FC2ブログ
topimage

2021-05

絶食で、太郎だから気を遣ったこと - 2021.04.02 Fri

太郎の調子はよさそうでしたが、昨日からくしゃみや咳というか、喘息のようになる症状があります。ググったら、術後一週間でも気管挿管の影響でそういった症状が出た猫さんがいるようでした。
獣医さんに一応電話したらイースターの休暇で休診中でした(汗)。イースターの連休が明けての火曜日に診察日なので、とりあえずその時にこの症状を伝えてもらおうと思ってます。付き添い一人のみOKなので、私は医院内には入れません…。
今朝は太郎がなかなか起きてこないなあと見に行ったら、寝てた場所からは既にいなかったので、あれ?…と思ってベッドの下を見たら、隠れてました(-_-;)
今までは恐る恐るでもリビングには入ってきてたのに…。投薬が一日二回になって、太郎は私たちを全く信用しなくなってしまいました(涙)。
他には、例えば、私達がある程度の時間出かけてて帰宅したら必ず玄関にまでお迎えにきてくれたのに、今では全く来なくて、ベッドの下に隠れるようになってしまいました(大泣き)。近寄らないのでご飯もほとんど食べなくなってしまいました。
正直、ここまで太郎に嫌な思いをさせて、こんなに嫌われるようでは、私の心ももちません…。ということで、私たちはいじめでやってるのではなく太郎が健康でずっと一緒に楽しく暮らせるようにやってることを太郎に伝えてもらうために、以前お世話になったことのあるアニマルコミュニケーターさんにコンタクトを取りました。
まだ結果は出てませんが、この話もまたいずれしますね。




今回のアップ画像は、本文内容とは関係ありません。撮りだめ画像からのアップです。


さて、手術前の絶食ではとても気を遣いました。外に出ない猫さんならこういうことは気を遣わなくて済むのですが…。
1_2021040120223958f.jpg
かわいい寝姿してたので撮影したらピントがお手々に合ってました(汗)。


実は前日の早朝に、太郎は今季初の狩りに成功してました(汗)。起床時、テラスにあったネズーの残骸でそのことを知ることとなりました(涙)。
2_2021040120224028b.jpg
もう一度撮影しなおすもまたまたお手々にピントが。オートモードでは難しいですねぇ。


そしてその日の太郎の絶食は夜の8時から。それ以降外に出さなければ問題無しですが、今まで絶食が必要な時、もうちょっと遅い時間までは出してました。
3_202104012022419b1.jpg
上から撮影したらやっと顔にピントが合ったけど、うーん、なんか表情が変わってしまった…。


が、それまでは真冬でネズーも現れない時期。今回のこれで、もし夜8時以降に外に出てつかまえてしまって、お腹の中に入れてしまったら…と、そのことに注意する必要が出てきました。
4_202104012022439e9.jpg
最後にもう一枚。これでいいや!


もちろん、外に全く出さなければ大丈夫です。でも、外出自由な猫さんを飼っておられる方になら分かると思いますが、丸々一晩中出さない、これはなかなか難しく…(-_-;)
いろいろと考えた結果、まず、絶食が始まる夜8時過ぎてすぐくらい、出たそうにしてたら出しました。ただし、外は四六時中見張ってました。
幸い、獲物をつかまえたらほぼ100パーセントうちまでお持ち帰りするので、他の場所でお腹に入れることはありません。

結局一度だけ出てすぐに帰ってきた太郎。夜の11時には私はベッドへ行って太郎も一緒に寝ました。
その後、お腹を空かせた太郎に何度も起こされ私も徹夜を決めましたが、それからは全く出してないし、太郎もただただお腹が空いて落ち着かない、そんな感じだけだったのでちょっとだけ助かりました。

…と、こんなことがあったので、暖かい時期に、絶食が必要な獣医さん通いは太郎には普通の猫さんよりは難しいなと感じたのでありました(^^;
必要な時間から外に出すな、飼い主のせいだ!…は分かってます。なのでお叱りは別の機会でお願いしますm(__)m




