FC2ブログ
topimage

2019-10

山小屋の猫ちゃん - 2019.09.16 Mon

前回記事ではべスター君のしつこいゴロン姿をアップしましたが、太郎が私にしてくれるゴロンはもちろん嬉しい♪
「ほらっ、お世話係はこの姿に弱いもんにゃ~」  よく分かってらっしゃる!(´▽`
a1_20190916025623a18.jpg


「すんごいニヤニヤしてるにゃ」  目尻下がりっぱなしで撮影!(´ω`*)
a2_20190916025624ea3.jpg


「こんなので喜ぶとは、単純だにゃ~」 単純と呼ばれてもかまわないよっ!(*´∀`*)
a3_20190916025626cac.jpg
べスター君のゴロンは困るけど、太郎のゴロンは大歓迎なのでありました♪




ここからは、10日ほど前にやった山歩き中に見た猫さんの写真などを。

快晴だったこの日、360度の景色を楽しめる山まで歩いたのですが、山頂に到着前にこの山小屋の側でちょっとだけ休憩をしてました。
e1_201909160257031b3.jpg
山小屋までは林道のみで来られる簡単なコースです。麓からの差は約650mで、ベビーカーを押して来られてる人をここではよく見かけます。


この山まで歩くのは5回目だったのですが、この日初めて、山小屋の側で一匹の猫ちゃんを見かけたんです。
e2_20190916025707989.jpg
「猫がいる~、かわいい~」などと言ってたら、猫ちゃん、私の方へまっしぐら!


そしていきなり私の前でゴロン、です!(≧▽≦)
e3_20190916025709a2e.jpg
いっぱいナデナデしてあげました♪


山小屋は、宿泊と食事休憩が可能で一年中営業してるので、従業員の方の猫さんだと思います。
e4_20190916025710536.jpg
こちらではこうやって山小屋とかアルム小屋で夏の間は猫を連れてきて一緒に生活されてる方が多いようでよく見かけます。別荘などではなく、夏の間山の上で働く方々の猫、という意味です。


とっても人懐っこくてかわいい!茶トラ模様の子って本当にフレンドリーな子が多いですねぇ^^
e5_201909160257101cc.jpg


猫ちゃんが見つめる方へとこの後歩くことになります。
e6_20190916025711903.jpg


矢印部分が山頂でこの場所から約15分。
e7_20190916025713872.jpg
この猫ちゃんとずっと一緒にいるわけにもいかないので、残念だけどここでお別れして山頂へ。またいつかこの猫ちゃんに遇えるかな~。


そして下山の時、林道をひたすら歩きながら時々眺めも楽しんでたら、アルム小屋の前でも一匹の猫ちゃんがいるのを発見♪
e8_2019091602571451f.jpg


遠くからなのでボケボケです。このアルム小屋の若いお姉さんが放牧中の牛を集めるためにちょうど出て来られてました。
e9.png
なのでこの猫ちゃんも、夏の放牧期間中だけこのアルム小屋で暮らしてるのでしょう。


歩いてる途中は、最近よく見かけるベニテングタケも見つけました。
e10_20190916025720b49.jpg


そしてこの日印象的だったのは、麓の湖で久しぶりに見かけたガマの穂。
e11_2019091602572053e.jpg
ガマ(独:Breitblättriger Rohrkolben)


ずいぶん前に一度だけドイツでもガマの穂を別の場所で見たことあるのですが、ここでは初めてでした。
e12_2019091602572158d.jpg
ガマの穂を見ると、”因幡の白兎”を思い出します。このお話、小学校の教科書に載ってたのか、それとも本を借りて読んだのか、どっちだったのか?はっきりとは覚えてませんが、子供の頃、ガマの穂で本当に皮膚がよくなるのかとか、そんなことを思ってたのをあれこれと思い出してしまいました。








山歩きの様子はこちらにアップしています→クリックでジャンプします。

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↓のベスター君と言い、ややロン毛の茶トラさんといい、
アルペンさん、モテモテ~♪
太郎さん、サービスしとかないと!
お世話さん係ったら、モテてるから、太郎さんにメロメロだからって、
油断できないわよwww

そうそう、ガマの穂といえば、稲葉の白兎!
で、赤剥けのウサギさんを優しくガマの真綿でくるんで・・・の一節で、
ガマの穂って、ふかふかで柔らかい・・・と思ったんですよね
想像より、しっかりしてて、あらま~って子供心に思った記憶がw

こんにちわ。確かに蒲の穂は最近見なくなりました。水辺が減っているからでしょうか?
山でのネコなんて岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」でしか見たことないですが、実際に歩いているんですね。日本ではあまり無いでしょうね。

茶色い猫ちゃん、ほんとにお利口ですね(^O^)/
全然知らない人なのに、こんなにフレンドリーで。
山小屋の猫ちゃんだとすると、客商売なので接客サービスということですね。
立派な看板猫さんですねぇ^^¥

ガマの穂がドイツにもあるんですね。
日本でも稀にしか見られませんが、うちの近所にはあります。
”因幡の白兎”は子供の頃絵本を見たと思います。

太郎ちゃん、実は道路にゴロゴロしているのに、
色目でお世話係さんをメロメロにする高等術ですね。(ゴメン、甘えん坊なのね)
そういう時は手をだしても大丈夫なんですよね? (重ねてゴメン!)

茶トラさん、ブラッシングしたいですねえ。
そちらの猫ってフレンドリーな子が多いのかなあ。農家の猫なんかもフレンドリーですよね。 うちの茶白(ヒメ)は私以外には幻の猫です。
黒白君(さん)はタキシードを着ているみたい。 足が太くていかにも農家の猫さんという感じかな。



ゴロゴロクネクネ太郎ちゃん、可愛い!!
猫好きは単純なのよ〜(笑)

景色も素敵だし、赤ちゃん子供がいても楽しめる山って良いね〜
そして山にいる猫ちゃんも可愛いな。
構ってもらえる!ってまっしぐらだったのかしら?

オウ...なんてかわいい毛なまこ(褒め言葉)...
ふふふふ...へんな声が出ちゃいますよ太郎ちゃん。

山の猫さん、めんまと対極のなつっこさだわ。
ちょっと見てないところさかのぼって拝見してきまーす。

ふふふ、みんにゃalpenさん見るとゴロゴロしたくなっちゃうのかな~♪
お得~~~(笑)
そのうちに牛もゴロゴロしちゃうかも~www
茶色の子はモフモフ具合がステキ!

ガマの穂、ほんな。さんが硬いって書いてるけど
崩すと綿みたいな種がもわ~~~って広がるのよー
一度触って、収集付かなくなって慌てたのでよく覚えてるのw
それは学校の池に植わってたのよねー
野生のは見たことないかも~~~

コメントありがとうございます♪

★鍵コメ-09-16-09:34さん
べスター君が太郎にウーシャーしないならべスター君も遠慮なくかわいがれるんですけどねぇ(-∀-;)
太郎もべスター君見て時々とはいえ怒るので、ナデナデもできないです(-_-;)

そして、はいっ、山小屋の猫さんは遠慮なくナデナデできますw
こうやって他所の猫をナデナデすると、猫ってこんな生き物だったのか!…と新たな発見がw
太郎は撫でてても途中で絶対にパンチしてくるし、こういう甘え方はしないし…。
太郎がもしこういう環境にいたら狩り三昧になること間違いなし、です(;´▽`

コメントありがとうございます♪

★ほんなあほな。さん
猫にばっかりモテて、もしかして私、美味しいにおいでもしてるのかな(汗)。
こんな年齢になって言うのもなんだけど、若い頃、人間にもモテてみたかったー( ;∀;)
今の年齢では猫にモテる方が嬉しいかな(;´▽`

ガマの穂、触ってないんです!
触ればよかったー!!
だって、ふかふかで柔らかくて当然と思ってるので、触る必要もないと思ってしまって。
ししゅうねこさんのコメントを読んで、ますます触ればよかったと思ってしまいました(>_<)

コメントありがとうございます♪

★野付ウシさん
私も、日本で最後にガマの穂を見たのはいつだったか?、です。
見た目は好きな植物なんですが(^^;
ハイカー用の山小屋や、放牧が行われてるアルムのアルム小屋で猫はよく見かけますよ。
こちらならではかも、です。
翌年に行って、昨年見た子がまたいた~ってのも経験あります^^

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
山小屋やアルム小屋にいる猫は、逃げることはほとんどないけど、
こうやってフレンドリーに近づいてくる子もまた珍しいです。
いつもは大混雑のこの山小屋もこの日は平日で人が少なかったので、
それでこの猫ちゃんも外を満喫していたのかもしれません。

ガマの穂、日本でも見たことあるけど、いつ、どこでだったかは忘れました(汗)。
こちらだと、アウトバーンの側で普段行けない場所で見たことあります(^^;
因幡の白兎は、私はたぶん教科書に載ってたのを読んだような…、です。
(ググったら、やはり昔小学校の教科書に載ってたとあったので)。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
目がしっかりこっちを見てるので、これはもう私をメロメロにする気だと(笑)。
手、こういう時も出したら超危険です!!
99パーセント襲ってくるので、絶対に手を出したらダメですー!!(>_<)

茶トラさん、ボサボサだけどふわふわ気持ちよかったです(笑)。
私はつい癖で、マダニがいないか調べてしまってました(^^;
農家や山で見かける猫は、逃げることはほとんどないので、ヒトに慣れてるんでしょうね。
そうそう、家猫みたいに隠れてしまうというのは見たことないかも?
白黒さんは、私も「足が太いっ!」とずっと気になってました(笑)。
太郎も太かったけど、この子のも相当太いです。

コメントありがとうございます♪

★moguさん
太郎、私に甘えたい時はこの格好をよくするんだけどね、
この罠にはまって手を出すと、99パーセント襲われるから危ないよ(汗)。

いくら簡単な道とはいえ、この標高差をベビーカー押してくるドイツ人女性には感心しちゃうよ!
ちっちゃい子もたくさん歩いてるから、だからこっちの子供は強いのかも。
山小屋まできて猫ばかり見てるのも私くらいで、それが猫ちゃんには嬉しかったのかな(^^;

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
毛なまこ!!
好きです、この表現(笑)!!
というか見た目そのまんまで本当にいいですね♪
今後使わせてもらおうかな(笑)。

山の上に住んでる子で人見知りな子に遇ったことないんです。
やっぱりこういう大自然の中にいると猫もおおらかになるんでしょうかねぇ。

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
猫をゴロゴロさせちゃうの、素直に嬉しいのは嬉しいです(笑)。
でも他の子のそれは太郎に見られたら困るので、冷や汗垂らしながら見てることも(^^;
牛のゴロゴロ!!
やってくれたら撮影しなくてはー(笑)!

ガマの穂、普通に柔らかいと思ってたので触らなかったのですよ~。
話聞いてて、触ればよかったと大後悔!
綿みたいな種がもわ~っ、見てみたーい!!
いつかまたここを歩く機会あったら、次は絶対に触ります!
そして動画撮ります~(笑)。

山小屋のネコちゃんたち、カワイイ~
ホワホワ茶色ちゃんに、タキシードちゃん
みんな人懐っこいな~

コメントありがとうございます♪

★タスママさん
山小屋にいる猫さんは人懐っこい子が多いです^^
今日もちょっと山まで行って来たら、帰り、田舎のレストランで食事中、
お店の猫さんが私の隣に座ってきてびっくり(笑)。
やはりいい環境で育ってる子はフレンドリーな子が多いのかも(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/1001-384d7ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋めいてきました «  | BLOG TOP |  » べスター君に見つかるといつもこう

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (521)
太郎とご近所猫(犬)さん (136)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (10)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (19)
獣医さんでのこと (7)
失踪事件 (5)
キノコ (21)
庭の野鳥 (32)
日々のこと (88)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (12)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR