FC2ブログ
topimage

2019-11

お馬さんたちを見た日の、その他のことなど - 2019.10.20 Sun

葦が一本折れてて、その先の穂がじゃらしみたいで楽しいかなと思い、太郎の前で振ってみることに。
「なんのつもりだにゃ?」  子猫の時、たくさん遊んでたよね!^^
b1_20191019004648103.jpg


「疲れたにゃ~」   なんでここでこうなる…(;_;)
b2_201910190046491bc.jpg


私もあきらめずに、がんばって振ります!
「お世話係がかわいそうになってきたにゃ…」  楽しいよっ、ほらっ!(;´▽`
b3_2019101900465278a.jpg


「ちょっと相手してあげるにゃー」    おっ!手が出たねー!\(^^)/
b4_20191019004653aac.jpg


「うーん、やっぱり楽しくないにゃ」   やっぱりダメなのね(/_;)
b5_2019101900465412b.jpg

こんなもののどこが楽しいんだろうとしらけ顔の太郎を相手に、私も悲しくなってしまうのでありました(涙)。







二つ前のお馬さんの下山の記事の日に撮影した他の画像をここから先に畳んでアップしてます。
いつものようにスルーでも大歓迎です~。14枚




お馬さんたちが戻ってくる会場で、大きな厩舎の横では地元の特産品などが売られてました。
1_20191019004751f29.jpg


ちょっとお腹が空いてたので、”ツィラーターラークラプフェン(ツィラータール地方のクラプフェン)”という揚げ物を買いました。
2_20191019004753e6a.jpg
中にじゃが芋とグラウケーゼ灰色のチーズ)を入れた揚げ物です。この揚げ物は美味しくて好きなんですが、グラウケーゼだけだと酸味が強くぱさぱさしてて私は苦手です。(イタリアの南チロルを含む)チロル地方特産のチーズです。


地元の子供たちによるダンスも披露されました。
3_20191019004754069.jpg


お馬さんたちが戻ってくるのを待ってると、一匹の猫ちゃんがいるのを発見♪かわいい!
4_201910190047564e5.jpg


近寄ってはこないのですが、こうやって角に何度も、しつこいくらいに何度もスリスリしてました(笑)。
5_20191019004757ad4.jpg


子供たちの前でも顔を何度もスリスリ(笑)。
6_2019101900475918f.jpg


なかなか愛嬌のある三毛猫さんでした^^
7_20191019004800859.jpg


お馬さんたちがいる場所を離れ、夕食を食べて帰るためにレストランに移動しました。
8_20191019004802bad.jpg
そのレストランでは、牛、ヤギ、鶏が飼われてたのですが、ご飯を食べる前に周辺を散歩してたら、放牧中の牛たちが一斉に一方向に動き出したんです。


なんだろう?と思って見てたら、このおねえさんが現れたのを見てどの牛も牛舎に戻る支度を始めたというわけでした!
9_20191019004805abf.jpg
賢いですね~。この若いおねえさんが現れただけで移動し始めたんですよ。分かってるんですね、このおねえさんが来たら牛舎に戻る時間だということを。


おねえさんがやったのはロープを張って道を一時的に通行止めにしただけ。それ以降は↑こうやって牛たちが集まってきて移動するのを見てただけでした。
10_20191019004805269.jpg
牛たち、自主的に牛舎の中に入って行きます。


すると、一匹の猫ちゃんも移動中!
11_20191019004807c7a.jpg


牛舎に入って行く牛たちをこうやって見ていた猫ちゃんでした。
12_20191019004808ba9.jpg
おねえさんと一緒にお仕事してるつもりなのかな(笑)?


