FC2ブログ
topimage

2019-10

子猫がたくさんいるのを見てたら - 2019.09.24 Tue

「出先で子猫をもらわないかと言われたそうだにゃ」  そ、そうなのよ~(;^ω^)
w1_20190922230912f33.jpg


「それで、どう返事したにゃ?」  既に一匹いるから無理って言ったよ!
w2_2019092223091428b.jpg


「それだけかにゃ?」 ええと、”いないのならすぐにもらうのだけど…”、と(;・∀・)
w3_2019092223091710b.jpg


「まあ、無理な返事はしなくてよかったと思うにゃ」 そうね、相方が正直に答えてくれた(汗)。
w4_20190922230917af6.jpg


「いいところにもらわれてくれるといいにゃね」 そうね~、6匹も生まれてたから(^^;
w5_2019092223091805a.jpg


ということで、前回記事の牛下ろし祭りで牛が麓に戻ってきた後のことをアップします~。
写真の枚数が多いので畳んでアップしてます。19枚
長いのでスルーも大歓迎です♪






予定されてた牛たちの下山での通過は終わり、テントの方へと戻ります。
q1_201909222309593d9.jpg


最初、村に到着した時、ここでもたくさんの人が食事を注文してたのですが、右奥をよく見ると、
q2_2019092223100069d.jpg


最初は丸々一匹だった豚さんが頭だけになってましたー(´∀`;)
q3_2019092223100223f.jpg


テントではまだまだ演奏や民族ダンスが披露されてました。
q4_201909222310037ba.jpg


相方はまだ戻ってこないのでビールを一杯♪
q5_2019092223100548c.jpg


牛たちが放牧されてたアルムで製造されたチーズやサラミも販売されてました。
q6_20190922231006614.jpg
マウンテンバイクでアルムまで走った相方がチーズは購入してたので私はここでサラミだけ購入。


観光地にはよくあるお馴染みの顔出しパネル。こちらでも時々こういうの、見かけます。
q7_201909222310108cd.jpg
この後、↑の写真の左端に見えてるガストホフ(宿とレストランを兼ねた施設)の側を歩いてたんです。その時に、敷地内に3匹の猫がいるのが見えました。


カメラを取り出してたら一匹は建物の中に入ってしまい、2匹だけ見ることができました。
q8_20190922231010dc4.jpg


一匹は長毛の三毛猫さん。
q9_201909222310110cf.jpg


もう一匹も三毛さんで、まだ若い感じもしますね。
q10_2019092223101263e.jpg
実際の撮影では庭を挟んで距離があって撮影に必死だったので柄のことまでは気づいておらず(^^;


すると、真ん中付近に写ってるこの宿の経営者らしいおじさんが子猫を何匹か抱えて出てきたんです!子猫、おじさんの左側に写ってます。
q11_201909222310147cd.jpg


かっ、かわいい~!一匹は鉢の後ろにいて尻尾しか見えてないですが6匹います♪
q12_20190922231015668.jpg


お母さん猫がやってきて、6匹とも姿が見えるようになりました♪
q13_201909222310179e7.jpg


このお母さん猫もまだまだ若そう…。
q14_20190922231018d6c.jpg


子猫を遠目に見ながらニヤニヤしてたらおじさんが私に気づいて挨拶してくれました。
そして、おじさん、子猫相手に指を出して遊び始めたんですが、子猫が右側の紫色の柵(?)の向こうに移動しちゃうとその猫を私が見える位置まで抱えてきてまた遊び相手をする…みたいなことを何度か繰り返されてたんです。
q15_20190922231020226.jpg
その時はただ単に、私があまりにも目尻下げっぱなしで見てるから見えるようにサービスしてくれてるのか?と思いました。
そうこうしてると相方が戻ってきたので、相方も一緒に子猫を道から見学。すると、息子さんかなあ、若い男性が現れて私たちに挨拶してくれて、「子猫、欲しくないですか?」と聞いてきたんです。
それからは最初に書いた通り、相方が丁寧に断ったということでした。

こういう、農家の多い田舎の方では猫の手術はしてないことが多いし、ここは三毛猫が3匹も…。
大きめのガストホフで宿泊客もそれなりにいそうだしレストランのお客さんもいる、それに周りには農家もたくさんだから子猫が生まれても飼い主はけっこうすぐに見つかるのかなあ。そうでないと手術しますよね…。
しかし、もし三毛猫3匹とも未手術だとすると…、これはこれでかなり大変そうです(・∀・;)


その後、テントの方で小さめサイズのビールを飲んで、
q16_20190922231021054.jpg


豚肉を焼いたのとポテトサラダを注文。この豚肉がとても美味しかったです!
q17_20190922231023835.jpg


そして自宅へ帰る途中、放牧先から牛舎へ帰る牛の行列が道を横切ってたのでそこでしばらく停車。
q18_201909222310247be.jpg
寒い時期以外はほぼ毎日こうやって道を渡ってるのでしょうね。牛飼いさんももちろんその場にいて通行中の車を停めるのに対応してらっしゃいます。


自宅到着後、暗くなってから相方のコンデジで撮影。その日は満月でした。
q20.jpeg
前日の中秋の名月の時の方が明るかったような?夜中に太郎に起こされた時に、もう明け方かと勘違いしたほど明るかったです。


以上、チロルの小さな村での様子でした。長々と最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

● COMMENT ●

う~可愛いけど・・・ねぇ(;´▽`A``
太郎さんも、ずっとひとりっ子で育ってきてるから、
ストレスや何やかやを考えたら、
相方さんのキチンとしたお返事が好感が持てます。
周りの環境は良さそうだけど、三毛さん、3匹・・・う~これは手術してあげてほしいなぁ。。

子猫の誘いに一瞬揺らぐけどすぐ先住猫を思い出してお断りする
そのお気持ちよーっくわかります(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)
太郎くんもきっとお世話係さんを独占したい単頭飼育タイプ。
このままがいいんでしょうね。

最初鳥の丸焼きかと思って形を理解しようとしてやっとわかりました^^;
見慣れない人間は豚の丸焼き(特に頭部分)はちょっとギョッとしちゃいますが
そちらではハレのごちそうですもんね(こっちで言ったら鯛の尾頭付き?)

相変わらず猫を探してしまうんですねw^^
で、これがその子猫ですかー、実物が目の前で遊んでたら
そりゃもうたまりませんね(*´ェ`*)
ある意味実演販売みたいなもんですもんねw
このおじさんも手ぐすね引いて貰い手を探してるんだろうなあw^^;
そちらでは避妊手術の観念も日本ほど浸透してなさそうだし先が大変そうです(-"-;

いや~~~~~~ん!!!
可愛い可愛い可愛い~~~~~~~~~
茶色が人気の日本だったらすぐに里親様が見つかりそうだけれど。
おかあニャンもめちゃくちゃ美人じゃないですか!

でもやはりドイツでもこういう事ってあるのですね。
そりゃそうですよね。昔は世界どこでもこういう飼い方だった・・・。
でも、これは放置すると大変な事になりますね。
それとも自然淘汰されるのが当たり前の地域なのかしら?
それはそれで切ない・・・・

みんな幸せになれますように。
そう祈らずにはいられません。

こんにちわ。田舎だと日本でも猫は生まれ放題なんてこともあるかもしれませんね。
農家の人とかって、増えるから去勢するとかあまり考えないんですよね。(かつては私も農家の息子でしたので)近年は少しずつ変わってはいるでしょうね。
日本の田舎と違って独特の雰囲気がありますね。それと田舎でも若い人が普通に見られると思いますが...日本ではみんな大都市に出て行ってしまいますからねぇ。欧米ではきちんと家を継いだり親の仕事を誇りに思っているなど、考え方のコアの部分が違うんですよね。

こんにちは♪

かわいらしい子ネコちゃん達ですね(=^・^=)
きっと、いい里親さんが見つかると思いますけど、
こういうことが何度も続くと考えると、ちょっと不安ですね...

おててをなめてる太郎ちゃん、
美味しい顔に見えちゃうんですけど(*´艸`*)

そうね、お世話係さんは王様専属だからね。
三毛が3匹! 確かに心配になりますけど、農家って何とかなるんでしょうかね。
それぞれ模様が違って、お顔半分黒い子も美形ですね。お母さんはちょっと見たことない見事な縞三毛。子供たちが皆縞模様なのはお母さんの縞からの遺伝もあるのね。
almのチーズは美味しいでしょうねえ。 どうやって食べるのかな。
ブタさんはね、耐性ができちゃって、頭だけなのね、という感じですね。
メキシコの市場でも頭が並んでいました。 むしろ生きているのをそちらで見た事がない気がします。 牛はやたら見るのにね。

↓ Gott gab uns Glück で、あれ方言じゃないの?と思ったらでましたね、方言。
バイエルンと同じかな。口の中でモゴモゴいう感じがします。 聞いても字で読んでも判らんのよねえ。

うんうん、あちらも必死で1匹いらない?って聞いてくるんだと思うけど
コチラとしても先にいる子に何も知らせずに新しい子を連れて帰るのはリスキーよね
キノボリネコさんの「ある意味実演販売」に笑っちゃった

塊のチーズが美味しそう~
顔出しwww
そちらにもあるのね~
私は海外で見た記憶はないなー

月が!!すごいはっきり写ってますね。

こねこ...うーーーーーん、見たら誘惑が
大きいけど、実際に行動にうつすとなるとあれですよね。
たくさんの猫とうまくやる猫も多いんだろうけど、
うちの場合はもうまず絶対無理というか...
あのときの(大怪我とその後の威嚇時代)リピートは
私が無理というか...ウウウ。
太郎ちゃんは、子猫とはある意味うまくできる子だと
思うけど、個体個体で相性もありますもんね。
色々と考えると、今いる太郎ちゃんを大切に
考えていらっしゃるんだなーと相方さんのずばっと
お返事、いいことなんだと思います。
こんなにかわいらしい子達なら、すぐに貰い手が
つきそうではありますよね。あと、2匹とか
まとめてほしいわってひともいそうですし。
(1,2匹のちびくらいならもとのおうちに残しそうですし)
良いお家が見つかりますように。

オウ。ブーさんの頭。なんかスペインかどこかで
市場にいったら剥いたブーさんがたくさん吊るしてあったのを
思い出しました。

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
太郎は人間よりも猫が好きだから、子猫のうちだったらよかったかなあ、です。
今増やすと、仰るように太郎のストレスも気になるし…で。
あと、相方が一人で世話する時のことを考えると増やせないです(-∀-;)
いくらもらいてが見つかるとはいえ、メス3匹未手術だったらと思うと…ですよね(>_<)

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
太郎が小さい時は、猫が好きな太郎のためにもう一匹欲しかったですが、
今こうやって長年一匹だけだったことを思うともう増やせないですねぇ。
(まあ、当時は、相方と姑に”二匹目なんて!”と猛反対されましたが、(-_-;))。

豚は、一匹丸々回転しながら焼かれてたんですよ~(´∀`;)
焼かれてしまうと、頭だけでもそこまで驚かなかった自分ですw

実演販売w
これは確かにそうだーーww
たぶん、今まで生まれても貰い手があったから手術もしないんでしょう。
こちらでは避妊手術はしない人がけっこういても、野良がいないし、子猫も落ちてないし、
そういった点では大きな心配はないのでしょうが、それでも手術してほしいですよねぇ(´・_・`)

コメントありがとうございます♪

★ゆりっぺさん
かわいいでしょう^^
茶色猫が特に好きな方にはたまらない光景じゃないかと思ってました(笑)。
そう、お母さん猫も美猫さんだし、他の二匹のメス猫さんもきれいですよね。

こちらは田舎の方だと、昔の日本のような飼い方が多いですねぇ。
ただ、助かるのは、野良がいないこと。
子猫が捨てられてたという話はまだ一度も聞いたことがありません。
その点はうまくいってるのかなあ?、です(休暇前に捨てるバカ者はいるようですが)。
猫が欲しいとなると、こちらではよく”農家でもらえる”とよく聞きますし、
私の周りにも実際農家から猫をもらってきたという人が何人かいます。

たぶん、貰い手もうまく見つかるとは思うのですが、ただ、保護施設にもたくさんの
猫がいることは事実なので、やっぱり手術してほしいなあと思いますねぇ。

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
こちらだと、猫が欲しいなら農家に行けと言うくらいなので、
やはり農家で飼われてる子は未手術が多いみたいです。
野良猫がいないから、それなりに貰い手はいるのかもしれないですね。
それでもやっぱり、手術はしてほしいなあと思ったり…。
田舎でも若者、そういえば普通に見られることに疑問にも感じてなかったです。
田舎方面に行くと、子供たちの行儀がよくて、それが気に入ってます(笑)。

コメントありがとうございます♪

★pilさん
6匹もいて、一匹以外はみんな茶色で、かわいいですよねぇ^^
ただ、メスが3匹で、今回は6匹も生まれてることを考えると、
やっぱり手術しないとなると後々のことが心配になってきます。
そのあたりの考えが、私たちとはちょっと違うのでしょうねぇ。

太郎の丸々としたお顔、豚さんよりも美味しいかも、ですよ~(;´▽`

コメントありがとうございます♪

★REIさん
子猫時代はもう一匹欲しいと私は思ってたけど、今はもう無理ですねぇ。
太郎、これでなかなか世話のかかる子なので(^^;
ここだと農家との繋がりも多く、宿泊客&レストラン客と、欲しい人は見つけやすそう。
ただ、3匹もメスってのが、みんな未手術だったらと思うと怖いですよね(>_<)