こんな話ばかりではなんなので…。
今日近所で見つけたミスミソウです。
5_2021040121194482f.jpg


今の時期、いつもなら山歩きで出た時によく見る花ですが、今年の春もまたまだまだ歩かれずにいる状況です。
6_202104012119455d2.jpg
18日までのロックダウン、また延長になるかなあ…。

● COMMENT ●

一週間経っても挿管の影響が残るんですね、太郎くんお大事にm(_ _)m
太郎くん本当に投薬が嫌いなんですね。
でもそこまで避けられると凹む気持ちわかります。
そして本ニャンのためなのが伝わらない悲しさも(´;ω;`)
またアニマルコミュニケーターさんにうまく伝えてもらえるといいですねm(_ _)m

外出猫ならではの悩み、わかります(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)
うちは幸い胃に収める確率も低く絶食が必要な事態もなかったですが、もしそうなったら絶対ないとは言い切れませんしねぇ(-"-;
このあと手術でストレスがかかるのが確定してる分ギリギリまで気分転換させておきたいお気持ちもわかります。
でもこればかりはライフスタイルの違いですからやむを得ないかと(-"-)
と、ここまで書いて、うちのサバ白だったらトイレ問題の片付いていない現状、どうしようと途方に暮れてます(´;ω;`)

こんにちは☆
喘息のような症状と聞くと、とても心配してしまいましたが、きっと気管挿管した時に傷ついた箇所が治る課程で死んだ細胞が痰になってるのかなあと考えると、治ってるって証拠なのかなあともおもいました^^

外出猫さんの外出禁止は、中々難しいというか精神的にしんどいだろうとおもいます。猫さんも飼い主さんも。

気になったのは、お持ち帰り専門の太郎ちゃん。絶食でお腹空いててもお持ち帰り専門のままだといいのですが・・・。
ちなみに、手術前の絶食必須について。
術前のお薬で戻すらしいんです。胃の中に固形物があると戻した時に気管の方に流れたら大変なことになるので絶食をしてもらうと聞きました。(以前、レアちゃんが誤食した時に吐かせるために使ったのが、術前に使うお薬で、そのお薬の副作用で戻すとのことで、その際に聞きました)

太郎ちゃんの変化は、アルペンさんお辛いですねTT
太郎ちゃんも意地悪されてるなんてことは全く思ってないとおもいますよ。なんで必要なのかってこと、人間同士のようには伝わらないから、太郎ちゃんとしてはわけわからず・・・なんでしょうね(><)
アニマルコミュニケーターさんを通して太郎ちゃんに伝わるといいなあ。

太郎ちゃん、お薬がほんとにいやなんですねえ。
うちも一日2回で嫌がるんですが、餌に混ぜたらたべちゃうこともあるのでましですね。
ムリムリ飲ませたあとは、おやつをあげたりブラッシングしてりしていいことのように騙しています。
もともとおおらかな性格なのですぐ忘れちゃうみたいですが、、、。
アルペンさんの申し訳ない気持ちを感じとっちゃってるかもしれないですね。優しい人太郎ちゃんの気持ちが早くおちつきますように。

こんにちわ。太郎ちゃんに限らず、犬も猫も薬も病院も大嫌いでしょうね。ストレスも凄いと思います。なんとか元気で生活して欲しいから、嫌なことを無理強いすることになっていますね。飼い主としては割り切るしか手はないですね。本気で嫌うことは無いと思いますよ。飼い主が嫌なのではなく「薬や病院が嫌」なのですから。食べたい時に食べられないのは本当に可愛そうですよね。私も何度か経験していますが、今は高齢なので医者には行かないことに決めたことで、自由に食べさせています。療法食オンリーでなく市販のおやつも含めて、ね。あまり思いつめないことですよ。

健康のために...は猫にとっては好きではない事が多いからね...
隠れられちゃうのは辛いけど、決してalpenkatzeさんのことが
嫌だからじゃないよ!
落ち着くまでは悲しくなるけど、頑張って!

太郎ちゃんは外の楽しさを知ってるから外出禁止にするのは
大変だよね〜
狩りをしないでねと言っても無駄だものね(笑)

太郎ちゃんは特に臆病だから大変ですね。
もちろん他の猫でも非常に難しいと思います。
人間だって同じですよ。病院に行って痛い事されたり苦い薬を飲まされたり。
頭ではわかっていても実際にはなかなか・・・
嫌われるのは悲しいことですが、病気を乗り越えるには必要なことなのでしかたがありませんね。
アルペンさん気苦労が多いでしょうけど、ここは心を鬼にして感情は抜きで必要な事を事務的にやるしかないと思います。

ミスミソウは日本にもあるらしいですが、図鑑でしか見たことがありません。憧れてしまいます。
私の庭では今日キクザキイチゲが一輪だけ咲きました。淡いブルーです。

さきほど聞いたニュースはフランスの事でしたが、外出禁止で厳しいとのことでした。
外出禁止というよりも「人に会うな」と言ったほうが端的でわかりやすいと思うんですが。
山歩きのような外出なら問題ないはずです。
人に会って会話をかわしたり会食をするから感染するんですよね。
屋外の綺麗な空気の所のほうが、室内のよどんだ空気の所よりよほど安全です。
日本の場合は会食を前提にして話を進めているので、全然ダメです。「会食はいけません」「食事は一人でして下さい」なぜハッキリ言えないのでしょう?
飲食店の利益を優先的に考えているからです。
マスクまでして無理に会食する必要はないと思うんです。

続く通院と投薬で、不信感が大きくなってしまったんですね。
太郎ちゃんのことを思ってのことなのに...
でも、通院も投薬も終われば、また今までの太郎ちゃんに戻ってくれるんじゃないでしょうか。
今まで築いた信頼関係、絆は強いと思います!
元気出してくださいね。

ミスミソウきれいですね~♪
この辺りでは見かけないので、
毎年こちらで拝見するのを楽しみにしているんですよ~(*´▽`*)

薬は次の通院まででしたっけ?
イースター休暇が終わって太郎ちゃんの咳と薬を嫌がっておびえている事で相談できると良いですね。
先代も最後の時に注射に病院に通っていたのですが、それが嫌でもう余り動けなかったのに、這うように階段降りて逃げる様になり通院を諦めました。
飼い主の心が折れちゃうんですよね。 でも太郎ちゃんは元気になる為だから勝手に諦めるわけにもいかないしねえ。 何とか先生から良いアドバイスがありますように。

こちらも今日ピーちゃんの診察に行きました。 ピーちゃんは目薬はなんとできるのですが、目薬とエリカラの為か体調が悪いからか餌を食べなくなりました。
エリカラしないと目を傷つけて治らないし、でも餌を食べないのなら困るから、その辺りは飼い主さんの匙加減で的な事を言っていました。
その時に最近の医療の発達は凄くて、以前は当たり前の治療方法がかなり変わり、例えば膀胱炎の治療に最近は抗生剤を使わなくなったと言っていました。
太郎ちゃんの薬、鎮痛剤と精神安定剤的な薬の話をしたら、突発性膀胱炎ではそれが標準処方になっているそうです。
ピーちゃんの点滴が終わったので太郎ちゃんの手術の話まではできなかったけど、そちらのお医者さんはさすがにドイツのお医者さんだと思いました。

私も今年は春の花を見に行けませんでした。 ベルリンなどはPCR検査で当日の陰性証明がなければ入れない場所があるとか。 ドイツと比べればゆるゆるの日本ですけど、変異種が広まっているので自衛するするしかなさそうです。

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
まだくしゃみみたいな症状が続いてて、風邪とも違うと思うんです。
獣医さんが休暇で閉まってて電話で聞くこともできないのが…(-_-;)
太郎、寝室に籠りっきりでハンガーストライキ起こしてしまって、
ご飯はその後ちょっと食べたようだけど、いろいろあって私も心が折れましたorz
私が参ってしまったらだめだけど、どうしたらいいものかの気分です。

外出禁止は、お腹空かせた頃からにしましたが、徹夜でなんとかクリアーできました!
トイレは、まだ室内でもやれることが分かってこれは少し安心です。
変な話、今、散歩に行く気力、体力もない太郎、大の方も室内でやってました(^^;

コメントありがとうございます♪

★かりんさん
ちょうど術後一週間目からくしゃみ、咳みたいなのが出始めて、風邪とも違うし、
獣医さんも閉まってて電話もできないしでググりまくりました(汗)。
まだ治まってないですが、見ててきつそうなのがちょっとかわいそうです。

手術前の絶食の必要性についての理由はもちろん私も知ってます。
私の文章が拙くて分かりにくかったかもですが、お腹空かせてる時に外に出て
つかまえてしまったら見えないところでお腹に入れてしまう可能性があること、
そのことをふまえて、私も徹夜で、太郎を外に出さないように対処しました。
最初にちょっと出した時は絶食始まったばかりでまだお腹も空いてない時で、
なおかつ私も外で一緒にいたのでこれも対処できました。

二日前から太郎が寝室に籠りっきりになったので、今、そのことで大変です(涙)。

コメントありがとうございます♪

★じーるさん
投薬時に抱えますが、抱っこ自体も嫌いな太郎だし、投薬も一日二回に増えて
嫌なことばかりされてて、それで寝室から出てこなくなりました(涙)。
薬がイヤだけならまだしも、ご飯も食べなくなって…。
ハンガーストライキ二日目が終わる頃、相方がなんとかカリカリをあげることに
成功して、ちょっとだけ食べてくれたので安心ですが、自らは食べません(涙)。
水もミルクも飲んでないし、お薬はもういいからとにかくご飯だけでもと思ってます。

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
今までは何とか割り切ってやってましたが、寝室に籠りっきりで
それ以外の場所で私たちを見たらベッドに下にすぐに逃げるしで、
おまけにご飯も食べなくなったので、まずはご飯から…と思ってます。
外に出る気力、体力もなさそうです。
そんな太郎見てていろいろと考えてたら私の方が体調悪くなってしまいました(-_-;)

コメントありがとうございます♪

★moguさん
私のことは嫌ってもいいからご飯だけでも普通に食べてほしいのに、
自らは全く食べない、飲まないになってしまってそれが心配で(涙)。
イースターの休暇で獣医さんが閉まってて電話で聞けないのも…。
三日後の診察までどうにかもってほしいなあ…。

外が大好きな太郎なのに、食べない、飲まないになって外に出るのも
ちょっと空気吸う数分くらいだけになってしまったよ(涙)。

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
今までは心を鬼にして、感情抜きで投薬をやってました。
でも今は、数日前から寝室に籠りっきりで寝てばかりで、
飲食も自らは全くしなくなって大好きだった散歩もしなくなったので、
投薬よりもとにかくご飯をちゃんと食べてもらう方が優先になりました。

ミスミソウはちょっと田舎に行くと群生してる場所もあったりなんですが
今年もまたそういうのを見る機会はなさそうです…。

フランスの方はこちらより厳しい制限みたいですね。
うちの方も数が増えてるのでまたちょっと厳しくなるようです。
こちらでは法律にしないとみんな守らないし、法律があっても
集まってワーワー騒いでる人たちもいるから、減らないはずだと実感します。
デモやってる人たちとか最悪だなあと見てて思います。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
数日前から寝室に籠りっきりでリビングに来なくなりました。
そしてハンガーストライキ起こされて自らは全く食べなくなったので、
もう投薬よりもまずは食べることを優先にがんばってます。
昨夜遅く、なんとか相方の手からちょっとだけ食べたようですが…。
見てて辛くて、私が折れたらダメなのに、昨日は一日参ってました(-_-;)

ミスミソウ、色がかわいらしくて好きです^^
本来なら山方面で群生してるのを見られるのに、今年も無理~(涙)。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
抗生物質は本来なら今日までで10日間の投薬予定でしたが、ハンガーストライキを
起こされ寝室に籠ってしまったので、7.5日で終了しました(涙)。
痛み止めは後ろ足の関節のこともあるので一ヶ月分くらいもらってるのですが…。
外で楽しむ気力、体力もないようで寝てばかりです。
熱などはないようだけどもしかしたら体調悪いのかもしれないので、とにかく
三日後の診察日まではどうにか太郎にもがんばってほしいなと思ってます。

いろいろとあって私も心が折れてしまって、昨日一日ぐったりしてました(汗)。
相方の手からだとちょっとだけ食べたようなので、ご飯は相方にがんばってもらいます。

ピーちゃんもご飯食べなくなったんですね。
やっぱりご飯食べるのが基本的なこと、一番大事ですよね…。
処方、なるほどー、そうやって変わってきてるんですね。
普段ドイツの文句ばかり言ってる私ですが、医療に関してだけは安心できてます。
獣医さんもいろいろいらっしゃるけど、幸い、太郎の先生は大丈夫そうです。

こちらはまた数も増えてて、規制がまたちょっと厳しくなりました。
自宅に籠って散歩くらいの生活なら支障はないし、太郎の面倒看るにはちょうどよく、
ポジティブに考えるようにしてます。

喘息っぽい感じ収まってきたかな?
こんなときに休暇だなんて「のんきだ!」って思っちゃうわ・・・
早く症状収まりますように
ご飯食べない問題は泣きたくなるよねー
食べたくない子に食べさせるのは大変だよね
太郎ちゃーん!ご飯食べよー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
喘息っぽいのは治まったけど、くしゃみみたいなのはまだまだ続いてて(汗)。
それまでやっと普通になったのが急にこれなので焦ってしまい…。
人間の病院もそうだけど、こっちは普通に休暇があるのが!(>_<)
で、人間の場合は他所の病院と提携しててそっちを教えてくれるけど
動物はどうも大きな病院に行くしかないらしく…(-_-;)
なんとか火曜日までは大丈夫かなあと思える症状なのでがんばります!
ご飯は相方の手からならなんとか食べてくれるようになったー(涙)。

コメントありがとうございます♪

★鍵コメ04/03 21:31:09さん
見てみましたー!
なんだかとってもいいことが書いてあると思ったので、
早速フォローしていろいろと見てます!
気持ちを落ち着かせるのにもなんだかとってもいい感じ…。
ありがとうございます♪

コメントありがとうございます♪

★鍵コメ04/03 23:15:22さん
私も、一週間やったからもういいのではと思いました。
相方は最初は”ダメだ!太郎ちゃんの健康のために続ける!”とか言ってたけど
太郎の様子を見続けて、相方もギブアップしました(汗)。

ご飯食べないだけで逃げ続けるだけならまだいいのだけど、外に出るのも億劫なのか
とにかく一日中寝続けてるのも気になってます。
でもご飯は相方の手からなら食べてくれたので少しよくなりました!
水分が気になるけど、ウェットフード与えてるので少しはとれてるかと…。

はい、連休明けの6日が予約日です。
保険は入ってません…。
手術前にそんな話もしたのだけど、手術決定してたし、とりあえず入らないことに。
昨日は一日精神的にぐったりでしたが、今日はご飯もちょっと食べてくれて安心です。
トイレもちゃんとしてるし、はい、私は普通にしていたいと思います!

アルペンさんもお大事に。
合い方さんの動画、Taro-sanになっている。
ふふふ、相方さんにとっては太郎ちゃんは偉くて太郎さんなのかな。

当然、お返事は不要です。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
さんとか、ちゃんとか、半々くらいの呼び方です(笑)。
太郎、やっぱりちょっと調子悪いせいで食欲ない感じです。
獣医さんでしっかり診てもらいます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1305-33f5b589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

疲れた~ «  | BLOG TOP |  » 一気に春

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (682)
太郎とご近所猫(犬)さん (200)
お出かけ(山歩き関連) (54)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (42)
お出かけ(チロル) (15)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (18)
失踪事件 (5)
キノコ (25)
庭と周辺の野鳥 (55)
日々のこと (108)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとうございます

かりんさんブログで太郎が初参加♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR