FC2ブログ
topimage

2020-09

夜の散歩 - 2020.08.04 Tue

前回記事で、ボス猫さんにちょっかい出す太郎の昔の写真をアップしましたが、同じ場所撮影で、こんなのも見つかりました^^
w0_20200803224839821.jpg
上がご近所猫さんの通称”ネコチャン”で、太郎はこの時生後8ヶ月。旧ブログを”猫パンチ”で検索してたら、ネコチャンから猫パンチをもらう太郎の写真がたくさんありました(笑)。
とにかく相手が猫なら誰であろうと、遠慮なくぐいぐいと近づいて行ってた太郎でした(^^;





さて、遅い時間のお散歩時には太郎の撮影はほとんどしないのですが、6月末から7月にかけて相方が休暇で留守をしてたので、その時は相方に太郎の様子を伝えるためにスマホで写真を撮ってました。今回はその時の様子からアップです。

「さあて、ここからいつも邪魔が入るけど、今日は大丈夫かにゃ」 どうかしらねぇ(^^;
w1_20200803045047798.jpg
夜の9時20分頃です。


で、いつものようにべスター君が出てきたわけですが、この時はかまわず先へ進んだ太郎です。
「でも視線を感じるにゃ」  たまについてくるしねぇ(-∀-;)
w2_20200803045049edb.jpg


ついてきたべスター君をどうにか撒いて、太郎がやってきたのは摘まれた石畳の上。
「いつもないものがあると調査したくなるにゃ」 そ、そうですか(´∀`;)
w3_20200803045050d51.jpg


向かって右側のお宅のお庭の改装用に置かれてました。敷地外に置いてるってことは、これくらい起こっても当然と思われてる、そう勝手に理解することにしました(-∀-;)
w4_202008030450525aa.jpg


その後はお気に入りの場所の中へ。最近ここが好きなんですよねぇ…。11秒




なかなか出てこない時は先に帰ることもあるのですが、この時は10分ちょっとしたら出てきました。
w6_20200803045053af9.jpg
夜9時55分頃。


こうやって、何かの上に乗ってじーっとしてるのは好きみたいですが、待つ方はつらいです(-∀-;)
w7_20200803045054090.jpg


「さて、おうちに帰るにゃ~」  満足してくれたようでよかった~^^
w8_20200803045056b12.jpg
夜の10時5分頃。7月の始めだったので、まだまだ真っ暗ではない時間でした。今ではもうこの時間は暗いです。

これくらいの時間だと犬の散歩ももうほとんどないので、太郎も夕方の時間よりは緊張度が少なくて楽しそうでした。



休暇と言えば、先週末、休暇先にいる相方身内からこんな写真が送られてきました(笑)。
w9_20200803045058909.jpg
アップ許可もらってます。
撮影してくれと言わんばかりの並んだオチリ姿、でした(笑)。

● COMMENT ●

今はちょっかいを出される立場の太郎くんも子猫の頃はこんな感じだったんですねw(*´ェ`*)

いつも夜夜という割にはかなり明るいのが不思議でそちらの日没をググってみたんですが7月あたりは21時半とかなんですね!(;゚Д゚)
そりゃこっちとは全然違うわけだ(-"-;

べスター君の気配を耳で感じる太郎くんw
でも今回はうまく撒けたんですねw
石板は敷地外だからこれはセーフでしょうw
草むらはマダニが怖いからあまり入ってほしくないですねぇ(-"-;
待つ身のつらさ非常にわかります(ヽ'ω`)-3

ブタさんのおちりプリティですね(*´ェ`*)

ネコチャンとは仲が良かったものね〜
元気かな〜

見かけるとついて行きたくなるのは私もだからベスター君の
気持ちがわかるわ(笑)
夜道?を歩く太郎ちゃん、素敵だ〜
薄暗くなってくるとワクワクするけど太郎ちゃんも
同じ感じでいるのかしら?

こんにちわ。夜10時頃で暗くなるのは日本では絶対ないですから、珍しい感覚ですよね。
北欧あたりだと納得ですが、ドイツでもかなりなものですね。
最後の写真...長閑な農村風景ですね(笑)

夜の9時でも明るいのは何度見ても慣れないわ~
草むらに入る動画は前にもUPされてたけど、今回もドキドキ(笑)
子供のころなら一緒に入っただろうけど、最近こういうところは
怖くなっちゃった
知らない虫や小動物に会うのが怖いのかな~
お家に帰る太郎ちゃんの後ろ姿のショットがステキ!

大きなブタちゃんのオケ2(オケツ)www
色が色なのでリアルに感じるのかなー

若かりし頃の太郎ちゃん。やっぱり大きいですね😲
若いときって興味津々でなんにでも突進していきますね。うちの新入りも男前に邪険にされても、くじけずアタックし続けております(^_^;)

最後のぶたさんのお尻、、、ナイスです♪

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
昔は、他の猫を見かけたら必ずストーカーが始まったので大変でした(>_<)

そうなんですよ、夏至頃が一番日の入りが遅くて夜10時でもまだちょっと明るくて。
でも北の方だともっと遅くまで明るいのでテレビの生中継とか見てると
うちの方はもう暗いのにまだ北は明るい~とかあるんですよ^^

べスター君はこの時間はほぼ100パーセント出てくるので大変です(-_-;)
草むら、ここに行くまでの毎回付き添いを要望してくるので、毎日大変でした(笑)。
待つべきか帰るべきか、悩む時ってありません?(^^;

豚はなんだか童話の世界に見えてしまいました^^

コメントありがとうございます♪

★moguさん
ネコチャン、今はどうしてるのか一番気になる猫さんだよ~。

そういえば私も猫を見ればついて行きたくなる(笑)!
なるほど、そんなものなのか~(^^;
薄暗いとね、周りからも目立ちにくいの分かってるのかも。
犬の散歩もほとんどない時間だし、薄暗い方が太郎もサクサク歩くよ~。

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
私が住んでる街と札幌が同じくらいの緯度とはいえ、
地軸のせいで夜も明るいってのは日本にはないですよね。
うちの方も、北ドイツに比べると早い時間に暗くなる方です。
最後の写真は、オーストリアの山の方での撮影です~^^

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
夜遅くまで明るい分、冬は4時以降から暗くなるのが嫌です~(^^;
九州だと、冬でも5時半までは普通に明るいから…。
草むら、一時期すごく気に入ってて、毎日夕方以降ここまで付き添いで行ってました(>_<)
虫、特にマダニが怖いから私は入れません(汗)。
ただ、6月後半だと、ここでホタルが見られるので、それはよかったです^^

オケ2!!ww
この子たちもいずれはソーセージになるんだと思います~(;´▽`

コメントありがとうございます♪

★じーるさん
8ヶ月でこれってやっぱ大きいですよね(^^;
とにかく猫と見れば相手かまわず追いかける、でしたからね~。
リード持ってたこっちは大変でしたよ(-∀-;)
新入りさんもこんな感じだったんだろうなあと想像できます!w
男前さん、がんばれっ!!^^
この豚さんたちのオチリ、なかなかきれいですよね(笑)。

太郎さん、それこそパンチで強くたくましく賢く鍛えられたのねw
でも、ネコちゃんと、ジャレて楽しんでるッポイw

10時過ぎで、フラッシュ無しでもこれだけ写せるんだ@@/
さすが夏のヨーロッパの底力だわ^^
これなら、夕食後のお散歩とかも、楽しめるなぁ~

ぷww相方さん、アルペンさんのオチリ好きをよ~くご存知でw
豚さんコンビ、チャーミングな桃尻だわ^^

ちょっかいを出す太郎ちゃん、かわいい~~( *´艸`)
ブログを書いていると以前の写真とか状況が見られて楽しかったりするよね♪
にゃんこのお散歩は待ち時間が多いね(笑)
でもわんこの散歩と比べると写真や動画が撮りやすいかも。

見事なオチリww
相方さんナイスです(*^^*)v 

太郎ちゃんの背中に何かついている? と思ったら、
この時はまだリードが付いていたんですね。
猫ちゃん、懐かしいですねえ。 ブログを拝読していても変わった猫という印象でした。
太郎ちゃんには良い兄貴分だったのにね。
今ではベスター君が弟分? ベスター君は太郎ちゃんに付きまとっているのか、アルペンさんに付きまとっているのか? 健気とも言えない事もないとかあるとか。(笑)

太郎さん、そこはダニが・・。 中国ではマダニのなんちゃらいう新しいウイルスで病人が出ているとか。 外に出たら出たで心配事はありますね。

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
何度も何度も猫パンチされてたけど、太郎は気にせずに、
逆にそれを楽しんでる雰囲気でした(;´▽`

夏至頃が一番明るいけど、あまりにも夜遅くまで明るいんで、
幼児が9時過ぎても普通に遊んでたりで、そういうのはちょっと気になったり(^^;
私は幼少時は8時には寝るように言われてたのでよけいに、(´∀`;)

豚さんたち、いい具合で並んでくれてますよねぇ♪

コメントありがとうございます♪

★komomo姉さん
ちっちゃい時はちょっかい出し過ぎて怒られてばかりでした(-∀-;)
いろんな忘れてたことがブログのおかげであれこれと思い出すことができて
自分のブログだけど”こんなこともあったんだ!”と楽しいです^^
なるほどー、写真が撮りやすい!
犬の散歩はやったことないので、その考えには行きつきませんでした。
動かなくて待つことが多過ぎて、それで”犬みたいにサクサク歩いて!”とは思うけど(;´▽`

豚の並んだオチリ、たまりませんよねぇ(´艸`*)

猫パンチの写真を見て思い出しました。
うちのミケちゃんも一緒に畑へ行ったときに、地域のボス猫にパンチされました。
その手の動きがすごく速くて、まるで「百叩き」でした(汗)
ミケは箱入り娘だったので世間知らずで、ボス猫にちゃんと挨拶しなかったのでしょう。
太郎ちゃんと遊んでくれたネコチャン、どうしたんでしょうね?
飼い主さんと一緒にお引っ越ししちゃったのかな?

豚のオチリって可愛いんですね。
人間そっくりに見えてしまいました(笑)
日本では見ることはできないと思います。野外で飼育されているなんて健康的ですね。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
4年ちょっとリード付き散歩してましたよ~。
他の猫見るとストーカーが始まってついて行くのが大変でした(^^;
ネコチャンはとにかく特徴のある子で、あんな猫は過去に見たことなかったです。
べスター君の付きまといは私になんです(>_<)
太郎がそこにいるとシャーするか私の方に近づけなくて嫌がってるって感じで(汗)。
ネコチャンと太郎の関係とはまたちょっと違った感じです。

太郎が入ってる草むら、猫に人気なのか、他の猫たちも見ます(^^;
マダニ、つけてくることもあるけど、今年はいつもほどでないので、この草むらよりも
他の場所にたくさんいるのではと思ってます(去年はすごかったので、汗)。
外に出てる限り、心配事は絶えず、要らぬ心配も毎日やってるのが本音です(-_-;)

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
太郎も私に対してすごく高速の猫パンチやったことありますよ~(笑)。
その時は手に何かにおいが付いてたようで、それが嫌だったようです。
他の猫からもらった猫パンチは太郎は楽しんでる感じでした。
ネコチャンは一度近所にお引っ越しした後にたぶんまた引っ越してるっぽいです。

オーストリアの田舎での撮影ですが、こちらでは牛も豚もこうやって
日中は普通に外で飼育されてることがほとんどですよ~。

ああーーー、ネコチャン。懐かしい...
元気でいるといいですねえ...

あはは、遠くに見えるベスターくん。
そして積まれた石。そうですよね、
見慣れないものなら(犬とか以外は)
チェックしたほうがいいですもんねえ。
うん、石畳だから敷かれたらそのうち誰にでも
踏まれますし、猫が先に乗っかるなんて想定内だと思います。

そして魅惑の!!ぷりけつ...
あーでもあれでしょうか、ご本人じゃないから
お借りしたらアレですもんね。
すごいですねえ、絵葉書か絵本みたいに
ナイスショットっていうか...なんてかわいらしい。ふふふ。

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
ネコチャンのこと、太郎がとっても好きでしたからね〜。
またお引越ししてるのかも…。

そっか、石畳って踏まれるものですもんね!
(今さらですが、言われてみて気づきました、笑)。
太郎くらいが乗っても本当に問題なしですね^^
犬だったらチッコかけて来そう(笑)。

豚のオチリ姿、持ち帰られたとしても問題なしです〜♪
このオチリ姿は本当にザ·オチリって感じですよね(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1181-0826489f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太郎より大きくなったらしい «  | BLOG TOP |  » 思い出す場所

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (612)
太郎とご近所猫(犬)さん (181)
お出かけ(山歩き関連) (52)
お出かけ (53)
お出かけ(バイエルン) (40)
お出かけ(チロル) (15)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (10)
失踪事件 (5)
キノコ (22)
庭の野鳥 (44)
日々のこと (101)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QR