食事は、サラダに始まって、
13_20191019004809cbd.jpg


私は豚肉料理、相方はノロジカ料理です。
14_2019101900481112e.jpg
今の時代は、初めての村や町に行ってもスマホで地元のレストランをささっと検索できるのがありがたいですね。周りにはほとんど何もないような田舎にあったレストランでしたが、お店の人の感じもとてもよくお料理のお味もよくて当たりでした♪


以上、お馬さんたちが麓に戻ってきた日の、その他の様子でした。

● COMMENT ●

太郎さん、眠気が勝っちゃったのかしら(;´▽`A``
お世話係さんの日頃に感謝御礼セールで、
もう少し、チョイチョイしてあげて~~

牛使いのお姉さん、すごい~@@/
牛さんズの信頼を集めて、意思の疎通も出来ていそうだわ。
ふふ、三毛猫さん、可愛いね~
いじめる人もいないんでしょうね、
人間を信頼してくれてて、嬉しいな♪

生モノはあんなに熱中するのにこのやる気の無さw^^;
ひょっとして本物もおもちゃも(ただし外限定)反応する
うちのサバ白って珍しいんでしょうか?(-"-;

すりすり三毛猫ちゃんかわいいですね(*´ェ`*)
でも近寄ってこないのに近づいてった子どもたちには撫でられるんですね^^

牛たち聞き分けがいいですねー(゚д゚)!
こう従順だとお姉さんも楽ですねw
牛柄猫ちゃんも見れて得した気分です^^

あ〜はいはいな感じだわ(笑)
いつも遊んでる生きた獲物は良い動きだものね....
でも相手してくれないと寂しいよね〜

甘えん坊ミケちゃん、かわいい〜
お手伝いしてるつもりの白黒ちゃんも可愛いね。
美味しいお肉料理、素敵.....

こんにちわ。牛や馬って同じ行動を続けていると、ちゃんとタイミングを見計らって決まった動きをすることがよくありますね。周辺の酪農家などでも見かけますが、だいたい同じ時間になると(或いは薄暗くなると)、各々が牛舎に戻ってくるんです。つないである場合は別ですけど、馬も同じような行動をとったりしますね。

Zillertalだったのですね! こんなクラプフェンがあるんだ!
もしかしたら食べた事があるかもしれません。
Mayrhofenに行った時に隣村でお祭りしてて、そこで名物の何かを食べたの。
それだったのかも。 覚えてないけど。
Zillertalでは確かに乗馬学校があるみたいで、電車からも乗馬している子供を見た記憶があります。
秋でジビエの季節でしょうか。 ノロジカ、美味しいだろうなあ。

三毛さん、可愛い~。 でもその子も太郎ちゃんみたいに、人工ねこじゃらしでは遊ばないかもね。 天然ものを知ってるからね。(笑)

オモチャでは遊ばない太郎ちゃん、もう大人なので「そんなのバカバカしくてやってられない!」っていう気持ちなんでしょう。
人間でも「箸がころげても面白い」そんな年頃がありますよね。

ミケネコは日本猫の代表格ですが、ドイツにも多いみたいですね。
それにしても、子供たちに大人気(^◇^)
その下の写真、ギザギザの山脈と広々した牧場、伸び伸び遊ぶ牛たち、素晴らしく綺麗な写真ですね!!
大傑作です。

スマホでお店を見つけるのは良いですね。
ブロ友さんがいつもスマホで良いお店を見つけてレポートしています。
http://moo4179.blog79.fc2.com/
このサイトを見ると夕食食べた後なのに食欲が出てしまいます(笑)

日々活きのいいのと遊んでる太郎ちゃんにしたら
なんでこれで遊ばなきゃ・・・って感じなんでしょうね~
知らん顔して寝てるお顔がいいわ~(笑)

牛って頭いいのねー!
前回の馬の下山の回でも牛の方が見てた楽しいって書いてたけど
こういうの見たらそうかもって思うわ

どっちの猫もカワイイ~♪
毛艶がいいわ!

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
どんなに振っても99パーセント反応無し(涙)。
子猫時代に楽しく遊んでた記事を読み返したりして、
こんなこともあったなあ…と懐かしく感じてます(ノω・、`)

一斉に動き出した時、1~2頭がモーモー激しく鳴いてたのですが、
おねえさんに何か挨拶してたのかな?、でした^^
田舎地方に行くと猫たちもなんだかおおらかというか、
人を怖がることが少なくて、いいなあといつも感じます^^

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
生きた獲物への反応は大丈夫だから、全てのものに興味を失ったわけでもないし、
それはそれでまだ安心かなあとは思うものの、なんだかなあ、です(-∀-;)
狩り上手なチビちゃんがおもちゃにも反応、正直、超羨ましいですよ!(>_<)

三毛猫さん、高い位置にいるから子供相手でも大丈夫そうでしたよ^^

牛飼いのおねえさん、牛たちのお世話を普段からよくしてあげてるんでしょうね。
牛やら猫やら、田舎に行くとあれこれと動物が見られるのが楽しいです^^

コメントありがとうございます♪

★moguさん
生きた獲物の動きにはやっぱりかなわない…(涙)。
子猫時代はそれなりに遊んでくれたのに~と、悲しくなるよ(;_;)

田舎にいる猫たちは人を怖がることもないし、牛も怖がらない(笑)?
そういう環境が羨ましくもあったり。
お店のお料理も安いし、私、田舎でのんびり暮らしたい…。

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
なるほど~、牛ってそんなに賢いんですね!
夕方、牛舎に戻る姿は時々見かけますが、牛飼いの人は最後についてくるだけで
先頭は誰もいないのにちゃんと牛舎に向かってて、それだけでも賢いなあと思ってました。
普段、自分がやりたいようにしか動かない猫を見てると、本当に偉いと感じます(笑)。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
村自体はKufsteinのすぐ側になりますが、Kufsteinでもクリスマス市ではこのクラプフェンを
提供する小屋が何軒かあったので、文化的にはZillertal付近の影響を受けてそうです。
Mayrhofenでもこれを食べたという人の話を読んだことあるのでREIさんも食べられたかもですね^^
Mayrhofenにあるチーズ工房がグラウケーゼも作ってスーパーでも販売してるから一般的なのかも。
乗馬はとにかくこちらでは大人気ですよね。
ノロジカ料理は臭みが少なくて、ジビエが苦手な私にも食べやすいです。

チロルの田舎の猫たちは皆狩り上手でしょうね(笑)。
太郎よりもいい環境に住んでるからなあ…。

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
子猫時代はそれなりに遊んでたけど、それでも普通の猫に比べると反応が悪い
太郎だったので、大人になった今ではおもちゃでは遊ばなくて当然かもですねぇ(^^;

田舎にいる猫たちは人を恐れることが少なくて、環境の良さを感じます。
高地にいた牛たちは下山してきてるけど、ここだと、牛舎のある普段の住まいの
目の前がこの環境だから、牛たちもまたいいところにいるなあと感じました。

お店に関する口コミサイトなどは時々あれこれと問題もあるようだけど、
私はこういうサイトはこちらではとても重宝してます。
ご飯の画像を見るのは好きですが、同じく、食欲が出てしまうのが困ります(^^;

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
獲物と同じ動きを狙ってやってみてもダメみたいです(汗)。
やっぱり本物にはかなわない…。
小さな昆虫にも負けてしまいます(涙)。

牛がこんなに賢いとは、本当にびっくりです!
夕方になると牛舎に帰るシーンをあちこちで見たことありますが、
そういえばどこも最後尾だけに牛飼いの人がいて前方にはいません。
牛たち、いつも村の中を自分たちだけで牛舎に戻って行ってます。
ドイツ語の、女性軽蔑の”dumme Kuh”という言い方、おかしいです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1021-7e56dc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

犬を警戒しながら «  | BLOG TOP |  » 道草好き

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (532)
太郎とご近所猫(犬)さん (140)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (12)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (21)
庭の野鳥 (33)
日々のこと (90)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR