FC2ブログ
topimage

2020-07

なまはげのようなクランプスの見学 - 2019.12.17 Tue

ポカポカ気持ちよくお昼寝中の太郎。
a000_20191215063405a32.jpg


「お世話係たちは鬼みたいな顔した人たちの行列を見て来たらしいにゃ…」 おもしろかったよ!
a00_20191215063406140.jpg


「そんなのがうちにやってきたら大変だにゃ…」 太郎ちゃんはパニックになるかも(笑)!
a0_20191215063408efc.jpg
なるかも…ではなく、確実にパニックになること間違いなしの太郎ですね。だって、未だに姑見ただけでパニックですから(笑)!





ということで、一週間前の日曜日に見て来た、”クランプス”と”ペルヒテン”の行進の様子をちょっとだけアップします。二つの違いはよく分かりません(汗)。

クランプスについては、4年前にもちょっと記事にしましたが、今では日本でもこのクランプスの行進が数年前から行われてるようですね。
クランプスジャパンというのがヒットしました。その様子の動画もあれこれあるようですが、なかなか本格的でびっくりでした。サイト内の”クランプスとは”も分かりやすいです。どうも日本にクランプスを根付かす目的みたいですね。


オーストリアの中東部や南チロル(イタリア)、ドイツはバイエルンの村々からやってきたクランプスたちの行進。

腰の後ろに付けた鐘を鳴らしながらやってきます。
a1_20191215063409c8b.jpg


村によって形相も違います。
a2_20191215063410668.jpg


ただ、どのクランプスも、大きな角があることには間違いないみたいです。
a3_20191215063412561.jpg


地域によってこの”被り物”とでもいうのか、形がちょっと違ってくるみたいです。
a5.png


a6.png


こちらはドイツはアルゴイ地方からで、他の地方のクランプスと様子もちょっと違ってて、呼び名も”クラウゼ”になるようです。
a7_201912150634356fd.png

目の前の行進は約30分ほど続き、かなりの数のクランプスを見ることができました。
一度、本来の場所(山岳地方の村)でこういったものを見てみたいです。
こういった伝統行事は今後もずっと続けてほしいものですね。






その他の写真はもう一つの方にアップしてます。クリックでジャンプします。

● COMMENT ●

太郎くん気持ちよさそうですねー(*´ェ`*)
これは冬限定のケットの上でしょうか?

これは完全になまはげですね(゚д゚)!
でも日本のなまはげより全然リアル^^;
いろんなオブジェ然りどうもそちらはリアル路線に突っ走るようですねw
こんなのが現れたら小さい子はおろか太郎くんもパニックでしょうねw^^;

なまはげだ(笑)
地域によって違うのも面白いね〜
家に来たら....
太郎ちゃんじゃなくてもパニックになっちゃうよ〜

これは面白い!!
みんな違うのが面白い。それぞれ工夫を凝らして作られていますね。
共通点は角があるところですね。
でも一番下のだけ違います、角がないゾンビのようなお婆さん。
日本で言えば「お岩さん」ですね。
私が東京に住んでいた近くにお岩さんを祀るお寺がありました。
実在する人物だったらしくお墓がありました。

子供たちにとって教育的な意味がありますね。
怖い物がなくなってしまうとダメです。
太郎ちゃんには見せないほうが良いですね。
お話だけにしておいてください(笑)

すごい!!
日本とドイツ。
こーんなに離れているのに同じような伝統文化が!!
お写真で見ても迫力があるのですから実際その場で
目にしたらもっともっと迫力があるんでしょうね~!

人間が怖い物がイコール猫さんも怖いとは限らないけれど
これは太郎ちゃんもうちの子たちも怖がるでしょうね(・o・)

こんにちわ。日本で言えば「なまはげ」みたいな感じですがちょっと違いますね。
見ているぶんには面白いですが、暗い道で出逢いたくないですね(笑)
日本でも??北海道の田舎では縁がないようです。

日だまりでお昼寝の太郎ちゃん、本当に気持ちよさそう♪♪
「クランプス」、迫力あるなぁ~
夜、会ったらびっくりするだろうなぁ

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
はい、冬用の羊毛ブランケットです^^
相方と取り合いだったけど今はまたハンモックの上で寝るようになって解決です(笑)。

なまはげに似てるでしょう!?
世界共通で似たような習慣があるのかもですね!
太郎は背が高く、なおかつ着膨れした人をちょっと怖がる傾向にあるので、
これが現れたら確実にパニックになること間違いなしですよ(^^;

コメントありがとうございます♪

★moguさん
デザインによっては日本のなまはげ本当にそっくりだよね!
悪い子供には…とか、意味合いも似てるし。
太郎は大きくて膨れた人は怖がるので、こんなの見たら
ウーウー唸りながら逃げてベッドの下に隠れること間違いなし(笑)。

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
一番下の角がないのもまたおもしろいなあと思って見てました。
角はないけど、毛皮っぽいのを着て鐘をつけてるのは共通点。
なまはげよりもこれらの方が歴史が長いそうですが、
なまはげもクランプスも、悪い子供には…と似た意味合い。
他所の国にももしかしたら似たような伝統行事があるかもですね。
お祭りみたいに見てるから子供も泣かなかったけど、これが
なまはげみたいに家の中に入ってきたらこちらの子供も泣きそうです(笑)。

コメントありがとうございます♪

★ゆりっぺさん
見た目も意味合いも似てるので、初めて知った時はびっくりでした。
もしかしたら他の国にも同じような習慣があったりして?
真横で並んだりすると、ちょっとケモノ臭いというか(^^;
汗かかれてるせいなのか、素材のにおいかは分かりませんが(笑)。

これは猫にとっては怖いでしょうね(^^;
太郎は背が高くて着膨れした人を実際に怖がって逃げたこともあるので…(笑)。

Re: コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
雰囲気がちょっと似てて、あと、子供を対象にしてるということで
意味合いもよく似てるなと思いました。
私もこういうのには一人の時は出会いたくないです(笑)。
ドイツだとバイエルン、それも山に近い一部の地域のみの風習みたいです。

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
猫がこうやってお日様に当たって寝てる姿は見てる方も
幸せな気分になれますよね^^
私もクランプスは昼間のパレードで十分!
なまはげみたいに自宅に来たら嫌です(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1053-2e6cc3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんな大きな鳥まで «  | BLOG TOP |  » 子供の遊び場で楽しむ

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (587)
太郎とご近所猫(犬)さん (170)
お出かけ(山歩き関連) (48)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (40)
お出かけ(チロル) (14)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (10)
失踪事件 (5)
キノコ (22)
庭の野鳥 (44)
日々のこと (100)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR