FC2ブログ
topimage

2019-11

犬を警戒しながら - 2019.10.22 Tue

太郎のお気に入りの草むら。そこへ行く時はいつも以上に警戒しながら先へと進む太郎です。
「よし、犬は来てないにゃ」 ここを渡る前から何度も周囲チェックしてます。
a1_201910212308010b6.jpg


「一気に中に入るにゃ!」  大丈夫と分かるとスピード出して中へ。
a2_2019102123080232b.jpg
草むらの中では狩りはもちろん、トイレもよくやってるようです(´∀`;)


「よし、今のうちに渡るにゃ!」  出てくる時も気をつける太郎です。
a3_20191021230804379.jpg


また別の日は、周囲チェックの後は一気に草むらへと入って行きました。
a4_20191021230805f91.jpg
ベンチの上でお昼寝してた人を警戒してたのかも(笑)?


出てきてもしばらくはいつも以上に用心してる太郎です。
a5_20191021230807250.jpg
この場所、日中は犬の散歩の人がとても多いんです。それで太郎も明るい時間帯は私を護衛に一緒に散歩に行きたがります。犬の散歩も、こちらではリード着けてない人も多いので、そういうのが怖いから私も時間の許す限りなるべく一緒に歩くようにしています。


そして、一匹だけ、この犬の飼い主さんはいったいどんなつもりなのか…と思える犬が近所にいます。
その犬がいました。太郎との散歩中、遠くにいたのをズームで撮影です。
a6_20191021230808a70.jpg
太郎はその間、草むらの中にいました。


この犬、太郎のリード散歩時代からよく見かけます。その時からよくリード無しであちこちを歩いてました。
a7_20191021230810e84.jpg
どの辺に住んでるのか、大体の見当はついてます。


今ではだいぶ年取った感じもしますが、それでもこの大きさの犬には猫はかないませんからねー。
a8_20191021230811dd9.jpg
けっこう広い範囲を、飼い主なしに自由にあちこち歩きまわってます。遠くにいる犬にも敏感な太郎で、そういうのを見るとすぐに隠れてますが、それでも見つかったら…と思うと怖いですしね。
犬には罪はないので、飼い主さん、どうにかしてほしいなあといつも思ってしまいます。




週末、近所を歩いてたら、地下鉄の駅前広場にトラックやらキャンピングカーが停まってて、大きなテントも建てられてました。
1_201910212309125d6.jpg
ここ、移動サーカスもよくやってくるんですが、この時は”子供劇場”なるものが来てたようでした。


中には入ったことないですが、人形劇場です。トラックの絵が派手でけっこう目を引きます。
2_2019102123091379d.jpg


手前の、紅葉した木と調和してしまってるような。
3_201910212309158ec.jpg


”Kasperl”は道化人形、だそうで、帽子を被った人がそれで、”いい人”、だそうです。相方解説(笑)。
4_20191021230917729.jpg
移動サーカスやら移動人形劇場、こちらではあちこちで見かけます。私は子供の頃はこういうのは見たことなかったので、ドイツの子供たち、いいなあとちょっと羨ましくもなってしまいますね~。

● COMMENT ●

こんにちわ。こういう移動劇場的なものって、アレコレ種類もありそうですね。
でも日本だと長続きしないでしょう。見に来る人が集まらないように思います。日本の子供はあまり外で遊ばないし、スマホだのゲームだの塾などで目一杯でしょう。だから夢も希望も持たない子供が育っちゃうんでしょうね。
ドイツでは犬の放し飼いに寛容なんでしょうかねぇ。小型犬でも噛み付いたりうるさく吠えたりしますから、絶対にリードを持って歩かないとねぇ。
でも相当厳しいオーストラリアでも、リード付けないで犬と走っていたおっさんがいました。早朝にウォーキングしていましたが、時々出会った犬とは・・・大型のドーベルマン2頭連れていて怖かったですよ。こういう時の飼い主は同じことを言いますね「ウチの犬は大丈夫ですから」・・・あなたは大丈夫でしょう!!と頭にきますね。

犬も大好きだからリード無しでも大人しく触らせてくれるワンコは大歓迎。
でも小さい子やお年寄りだと、犬が嬉しさで興奮しても危ないから、直ぐに抑えられる距離は必要ですね。 勝手に歩き回らせるのはダメだわ。
お利口な犬でも猫は本能で追いかけるからね。
以前の会社では昼休みに犬重役のお散歩させていて、ノーリードで散歩させていたので(会社で借りている駐車場内)、リード付けた猫の散歩が道に現れたら一気に走り出しました。
思いっきり怒鳴ったら、雄は泊まって不満そうな顔をこちらをみたけど、メスは腰抜かして動けなくなってました。(苦笑)お散歩にゃんこは飼い主さんに飛び乗ってました。
余程怖かったみた、私の怒鳴り声が。

トラックが楽しい。 こういうの、うちの方でも当然ありませんでした。
紙芝居は来てたけどね。 実際に知ってる年齢はかぎられますね。(笑)
柏で見られるカラフルトラックは、キャバクラトラックです。
綺麗なキャバ嬢の画像と独特のメロディーで走ってます。

あーここは確かに犬を飼ってたらぜひとも散歩したくなる道ですねー^^
太郎くんも警戒するってもんです。

リードなしの犬は怖いですね(-"-;
咬まれたりする事件が起こってないんでしょうか?
画像の犬も確かに老犬の感じですがそれでも中型犬くらいはありそうですが…
今太郎くんは木に登れないし嗅ぎつけられて追われたら非常に困りますよね(-"-)
『うちのかわいいワンちゃんは咬みません!』という根拠のない自信で
放し飼いするのはやめてもらいたいですね(-"-#

移動子ども劇場、なんかすごいですね(゚д゚)!
日本で言ったら紙芝居に当たるんでしょうか。
こういうのが残ってるのはなんかいいなぁ(*´ェ`*)

え?飼い主さんなしで歩き回ってるの?
自宅の庭や閉鎖された敷地内ならともかく、よろしくないよね。
たとえ大人しい仔でもどうなるか解らないし、その仔の事を
知らない他の動物や犬が怖い人にとっては危険でしかないよ....

トラックの絵は派手でも調和してるね〜
子供が見たらワクワクだろうな〜

そちらの犬は訓練されてるって聞きますけど、絶対って言葉は
無いから心配ですよねー
せめて飼い主さんが近くに居てほしいな~

移動○○って結構ワクワクしますよね!
いつでもそこにある遊園地より内容は劣るかもしれないけど
その時だけっていう楽しさがあると思う
このトラックも見ただけで楽しそうって伝わってくるわー

太郎ちゃん、お天気がよくって気持ちよさそう~♪♪
青空と紅葉がきれいですね!!
フリーのワンちゃん、ドッグランじゃないのにね・・・
太郎ちゃん、気をつけてね (*^-^*)
子ども劇場、楽しそうですね♪♪

放たれた犬は本当に迷惑!!
最悪の場合、人間が襲われる危険もあります。小さい子供だと本当に危ない。
飼い主は自分のしつけに自信があるので「うちの子に限って」そう思っているのでしょうけど、そんな自己中な考えの人が多くて本当に困ります。
事実、私の愛猫が犠牲になりました!!シベリアンハスキーに腹を噛まれてたった5年の命でしたよ。
すごく賢い良い猫だったんです。放し飼いがいけませんでした。
放たれた犬ではなくリード付けて散歩中の事でした。飼い主が制止できなかったんです!「キャーやめて!」という声で慌てて外に出てみましたが・・・飼い主(若い女性)は逃げてしまいましたよ。本当にひどいです。
1年後ぐらいにその犬を飼っている家が判明しましたが、怒鳴り込んで行くわけにもいかず、こちらは泣き寝入りでした。
とにかく、他人の行いを改めさせることはできないので、こちらで防御するしかありませんよね。

イヤな事を思い出してしまいました。
サーカスはそちらが本場のようですね。
日本でも私が子供の頃にはよく来ましたが、哀愁を感じさせました。
昭和30年代後半から40年代前半ぐらいの頃でした。
いわゆる旅芸人なので、家族で来て子供もいるんですが、すぐに転校して行ってしまうんです。
新しい時代(昭和45年以後)になるとサーカスは滅多に来なくなりましたが、大々的な興行で明るい雰囲気でした。
そちらのサーカスは明るい雰囲気で好印象です。

もう一度よく読んでみたらサーカスではなくて子供劇場ですか。
それならなお結構ですね♪ドイツの子どもたちは楽しそう。
太郎ちゃんも一緒に見ると良いネ(笑)

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
確かに、日本で移動型のこういったのはダメでしょうね。
日本の子供たちは夜遅くまで塾とか、いつもあれこれ忙しそうです。
犬、放し飼いしてるとこれはさすがにご近所さんが文句言いますが、この犬は
なぜか昔から自由にあちこち歩いてて、周りで何か言う人いないのかと不思議です。
散歩も、リードは手に持ちつつ、犬は自由にしてる人が多いです。
そう、こちらでも”うちの犬は大丈夫”な考えの人多いですね。
太郎を見たら慌ててリード着ける人もいるけど、”ああ、面倒くさい”な表情が
顔に現れてて、何様のつもりなんだかといつも思ってしまいます。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
リード無しで歩かせてるの、飼い主さんがすぐ側でリードを一応手に持ってて…、
私は犬は大好きとまでは言えないからこれでもちょっと抵抗あります。
それでも躾が行き届いた犬は多いからグッと我慢して…。
放し飼いに対しては、近所の人が飼い主宅に文句言いに行ってるのは見たことあります。
”うちの犬は大丈夫”な人が多くて困ります。
私が太郎と歩いてるのを見て渋々リード着ける人いるんですが、着けてない方が悪いんだし、
そんな顔でこっちを見られたら私も嫌な顔で見返すようにしてます。
猫相手だけじゃなく、仰るように小さい子相手にも危ないですしねぇ。

紙芝居、私の姉は経験あるようですが、私はないです(笑)!
キャバクラトラックなんてのがあるんですか!
思わずググってしまって、動画もあったので見てしまいました(笑)。

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
隣が森なので、この道経由で森の中へと散歩してる犬と飼い主さん、多いです^^
太郎がこの場所でだけは警戒度が上がるので、分かってるみたいですよ~。

リード無しの犬が多いけど、幸い、近辺で”噛まれた”の話は聞かないんです。
犬同士の喧嘩みたいな声はこの付近からよく聞こえてはくるんですが。
そうなんですよー、太郎、足の問題で、スピード出して走るのもちょっと…なんです。
なので必要以上に周りを見て遠くの犬にも反応してるのは助かります。
放し飼いは、この犬と、うちの近所のポメラニアンもなんですよねー(-∀-;)
そのポメさんは吠えるだけで太郎に向かってはこないけど、一匹でうろちょろは心配(-_-;)

紙芝居、そんな感じかもです^^
この広場、しょっちゅうこういうのが来てて、いつもテントの中が気になってしまいます!

コメントありがとうございます♪

★moguさん
そうなのよ、この犬、けっこう広範囲をひとりで歩きまわってる(>_<)
住んでる建物は知ってるから、こんなところまで!?とびっくりよ。
庭だけ放し飼い、これは理解できるんだけどね~。
老犬に見えるけど、以前はけっこうワンワン吠えまくってた犬だから、
何もないとは言い切れなくて心配になっちゃうよ。

トラック見て、私までわくわくしちゃったのよ(笑)。
一度テントの中を見てみたい!

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
そういえば、山で散歩中に、リード装着してる犬に襲われそうになったことあります(>_<)
冬で、厚手のコートやら着てたからよかったけど…。
飼い主が側にいても怖いのに、放し飼いであちこち歩いてるのはもう論外です(>_<)

いい大人になったのに、移動サーカスや人形劇場見て、
中がどんなのか気になって気になって(笑)。
大人の私でもこんなんだから、小さい子供たちはこれを外から見たら
入りたくてたまらないのではと思ってしまいます^^

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
今の時期はお天気がいい方が太郎には気持ちいいみたいです^^
これが夏だとぐったりですが…(笑)。
こちらはお犬様天国な国なので、犬が怖い方にはちょっと…な国ですよ(-∀-;)
人形劇、どんなのか一度見てみたい気分です♪

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
犬の飼い主さん同士はいつも一緒に盛り上がってる感じですが、
リードがついてるの、ついてないの、ごちゃ混ぜでたくさんいて緊張します(汗)。
(4~5匹一緒に散歩をよく見ます)。
山を散歩中にリード着けてる犬が私に飛び掛かろうとしてきたことあるので、
それ以来リード着けてても私はけっこう怖く感じるようになりました。
猫は絶対にかないませんよね。
太郎はものすごく遠くにいる犬にも敏感ですが、それでも絶対に隠れられる保証はないし…。
リード無し散歩の犬は飼い主の容姿もだいたい覚えてるので、太郎と一緒の時は目を光らせてます。

サーカス、日本でもあったんですね。
今回のは人形劇場ですが、サーカスもだいたい同じ雰囲気ですよ^^
違いは、ロバや馬、ラマなどの動物も一緒にやってくることかな。
うちのマンション地区、建物が増える前というか住み始めの頃でずいぶん前ですが、
サーカスが近くにやってきた時はうちの裏にサーカスの動物が放牧(?)されてたんですよ~。
庭で刈った草を持って行ってあげたらラマが一斉に寄ってきて慌てたのを思い出します(笑)。

こんばんは♪

移動サーカスは、ちょくちょく見かけますけど、
移動人形劇場は、初めて見ました。
トラックの絵、キノコがいっぱいですね(*´艸`*)

放されている犬、森の中ではすごく多いです。
私は犬も大好きですが、飛びかかって来られるとびっくりします。
昨日も、ドロの足跡を、ジーンズにベッタリと付けられ(これは許す) 
その上、撮影しようと思っていたキノコはボロボロ( ;∀;)
飼い主さんは、遠い所でキノコ狩りに夢中だったという...
なんだかね~と思いました。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
サーカスは多いですよね^^
人形劇場もここの広場にはなぜかけっこう来てるみたいです。
そうなんです、キノコいっぱいが目に付いて、それで思わず撮影でした(笑)!

森の中だとリード無しの犬はさらに増えそうですね(>_<)
うちのこの場所も森のすぐ横なので、既にここでリード無しが多くて…。
えーっ、飼い主さん、キノコ狩りに夢中でお犬様はフリーだとは!
山歩き中、犬がいなくなったとの張り紙を見ましたが、森の中は大丈夫なのかなあ…。
我が子がかわいいなら、もうちょっとどうにかしてほしいですよねぇ…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1022-68f1338a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レストランの猫さんの趣味は太郎と同じ «  | BLOG TOP |  » お馬さんたちを見た日の、その他のことなど

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (532)
太郎とご近所猫(犬)さん (140)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (12)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (21)
庭の野鳥 (33)
日々のこと (90)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR