本当に要注意です。
引っ越しして喜んでたんです、でもこうやって時々やってくる(>_<)
管理会社は何もしてくれないかもだけど、とりあえず時々行われる住人相手の集会できちんと言ってくれるか、もしくは掲示板に張り紙だけでもしてくれるといいなあと思ってます。


★komomo姉さん
相方がちゃんといて、犬が吠える音にすぐに反応して窓を開けたら太郎がすぐに逃げ込んできて、後ろから犬が追っかけてきてうちまで入ろうとしたらしいです(-_-;)
犬の散歩しててもそんなことが起きちゃうんですね(汗)!
人間にまで噛みつくだなんて、恐ろしいです(>_<)
そういう子は、こっちでたまに見かける、あの口に被せるやつをしなくちゃいけませんよねぇ。
そうなんですー、飼い主さん家族が素直に聞くような人たちじゃないから・・・(-_-;)
あえて書かなかったけど、他でもあれこれと問題のあるご家族さんなんです(汗)。
引っ越しして喜んでたらこれで・・・、がっかりです(涙)。


★キノボリネコさん
ありえないです、こんな犬をリード無しで自由にしておくなんて(>_<)
でもお犬様天国のドイツでは、こんなふうに飼ってる人、多いのかもしれません・・・。
過去にも、別の近所の小型犬に対して、”リードを装着しろ!自由に歩かせるな!”と文句言ってる人を見かけたことあります。
(その犬、しばらくはリード着けてましたが、今また自由に歩いてます、汗)。
小型犬ならまだしも、大型犬を自由に歩かせるこの家族、他でもあれこれと問題があるので、やっぱり犬の飼い方にもそれが現れてるんだと思います。
こちらでは猫を自由に外に出すのが当たり前っぽい雰囲気で、うちの近所にもたくさんそういうお宅はあるので、本当に危ないです。
相方、ぶちギレて、文句を言いに”行った”のかと思ったら、うちのテラスから大声で斜め前のお宅にいる娘さんに向かって文句を”叫んだ”そうです(汗)。
で、その娘さんが返事をちゃんとしてきたそうだから相手にはちゃんと伝わってて、お昼時だったのでご近所さんもぜーんぶこれを聞いてたことになります(-_-;)
でもその方がいいですね、そういう犬がここにいると他の方にも分かるから・・・。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
放し飼い、ダメですー(汗)。
でもお犬様天国のドイツなせいか、けっこういるんですよ、放し飼いにしてる人・・・。
散歩中もフリーで歩いてて、何かが見えたら慌ててリード着けるとか、そういう人、けっこう見ます。
今回のこの犬の前に飼われてた子なんて、わざわざ他所のうちの庭の近くに行ってまで糞をしてたんで、された方のお宅の人に文句言われてたのも見たことあります。
他にもいろいろとこのご家族に関しては問題があったので、今年引っ越しをしたと知ってすごく喜んでたんです。
でもそこに住んでるのがその大学生の娘さんのおばあちゃんに当たる人だから、それでこうやってやってきてて今回のこれが起きました(-_-;)
住人相手の集まりも1年に数回行われてるからそこでテーマにしてもらうか、あと、掲示板に張り紙もしてもらいたいなあと思ってます。
太郎、過去に何度か犬には追いかけられてますが、今回が一番ショックだったようで、今日も遠くに犬を見てはびくびくしてます(涙)。


★ししゅうねこさん
リード無しで歩いてる人、けっこう多いというか、一応リードは持ってて、何かが起こりそう(他の犬が来たとか)と判断した時だけリードに繋げる・・・とかはよく見ます。
こうやって小さな相手を追いかけたりとか、ましてや他所の家に入ろうとする犬が自由に歩いてるだなんて怖くてたまりません(>_<)
正直、今まで何度か犬には追いかけられてる太郎です。
でもうちの中にまで入ろうとした犬は一匹もいませんでした。
このお宅、夜遅くまでテラスで大声で話してたりとか、娘さんも昔はあれこれと騒音の問題児たちの中心になってた子だったりで・・・、その他あれこれある問題家族なんです(汗)。
引っ越しして大喜びしてたらこうやってやってくるんで、まだまだ安心できません(涙)。


★めんまねえちゃんさん
こちらでは犬の学校に通わせるのが通常とよく聞くので、この犬も行ってないとは思いたくないんですが、いろいろと問題ありのご家族なので行かせてないのかも・・・。
(行ってたとしてもこういうことを起こしちゃう犬もいるんでしょうね)。
以前飼われてた同じ種類の犬も他所のお宅に庭に行ってまで糞をしたりしてたので、躾ができない家族なんだと思います。
過去に何度か犬に追われたことはある太郎ですが、窓の前までやってきて中に入ろうとした犬は今回これが初めてです。
こんな犬がリード無しで自由にしてるだなんて、怖くてたまりません(汗)。

これが起きた翌日(昨日)も、この大学生の娘さんと犬が一緒にくつろいでるのを見ました。
近くでは見てないので犬が繋がれてたどうかは分からないけど、その時間は太郎は怖がって外に出ようとしなかったのでよかったですが。
このご家族は騒音の問題もあったので、引っ越ししてうちらは大喜びしてたんです。
でも今後もこうやって頻繁にやってきますね、たぶん(-_-;)

相方が相当キレてたようで、そうなるとコントロールが効かないくらい文句言う人なので、まあ、今回はそういう性格でよかったのかもしれません(汗)。

太郎ちゃん、随分怖い思いをしましたね。
ケガはなくてよかったけど、怖くて外に出れない太郎ちゃんの気持ちを想うと...
それにしてもひどい!
自分ちの庭だからと思ってのことかもしれませんが、それならそこから出れないようにフェンスとかで囲ってほしいですよね。
よその敷地にまで入って来るなんて、考えられない!
文句を言ってもらえてよかったですよ。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
生意気そうに見える太郎だけど、意外と神経質というか、こういうのが起こると引きずる方なんですよ~(汗)。
またすぐに元に戻るとは思いますが、”犬が怖い”の気持ちは残ってた方が安心かもです。

うちの地区、庭と公共の部分には植物がポンポンと植えられてるだけで境界線の分からない動物や小さい子はすぐに入ってきてしまいます(汗)←ただ、丸見えなのは、防犯上はいいようです。
でも!ここのお宅、庭の敷地の外側、公共の部分となるところにテーブル出したり洗濯物干したりしてるんです(>_<)
ここ数日お天気がよかった時も、その娘さんが庭の外にテーブル出してくつろいでて、そして犬も側で・・・(-_-;)
それならなおさらリードで繋いでおかないといけないと思うのですが、そういう人たちなんです(涙)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/566-31553663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼラニウム太郎 «  | BLOG TOP |  » 落ちた花の再利用

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (529)
太郎とご近所猫(犬)さん (140)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (12)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (21)
庭の野鳥 (33)
日々のこと (88)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR