fc2ブログ
topimage

2024-04

がんばった太郎 - 2021.03.27 Sat

いつも太郎への応援、ありがとうございますm(__)m

付きっきりでの監視をやってるのでなかなかゆっくりとパソコンの前にも座れなくなってるここ数日ですが、記録のためにも、ちょこちょこと書いていこうかなと思ってます。


まずは手術当日のことから。
この時はいつものように、投薬から逃げるつもりでカーテンの後ろに隠れた太郎でしたが…。
1_2021032623502036b.jpg
この後、私がキャリーを室内に持ってきたら、それを見てものすごく固まってしまってました。
相方が抱えてキャリーに入れましたが、もう抵抗する力もなかった太郎でした。そしてこれは後から気づいたのですが、相方が抱え上げた瞬間に太郎は恐怖から失禁していました(汗)。



ここからはお迎え後の様子です。
室内隅々を確かめるようにうろちょろしてた太郎ですが、目がしょぼしょぼです。
2_20210326235021cff.jpg


瞳孔がずっと開きっ放しになってましたが、ググると、全身麻酔処置後にこういうこともあるとありました。
3_20210326235023ab9.jpg
翌日には普通になってました。


あと、声が全然出てなくて、咳っぽい音もしてました。これもググると、麻酔時の気管挿管のせいだそうでこれも一時的だとありました。
4_20210326235025662.jpg
術後二日目にして声はだいぶ出るようになってますが、まだ咳っぽい音が少し出てます。

電話でもして聞けばいいんでしょうが、まあ、獣医さんも忙しいし、よくはなってきてるから、ググって分かることはそれでいいかなと思ってます(^^;


術後二日間は外には出すなと言われてたのですが、あまりにも出せ出せとしつこく、ダメな飼い主はここで根負けして、監視付きで一緒に出てあげることにしました。手術翌日朝の撮影です。
5_20210326235026c6b.jpg
一緒に散歩の習慣があるので、これはなんとかこなしてます。ゆっくりとしか歩けないので、犬にはいつも以上に注意してます。


階段の上り下り、それからジャンプもしばらくはなるべくしないようにと言われてますが、太郎自身も痛みのせいで高い場所へのジャンプはできなくなってるので、ハンモックの上で寝たい時は抱えてあげてます。
6_20210326235027941.jpg
ここまで、帰宅当日とその翌日の様子です。


手術では、どうも膀胱にちょっと穴(?、相方も少しパニックになりながら説明を聞いてるので、相方自身も”間違って理解してるかも”と言ってました)みたいなのがあって、そこから尿が逆流しててそれが炎症の原因にもなってたようだとのことで、そこが縫合されたそうです。
膀胱内の炎症が思ったよりもひどかったそうで、一応念のために組織検査に出されてるそうです。

あと、以前も書きましたが、悪かった歯を3本一緒に抜歯されてます。


今後の投薬は、抗生物質(Synulox)を朝晩2分の1錠ずつを10日間と、今までも服用してた鎮痛剤(オンシオール)は、以前からある後ろ足の変形性膝関節症での痛みもあるのでこれもしばらく一日一回、続けて服用となりました。

次の診察はイースター後の4月6日です。また失禁するかなあ…(-∀-;)


…と、こんな感じになってます。
その他、書きたいこともいろいろとありますが、とりあえず今回は当日、翌日の様子を書いてみました。


● COMMENT ●

尿が逆流してたら炎症おこしちゃうだろうね....
最初に手術なしで済めば....と思ったけど、他の炎症の
原因も発覚したし、手術して良かったね。
後はお薬頑張って!

全身麻酔の後も不安だよね。
カノも一番最近やった歯のクリーニングの時が違ってて
不安で獣医さんに電話したよ〜
忙しかろうがこっちは大事なんだよ!って(笑)
太郎ちゃんの痛み、早く治りますように。

太郎くん失禁するほど恐怖だったとは…
これだもの通院がどれだけストレスかわからないですから極力回数は減らしたいですよねぇ(-"-)
とはいえ今回はそれどころではない事態、後のフォローで乗り越えてもらうしかないですよね。

術後本当はまだ安静にしててもらいたいけど外に出たいアピールに根負けして許す…まんまうちと同じでお気持ちすご~くわかります^^;
でもお外大好きな子はこの散歩がどんな精神安定剤より効果があるんですよね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
個人的には無茶をしなければ本ニャンにとってむしろいいと思います。

ところで「痛みのせいでジャンプ不可」の痛みとは以前からの下半身の不調?それとも術後の傷口、どちらでしょう?

今回一番衝撃的だったのは膀胱の穴のお話。
本当に思ったより重症だったんですねΣ(|| ゚Д゚)
これはどちらにせよ手術せざるを得なかったでしょう(-"-)

ともかく無事成功よかったですε-(´∀`*)
が、まだまだ無理はできませんしお世話係さんも看病でお疲れのはず。
どうかお大事にm(_ _)m

こんにちは☆
今日の記事のお写真とお話とで、太郎ちゃんがいかにがんばったか、アルペンさんが大変だったか、良く伝わってきました。
太郎ちゃん、失禁するほど怖かったんですね。胸が痛くて可哀想になりますが、以後病院行かないってことはできないから、なんとか次回までに少しでも太郎ちゃんの気持ちが落ち着いてくれてるといいなあ。

それにしても、逆流してた?穴が開いて??言葉だけ聞くと恐ろしくて血の気が凍る想いがしますね。手術してわかったってことで、手術をしなければ気付かなかったわけで、手術正解でしたね。

元気にジャンプしたりお散歩したりする太郎ちゃんの日常が、少しでも早く戻りますように!アルペンさんもつききりで心配でたまらない日々だとおもいますが、どうぞご自愛くださいね。

太郎ちゃん本当にがんばりましたね!
麻酔はとても心配だったと思いますが、抜糸も同時にしてもらって
ますます元気な太郎ちゃんになるのではと期待がふくらみます(*^-^*)

うちのひー坊もキャリーの中でおちっこもらしちゃうんですが
それから私もひー坊も通院がトラウマです。なので、ワクチンも
去勢時の1回しか打てていません(´;ω;`)ウゥゥどうしよう~~~~

太郎ちゃん、何度も通院しているから逃げてもダメだという
事がわかって固まったのかな?かわいそうだとは思うけれど
逃げたのを追いかけまわすのはお互いがつらいから
どうせなら固まっていてほしいです。苦笑

太郎ちゃんalpenkatzeさんお疲れ様でした。

太郎ちゃん、炎症ひどっかったんですねー。
やはり手術してよかったですね。
手術後はちょっとしょぼしょぼしてると思いますけど、もうお散歩したがるんですねー。
動物の回復力はすごいですから、これからがまた楽しみですね。
太郎ちゃん、後ろ足も痛いですか?
うちもたぶん、痛いんじゃないかなーと思いつつそのまんまなんですけど、なんかお薬とかよいものがあればまた教えて下さい。

太郎さん、がんばったねぇ・・・うん、怖いけど頑張った!!
外に出たがる気力があるのは、嬉しいかと^^
本当にしんどかったら、ぐったりだろうし。
炎症のひどいのや、穴は、投薬でも回復できなかったかも・・・だから、
思い切って手術されたのは、良かったんじゃないかな~^^
まだまだ、大変でしょうが、投薬の抵抗も、元気になってきた証。。。として、頑張れ~^^//

太郎ちゃんもお世話係さんも、お疲れさま~!
猫にとって病院自体が恐怖なんですよね。どんな大きな犬でも病院ではブルブル震えたりしていますからね。まだ投薬がしばらく続くようですが、しっかり回復するよう祈っています。

すごい頑張ったね!
お疲れさまでした
キャリーに入れるときの失禁、うちも2回続けてあって
キャリーを買い替えたらなくなったよ
もうキャリー=怖いっていうのがインプットされてるみたいだから
古いのは処分かな~

尿が漏れてたとしたら炎症も起きるよね
これが分かって処置できただけでも手術してよかったよね
歯も抜いてもらったならこの後のご飯も美味しく食べられるはず
いっぱい食べ出体力回復しないとね
お薬ももうちょっと頑張って!

太郎ちゃん、獣医さんに行くのが恐怖だったんですね...
でも、よく頑張った! えらいよ太郎ちゃん!
お外に出たい気持ちがあるということは、
術後も順調に回復しているということですよね。
傷が癒えて、また大好きな狩りを楽しめる日が、
1日も早く来ますように(*^-^*)
アルペン猫さんもその日に備え、休める時はゆっくり休んでくださいね。

太郎ちゃんもアルペンさんも相方さんも、本当にご苦労さまでした。
太郎ちゃんは黙っているけど、あちこち痛くて大変なんだろうと思います。
早い回復をお祈りしています。
外へ出るときは気をつけてくださいね。

コメントありがとうございます♪

★moguさん
手術前には見えてなかった部分を発見してもらって
そこもちゃんとやってもらえて、これで大丈夫かなあと思ってる^^
ただ太郎にとっては薬も通院も怖いだけで、ちょっと気の毒(^^;

麻酔後、怖かったー(汗)。
特に瞳孔開いたままは初めてで焦った。
声が出ないのは、私も麻酔後喉が痛くてたまらなかったから、
それは人間と同じなんだろうなあと思った。
そうそう、獣医さんには当たり前のことでもこっちには
いつもと違って不安になることが多いよね!

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
前回の通院時もキャリー内で失禁(&出血)だったのでそれだけ怖かったんだなあ、
でも今後も通院必要だし…と、飼い主として複雑な気分になります(;_;)
ワクチンの通院でキャリーに入れるのを猛抵抗されただけはまだマシでした(-_-;)

外に自由に出てる子の外出禁止はなかなか難しいですね(汗)。
かなり悩んだけど精神面を考えて、常時監視することを徹底して一緒に出てます。
術後はまだ太郎も弱かったのでこの時は庭周辺までしか歩けませんでしたが(^^;

痛みは、術後の傷、お腹の部分ですね。
それでジャンプしようにもできなくて痛みから唸ってました(汗)。
が、これも今は、軽い感じで、低い場所にならジャンプできるようになりました^^

まだ通常ではないけれど、術後三日目にしてだいぶよくなってきてるのが目に見えてます^^
朝晩の投薬、これが早くなくなるといいなあと願うのみです(^^;

コメントありがとうございます♪

★かりんさん
こんにちは~^^
私自身も今回は精神的にかなり疲れましたが、ずっと闘病してる猫さんも
たくさんいるし、それでうちも頑張らなければと思ってなんとか頑張れました。
病院に行く意味などいくら説明しても太郎には分からないだろうし、
今後の通院、これを考えると頭が痛いです(>_<)

逆流してたっぽいというのは開腹して分かったことのようで、いずれにしろ
それを発見してもらえてよかったです。
これで太郎の頻尿が治れば、獣医様、様、これになります(笑)。

だいぶ元気になってはきたけど通常ではないことには変わりないので、
今後もしっかりと監視を続けてお世話を頑張りたいと思ってます!^^

コメントありがとうございます♪

★ゆりっぺさん
術後まだちょっと弱々しい感じもしますが、それでも三日目にして
急に体調がよくなってきてるような、そんな感じがします^^

あー、ひーちゃんも怖いとそうなっちゃうんですね(涙)。
うちは前回の通院時にキャリー内で初めてそうなって、まさか今回、
室内で既にそうなるとはで、次の通院のことを思うと頭が痛いです(-_-;)
こちらにもトラウマになりますよね、分かります!(>_<)

獣医さんの診察台の上では石のようになるけどうちではいつも
絶対にキャリーに入るもんかと抵抗してたのに今回はそれもなく…。
入れやすいけど、そんな力も出ないほど怖いのかと逆にかわいそうにも(;_;)
でも今後も通院がんばります!

コメントありがとうございます♪

★じーるさん
炎症がそこまでひどかったのなら最初から手術とやっておけば…とも
思っちゃいますが、こればかりは開腹しないと分からないこともあるでしょうし、
とにかく今は手術が無事に終わったことにホッとするのみです(^^;
術後三日目にしてだいぶ元気になってきたように見えます^^
犬や猫の関節には、”モエギイガイ”のサプリがいいようで、獣医さんから
勧められたものをうちも与えてました。
以前記事にしたのでアドレス貼っておきますね。日本にもあれこれあるようです。
https://alpenkatze1.blog.fc2.com/blog-entry-976.html

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
術後、うちに戻ってからは頑張った太郎をたくさん褒めてあげました^^
術後すぐにこうやって出たがってこっちはひやひやしてましたが、
さすがに疲れはあるようでいつも以上にぐっすり寝てて夜も私を
起こしてくることもあまりなく、それはちょっと助かってます(笑)。
それでも術後三日目にして見た目の様子が少し元気になってきて安心してます^^
太郎も頑張ってるので、私も続けてお世話を頑張ります!

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
こっちは手術終わってホッとして、次の通院も精神的には楽だけど
猫にはそんなの関係なく、怖いことには変わりないですからねぇ(汗)。
次回の通院時もまた大変になりそうです(-_-;)
投薬も一日二回になっちゃってるのでこれまた大変です(>_<)

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
失禁、やっぱり太郎だけじゃなかったか~。
でもうちはキャリー買い替えはできないなあ(汗)。
買い換えても新しいのを何度か使ったらまた怖がるし、
サイズの問題、入れやすさの問題もあるから今のが最後かなあ…。

手術で新たな問題が見つかって処置してもらって本当にホッとしました(-_-;)
カリカリも、以前より食べやすくなってる…、はず!(^^;
今はまだそこまで見る余裕がなかったけど、以前は痛くない方の左側だけで噛んでた。
薬が一日二回になったのがあちゃーだけど、がんばりますっ!!

コメントありがとうございます♪

★pilさん
キャリーに入れる時の固まりようが半端なく、失禁までやっちゃったので
次回の獣医さん予約日のことを考えると頭が痛いです(-_-;)
次回は抜糸と観察だけなので処置自体は大したことないのだけど、
そんなこと太郎に説明しても分からないですしねぇ(-∀-;)
術後三日目にしてなんだか急に状態がよくなってきてホッとしてます^^
狩りといえば、手術二日前にあったのですよー(>_<)
ぎりぎりまで楽しんでた太郎でした(;´▽`

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
猫は言葉に出せないから私たちが思ってる以上に痛みや苦痛を
あちこちで感じてるんだろうなあと今回は実感します。
でも術後三日目にしてだいぶいい感じに見えるので、動物の回復力は
想像してる以上に早いのかもなあと思いました^^

キャリーに入れる時に失禁したんだ! 
うちのマックも病院では石になるし、ヒメはキャリーに入れる事自体が無理だけど、
太郎ちゃんは本当に病院が怖いんですね! 太郎ちゃんもだけどお世話係さんもそういう太郎ちゃんを見るのはつらいですね。
私は使わないけど、レメディーとかはどうでしょう? ドイツだと動物用でありそうな気もしますが。

全身麻酔は心配になりますよね。 うちのねこずの抜歯でも全身麻酔だから誓約書?にサインさせられました。 
手術代には驚いたけど、これで太郎ちゃんが以前の様に快適に生活できれば問題なしですよね。
組織検査の結果はもうでたのですか?

うちもピーちゃんの目の具合が良くなくて病院に連れて行きました。
状態が思っていたより悪く薬で治るか判らないのですが、年齢が年齢なので手術は医者も勧めませんでした。片目失明しても生活は困らないはずだしね。ただ目薬2種類で日に3回以上なので唸られています。




コメントありがとうございます♪

★REIさん
失禁するほど怖がってると知って、ますます病院に連れて行きにくいです(汗)。
これなら思いっきり抵抗された方が精神的には少しだけ楽かも…と思ったり。
レメディー、ずいぶん前に与えてたことがあるけど動物用も手に入りやすいです。
でもあれこれと無理やり口に入れるということが投薬でトラウマになってるので、
レメディー与えるのも以前ほど簡単ではないかも…(-_-;)

手術代、うちもめちゃくちゃ高かったです(>_<)
これまでの通院でもかなり払ってるので、これらも一緒に計算したら日本へ軽く
4回くらい往復できる額は払ってるかなー、です(^^;
組織検査は今週中に出ると思いますが、再来週明けが予約なのでその時に聞けそうです。

ピーちゃんくらいの年齢だとたしかにもう手術はしたくないですよね。
片目でも普通に暮らしてる子たくさんいるし、ぶっちゃんは見えなくても元気でしたよね^^
うちも投薬時に唸られて手に傷が増えるばかりです(涙)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1302-9fe435ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元気になってきてます «  | BLOG TOP |  » 無事に終わりました

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

2022年2月6日、12歳6ヶ月で虹の橋を渡りました。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (759)
太郎とご近所猫(犬)さん (230)
お出かけ(山歩き関連) (65)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (43)
お出かけ(チロル) (15)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (19)
失踪事件 (5)
キノコ (28)
庭と周辺の野鳥 (62)
ハリネズミ (8)
日々のこと (109)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (15)
あれこれ (3)
未分類 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとうございます

かりんさんブログで太郎を参加させていただいてます♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

QRコード

QR