このアルムのチーズ、めちゃくちゃ美味しいんですよ!
私はEngalmのチーズが一番だと思ってたけど今はここのが私は好きです(あと、安い、笑)。
こっちの人はパンと一緒にがほとんどかな。私はアルコールのつまみにもよく食べます♪
豚の頭が並んだの…(^^;
生きてるのは、先日、Engalmで見ましたが、かわいかったです♪

方言、未だに全くよく分からないですが、今回のこれくらいだとなんとか、です(笑)。
バイエルンの国境まですぐ側の村なので方言も一緒でした。

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
太郎が子猫時代は私はもう一匹欲しかったんですが、今となっては、
太郎もなかなか手のかかる子なんでこれ以上は無理ですねぇ。
私がいない時は相方が世話だから、それを考えても無理だし。
実演販売には私も笑っちゃいましたよ!ww

顔出し、幼少時代にですが、オバQ、イヤミ、怪物くん…だったかな、
これらの絵の顔出しに姉二人と一緒に、3人で写真撮ったの思い出しますw
チーズは、ここのは安くて超美味しいので大量に買いました!

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
月は、私のコンデジではこんなにきれいには撮れないんですよぉ(涙)。

もし太郎が小さかったら、一匹もらってたかも…。
でも当時はお世話を頼んでた姑に「二匹目なんて!」とか言われちゃって(-_-;)
今では、太郎もなかなか手がかかるので、二匹目はもう無理ですが。
めんまちゃんまでの反応はないとは思いますが、一匹で室内が普通になってるので
太郎の性格からして他の猫と一緒には無理だろうなあと思います。
これが外でだと、他の猫には興味津々だけど、子猫はうざがるので…。
私も、この子猫たちはすぐに飼い主が見つかるのかなと思ってます。
そうでないと、どこかの時点で手術はしてるだろうし。
宿&レストランで来客多いし、プラス、周りは農家だらけだし。
それでもやっぱりメスが3匹もとか思うと、手術やってほしいと思っちゃいます(>_<)

豚さん、ここだと一匹だけぐるぐる回って焼かれてました(´∀`;)
たくさん吊るされたのは…、見ごたえありそうです(汗)。

子猫が6匹!!
かわいいですね (*^o^*)/ 
6匹全部がこの三毛猫さんの子供でしょうか!?
子育て本当にご苦労様です。
皆さん健康そうで綺麗な猫ちゃんですね。
うちのトラキチも6匹きょうだいでした。
次々と子猫が姿を消すので心配していましたが、どうやら近所の獣医さんが世話をしてもらわれていったようです。

他の大人猫も綺麗で健康そうです。人間がちゃんと世話をして大切にされているのだと思います。

太郎ちゃんは永遠のひとりっ子♪♪
タスも同じなんだにゃ~ byタス
お山の子ネコちゃんたち、カワイイ!!
お母さんたちも美人さんですね。
ネズミ算(?)的に増えていくのでしょうか?!

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
はい、全部この三毛猫さんからみたいですよ~^^
三毛猫さん自体もそんなに大きくなさそうなのに6匹も、すごいですよねぇ。
どの子猫も元気そうだしそしてかわいいし、欲しがる人はすぐに見つかりそうです。
でも3匹もメスがいるとこれを繰り返しそうで…と、見てる側は心配になっちゃいます。

トラちゃんも6匹きょうだいだったんですね。
太郎は3匹だったので、他の2匹もすぐに里親さんが見つかったようでした。
どの子にも幸せになってほしいけど、保護施設にいる猫も多いので、猫を飼いたい人は
そこから探せるように、おうちにいる子は手術してもらった方がいいかなあと思いました。

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
そうそう、永遠の一人っ子、その方がいつまでも王様だにゃ!by太郎
子猫はかわいいですけどね、私もここでグッと我慢です(^^;
スペース的にと、あと、その他もろもろの状況が許せばもう一匹とか思っちゃうけど(汗)。
ネズミ算的に!!(>_<)
でもここみたいに三毛猫3匹だとありえますね!
恐ろしい…(( ;゚Д゚))ブルブル


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1006-47835ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっと茂みから出てきたけど «  | BLOG TOP |  » 牛が麓に戻ってくる季節

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (521)
太郎とご近所猫(犬)さん (137)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (12)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (21)
庭の野鳥 (32)
日々のこと (88)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR