FC2ブログ
topimage

2020-02

アンモニャイト&チロルの雪景色 - 2020.02.21 Fri

とある日の夜、アンモニャイト姿で寝る太郎。
a1_20200219231734fa8.jpg


角度変えて撮影しようとしたらお顔を隠してしまいましたが、アンモニャイト姿はこの方がさまになるような♪
a2_20200219231735e2f.jpg


そしてまた別の日。お昼寝中の姿です。
a3_202002192317371ac.jpg


前方から撮影しようとしたらうっすらと目を開けましたが、
a4_20200219231738791.jpg


またすぐにそのまま寝てしまいました~。
a5_20200219231740115.jpg
見てるだけで癒されました(*´ω`*)





先週末、相方がチロル(オーストリア)までクロスカントリーをしに行くというので、私も久しぶりについて行ってお散歩を楽しんできました。
今年は暖冬で雪が降らないので近場のバイエルン内ではクロスカントリーを楽しめる場所もありませんが、チロルなら日によってはなんとか大丈夫。それでも今回訪れた村のスキー場は、今年は人工雪に頼ってる日もあるそうです。

うちから1時間ちょっとで国境を越えチロルへと入ります。
0_20200221011936137.jpg
このちょっと先に、昔は税関や検問所として使われてた建物があります。


到着したのは、アッヘンヒキルヒ(Achenkirch)という、標高916mある村です。
1_202002192317492db.jpg
昨年と同じ場所を散歩する予定でやってきましたが…。


山の雪も少ない!見えてる山は標高2千mちょっとあるんですが、山頂付近には緑が見えてる箇所も。
2_202002192317511d1.jpg


クロスカントリーコースの横にお散歩コースが作られてますが、ここもこんな感じ…。
3_20200219231752687.jpg
夏は牛が放牧されてる牧草地になります。


雪の状態もよくないし、ちゃんとした靴も履いてなかったので普通の道の上を歩くことにしました。
4_20200219231754707.jpg


アッヘン湖(Achensee)です。夏の間は遊覧船が走ってます。
5_20200219231755f09.jpg


奥に見えてる、右手前の山にスキー場があります。
6_202002192317573d4.jpg


雪だるまもだいぶ融けてきてますね。
7_2020021923175842e.jpg


こんなに雪が少ないのなら今年はいつもより早い時期から山歩きをスタートできるかなあと思ったのですが、足の裏の痛みがこの日も出てしまって、やっぱり今年もたくさん歩くのは無理だなと実感しました。
8_2020021923180005a.jpg

この日、犬と猫の撮影もやったので、また次回にでもアップします~。

テンションが高そうだった日 - 2020.02.19 Wed

森沿いの道を自転車に乗って買い物へ行く途中、春のお花が咲いてるのが見えました。
1_2020021823042575e.jpg


白いのはスノードロップ。
2_20200218230426503.jpg
Kleines Schneeglöckchen(Galanthus nivalis) ヒガンバナ科 スノードロップ、ユキノハナ


黄色いのはオオバナキバナセツブンソウ。
0_20200218231533fb4.jpg
Winterling(Eranthis hyemalis) キンポウゲ科 オオバナキバナセツブンソウ

↑、中央付近に咲いてる白いのはスノードロップではなくスノーフレークでした。
00_202002182315322e1.jpg
Frühlingsknotenblume, Märzenbecher (Leucojum vernum) ユリ科


過去記事でチェックしてると、これまでも既に2月後半で咲き出してはいるようなので暖冬だからもう…というわけではなさそうでした。
ただ、別の場所↓のセツブンソウの群生は、既に咲き終わりに近いのも多くて、それはまだ早過ぎるのでやはり暖冬のせいだろうなあと思いました。
4_2020021823042990e.jpg


そして前回記事のクラプフェンですが、あのパン屋のはちょっと豪華な感じもしますが、一般的には↓こんな感じのが多いです。Für Leckermäuler=甘党の人たちへ
112.jpg
うちの近所のスーパーので一個1ユーロで5個買えば一個無料でついてきます。前回記事のパン屋のクラプフェンは一個2.7ユーロで倍以上のお値段です(^^;
あんドーナツの餡子がジャムやクリームに変わったような、そんなお菓子です。



さて、太郎ですが、ちょうどひと月前の撮影でこの頃はまだ時々吐いてて調子が悪い日もあったのですが、この日は調子がよかったのか、まずはこんな姿を見ることができました。

「ここにジャンプしたい気分になったにゃ」 あらっ!久しぶりにそこに!
10_20200218230438ea9.jpg
ここへは、左に見えてるタワーからその右隣の棚の上へ、そしてそこからこちら側にジャンプしてます。壁と幅の問題があるせいか、太郎がいる場所から向こう側への棚の上へジャンプすることはありません。


そしてしばらく経って、
「さて、移動かにゃ」  タワーの上にジャンプする!?
11_202002182304403e3.jpg
太郎がいる棚の前にカウチがあるので、そこへ降りることもあります。


「よ~し、見ててにゃ!」  もちろん!カッコいいところ見せて~!
12_20200218230441718.jpg
しかし、撮影位置が近すぎたのか、せっかく連写の準備をしてたのにシャッターが下りず、ジャンプ最中の姿は撮れませんでした(T_T)


「うまく撮ってくれたかにゃ!?」  太郎ちゃん、ごめんね~~( ノД`)
13_20200218230443e3b.jpg


そしてその約一時間後、今度はハクロニシキの上に乗ってあたふたやってる太郎がいました(笑)。
6_20200218230434548.jpg


「ちっちゃい枝が邪魔だにゃ~」 ごめん、ごめん!暖かくなったら剪定するね(^^;
7_20200218230435126.jpg


「もう降りるにゃ」  足、気をつけてよ!無理しないでね~~(汗)。
8_20200218230436659.jpg


「これくらいは大丈夫だにゃ」  よかった、安心した~ε-(´∀`*)ホッ
9_20200218230437c07.jpg
関節の痛みがある太郎は高い場所へのジャンプはもう無理になってますが、これくらいはまだ大丈夫みたいです。

…と、こんな感じでなぜかテンションの高そうな一日だった太郎でした。


見張りから居眠りへ - 2020.02.17 Mon

1月のお天気がよかったとある日、うち方面へ歩いてきてたべスター君がその場でストップ。
1_202002162110286ff.jpg
今さらですが、このブログに出てくるご近所猫さんは皆”飼い猫”です。生粋の野良猫はドイツではまだ見たことありません。


「あんちゃんがあそこにいると進めないにゃあ…」 太郎の縄張りだから仕方ないね(笑)。
2_20200216211030411.jpg
テラスの端に太郎がいてべスター君に気づいてました。だからべスター君も進んで来れないというわけです。


「ここから見張りの方がよさそうだにゃ」  えっ!?もしかして…(汗)。
3_20200216211033cbe.jpg


「見張りには最適な場所だと思うにゃ」  下からでも十分よ~(汗)!
4_20200216211034ff4.jpg


「うん、やっぱりここからだにゃ」  ああっ、また潰しちゃうのね( ノД`)
5_20200216211036adb.jpg


「見張り台にはちょうどいい場所だにゃ」 それはそうだけど、シバザクラが~(T_T)
6_202002162110373dd.jpg
太郎の重さで乗られたらしっかり潰れてしまい、こんもりと元通りになるのは不可能(涙)。


「ほら、見張りが効いてあいつもこっちに来ないにゃ」 それはそうね( ;∀;)
7_20200216211038eed.jpg


「それにしても今日はいいお天気だにゃあ」 太郎ちゃん、見張りよっ、見張り(汗)!
8_202002162110402be.jpg


「今日はしょうがないにゃ。Uターンかにゃ」 今なら安全だと思うけどね(笑)?
9_20200216211041cb0.jpg


そしていつのまにか向きを変えてた太郎です。
「だって気持ちいいんだもんにゃ~、ここ」  あのー、見張りは…(´・_・`)
10_20200216211042fe5.jpg


「寝るのも猫の仕事らしいからにゃあ…」  確かにそうです(´∀`;)
11_202002162110434e6.jpg
でもできるならば室内でのんびり寝てほしいなあ。お天気がいい度にここで寝られたら、シバザクラは完全に潰れちゃいます(T_T)というか、もう完全に潰れてるので、このシバザクラがこんもりといい雰囲気で咲いてくれるのはあきらめました~(涙)。





さて、ドイツは今カーニバルシーズンで、テレビのスイッチを入れると仮装した人たちがたくさん並んでる番組もよく目にします。ちなみに私が住んでる地方ではカーニバルとは言わず、”ファッシング”という呼び名になります。

カーニバルのシーズンの食べ物といえばこれ、クラプフェンです。ちなみにクラプフェンもうちの地方独特の呼び名で、他では”ベルリーナー”などの呼び名になるお菓子です。
x7_20200216211054c70.jpg
揚げパンにジャムやクリームが入ってたりいろんなデコレーションがされてたり。私はドーナツがあまり好きではないので揚げパンも…と言いたいところですが、↑の店のクラプフェンだけは別♪見た目に惹かれるんですよねぇ(笑)。


二つ購入しました♪左は”ビーネンシュティヒ・クラプフェン”、右は”クッキークランチ・クラプフェン”。ビーネンシュティヒはドイツにあるケーキの一種。
x8_20200216211056d08.jpg
左はアーモンドカスタードクリーム、右はキルシュジャムとクッキーカスタードクリームがたっぷりと挟まれてます。総カロリーを想像しただけで…(;´▽`

二ついっぺんに食べてしまったらどうしよう…と、朝食に恐る恐る食べましたが、揚げパンにクリームたっぷりなのでさすがの私の胃も一個で満足となりました(笑)。昨年は大腸内視鏡検査の後に二個一気に食べてしまったので、たぶん二個は軽々いけると思ってましたが無理でした(笑)。

地下へのお供 - 2020.02.15 Sat

足の痛みがあるからか、それとも以前ほどの興味はなくなったのか、最近の太郎は地下室へ行くことが極端に減りました。玄関から外へ出ても、共同玄関方面へ進んでそこから外を眺めるだけで下へ行くことがあまりありません。太郎の中の地下室ブームが終わったのか、それとも、夏の暑い日になったらまた行くようにはなるかもしれません。地下室はものすごく涼しいんです。


ここからは一ヶ月ちょっと前の撮影です。久しぶりに地下へ行こうと誘われました。太郎ひとりでは行かないんですよ(^^;
「だってひとりでここに来ても、にゃあ」  うん、うん、寂しいのよねぇ( ̄ー ̄)
x1_20200215010502480.jpg


「寂しくもないにゃ!」  分かった、誰か来たら怖いからでしょ(・∀・)
x2_202002150105032bf.jpg


「勝手にあれこれ言ってるといいにゃ」  わざわざここでお手入れ?
x3_202002150105051db.jpg


「どこででもいいじゃにゃいか」  じゃあ、なおさらここでなくとも…(´・_・`)
x4_2020021501050663e.jpg
お手入れしている間もずーっと側にいてあげます(^^;


何をするでもなく、しばらくうろちょろするだけで私も早く上へ戻りたいので、あえて階段の側で待ちます。
「ここの角にスリスリも気持ちいいにゃ~」  その後はもう上へ戻ろうね^^
x5_202002150105080a6.jpg


「うちの中だけじゃつまんないもんにゃ」 だからといってここにずっといるのも…(-_-;)
x6_20200215010509d4a.jpg

で、なんだかんだいっても、太郎もずっとここにいるわけにはいかないと思うのか、上へ戻ってくれることになり、私のお供も終了になります。
そういえばたまになんですが、最近は夜中の2時とか3時にも玄関の外に出たがることがあり、「太郎ちゃん、それだけは勘弁!」となることがあります(-∀-;)私も一緒に来いと誘ってくるので…。
以前、たまにその要求も受け入れて真夜中にお供してあげたこともあるので、これは最初から「ダメ!」にしとけばよかったなあ、今もこうやりたがるのは私のせいだなあと反省です(^^;




コメント欄閉じてます。

投薬に苦労 - 2020.02.14 Fri

さて、ちょっと前にも書きましたが、太郎の便検査で、太郎のお腹には虫さんがいることが判明し10日間の投薬が必要となりました。
太郎には三か月に一回虫下しの錠剤を与えてますが、それでは駆虫できない虫だったようで別の薬が処方されました。ちなみに、通常の虫下しは”ミルベマックス”という錠剤で日本語でも情報がたくさん出てくるのですが、これはビーフフレーバーになってるようで、太郎もそのまま口にすることもありました。
しかし!今回処方された別の薬、これがまた大変でした(-∀-;)
投薬は、朝晩の二回、一錠を半分にしたのを与える必要がありました。この錠剤がすごくもろくて、注意して割らないと二等分にするのが難しく、そうなると口に直接投与も一回では済まなくなるので割り方から注意が必要でした。そしてもろいから、口から吐き出してしまうと再度口の中へ…が難しくなってしまいます。その前に粉々にしてウェットフードによ~く混ぜましたが、相当嫌な味がするようで、一口食べた後に様子がおかしくなりゲーッと吐いてしまいました(汗)。おやつに包むという方法ももちろん無理でした(涙)。

確実に投薬は口に直接しかないと思い、ネットであれこれと勉強しました。
そして投薬は私の係で、相方がそこにいれば相方は太郎が動きそうになったら補助に…でしたが、この補助がまた要領悪くて、結局は私一人で投薬の方がスムーズにいくことが分かったほどでした(-_-;)
おまけに、太郎が別の部屋へ逃げてしまった時に補助係が抱えて私のところへ連れて来たのがいけなかったようで、その時から太郎は相方を見たら急ぎ足で逃げるようになってしまい、これは相方が外から帰宅した時は毎回そうなってしまったほどでした(^^;
投薬するのは私だから太郎も私を見て用心はするものの、足早に別の部屋へ逃げることはなかったです(笑)。



さて、投薬三日目の様子ですが…、
これは投薬後に隠れてしまった太郎です。この時は投薬前に隠れるという知恵はまだありませんでした(笑)。
w1_20200211211218824.jpg


「無理やり口開けてまずいのを口の中に入れるんだもんにゃ!」 太郎ちゃんのためよ!
w2_202002112112194d2.jpg


投薬の後にいつもご飯をあげてたので、カリカリを差し入れしました。
「これはおいしいやつだにゃ」  もう安心していいから^^
w3_20200211211221c13.jpg


「騙されないからにゃ!まだ出ないにゃ!」 そこまで用心しなくても…(´・_・`)
w4_20200211211223406.jpg


「これは大丈夫かにゃ…」  大丈夫に決まってるじゃない!^^
w5_20200211211224c2f.jpg


「うん、大丈夫だったにゃ」  騙さないから大丈夫よ♪
w6_20200211211225b1f.jpg


しかし!翌日の朝の投薬時には、投薬前に既に隠れてしまってた太郎でした(;^ω^)
「この時間は危ないにゃ」  太郎ちゃん、賢いなあ…。
w7_20200211211227f0a.jpg


「今日はお世話係が諦めるにゃ」  上手にしてくれればあっという間に終わるよ?
w8_20200211211228ed7.jpg


「それでもイヤなものはイヤだにゃ」  じゃあ、ご飯食べられないよ?
w9_2020021121123039a.jpg
ご飯の前に投薬してました、食べた後だとすぐに他の部屋へ逃げてしまうので。

この時は私はいったん他の部屋へ行きました。で、相方が太郎を見てたので、出てきた時に教えてもらって、そこを狙って投薬しました。これ以降は、隠れる前につかまえて投薬しましたが、必要でない時も隠れるようになってしまった太郎です(-∀-;)


そして投薬は今は終わってますが、朝晩、まだまだ太郎は自主的に隠れてます(笑)。
投薬が終わって10日目以降の便をまた持ってきてくれと言われてます。腸炎のことについては、またそれ以降に決めることになってます。
まずは、太郎のお腹の虫がいなくなっていますように…。

滑り台を楽しむ - 2020.02.12 Wed

今週は週初めからハリケーンがやってきて、”時速120㎞の風が吹く”とか予想されてて数日前から大騒ぎしてたようなんですが、うちの方は幸い、強風は吹くものの大きな被害は周りでは見られず、思ったほどひどくなくて大丈夫でした。強風は金曜日まで続く予報になってるので、まだ時々風は強いです。
それよりも、そんな強風の中の大雨と雪が大変でした。近所のスーパーに行った時にあまりにも雨が降るのでつい傘を差したら数秒で壊れてしまうし、今日は今のうちなら大丈夫かなと郵便局に荷物を受け取りに行ったらその間だけあられ混じりの雨が降ってべちゃべちゃに濡れるわ顔に当たって痛いわで散々でした(涙)。
そういえば月曜日は強風ということで、DHLによる荷物の配達がなくて、ネットで注文した品の小包みが郵便局に持ち込まれてしまったんです。それなら少しは風が落ち着いた翌日に配達してくれればいいのに、その日に配達が不可能となると理由はなんであれ受け取り人が受け取りに行く羽目になってしまいます(汗)。不在でそうなるのなら分かるけど…。
いつかは、”時間内に配達することができませんでした。最寄りの郵便局に受け取りに来てください”…ということもあり、さすがドイツ、最後まで配達して仕事終了ではなくて時間になれば配達もそこで終了にするんだ、あとは”荷物取りに来てね”になるんだ~と変に感心したことがありました。あと、DHLではなく、郵便局配達員での配達になると、最初から荷物を持ってこず、”取りに来てください”の紙を郵便受けに入れられてることはしょっちゅうです(汗)。
荷物の紛失とか、日本からの荷物は返送されたりとか、そんなのがなくて無事に受け取れればいいや~と、段々とこちら側の気持ちも変わってはきますけどね(;^ω^)
でもお天気が悪い中荷物を受け取りに行って、ああ、やっぱり日本の宅配業者さんってサービス満点なんだなあと改めて実感してしまいました。





さて、ここからはお天気が良かった日の撮影です。最近の太郎、お天気がいい日はここでのんびりすることが多いんです。

「猫も遊んでいいんだよにゃ?」 ダメなことはないと思うけど…(´∀`;)
a1_20200211234116a75.jpg
誰もいない時限定ではあるけれど、滑り台のこの場所が最近のお気に入りになったようです。


「この高い場所もいいかもにゃ」 滑ってくれることを期待して私は反対側へ!
a2_20200211234117bda.jpg


「お世話係がしつこく呼んでるにゃ」 太郎ちゃん!そこからこっちへ降りてきて!
a3_20200211234119df4.jpg


「どうしよっかにゃ~」  一回降りてまた登ればいいのよ!(*^^*)
a4_20200211234120de8.jpg


「こっち側が楽しいにゃ」  残念~~( ノД`)
a0_20200211235151847.jpg


散歩へ出かけようとしてた相方が太郎へと近づいてきました。相方が手を出そうとしたら、太郎はやる気満々の顔!
「かかってこいにゃ!」  太郎ちゃん、撫でたかっただけみたいよ?
a5_20200211234122224.jpg


「撫でられなくてもいいにゃ」  むやみに撫でられるのも苦手よね(´∀`;)
a6_20200211234123435.jpg


そして相方がまた撫でようとしてたのですが、
a7_202002112341250f9.jpg


「もっとしっかりかかってこいにゃ!」 だいたいこうなるので危ないです(-∀-;)
a8_2020021123412635f.jpg


「ここでスリスリも気持ちいいにゃあ」  角が好きだもんねぇ。
a9_202002112341282f7.jpg

ということで、人間の子供たちとはまた違った使い方で滑り台を楽しむ太郎でありました。

上から見られる太郎 - 2020.02.10 Mon

ひと月ちょっと前のお天気がよかった日、いつものように出発です。
「快晴だにゃ~」  いつものお気に入りの場所に行きますか?
a1_20200210015226aaf.jpg


「そうそう、午前中のこの時間はあそこが日が当たって気持ちいいにゃ」
a2_20200210015228d40.jpg
他所様のお庭の端の方になりますが、そこがお気に入りのスポットでそこでよく毛繕いしたりする太郎。そこへ行っちゃうと私は何もすることがないのですぐに自宅へUターンになることがほとんどですが、とりあえず途中までお供です。


そんな太郎を、上から見つめる長毛黒猫さんが一匹。
a3_20200210015229768.jpg


写ってはいませんが、太郎は左奥の方にいます。
a4_2020021001523163e.jpg


「さあて、次の場所に進むかにゃ~」 太郎ちゃん!上から見られてるよ!
a5_202002100152345d9.jpg


しかし太郎は全く気づくことがなく、思うがままに進みます。
「こういうごちゃごちゃしたところが気になるんだよにゃあ」 何かいそうだもんね(笑)。
a6_202002100152342e5.jpg
遠くにいる犬、猫にはものすごく敏感ですが、上の階にいるのは気にならないというか気づかない太郎でした。過去にも何度かこうやって見られてますが、全く気づくことはありませんでした。


今日は私が出先で、下にいる猫さんを私が上から見つめることに♪
000_20200210015225f65.jpg
私が「猫だ、猫だ!」と騒いでしまったので、この猫さんはじーっと私を見つめてくれました^^



ところで、ずいぶん前ですが、夕方ちょっと暗くなってる時に太郎と一緒に外を歩いてたら、太郎がいきなり尻尾をピンと立てて、前から歩いてくる女性の方へと走って行ったんです。暗かったので私にはその人が女性とは分かる程度。「太郎ちゃん、待って、待って!」と私も小走りで太郎を追いかけました。
太郎はその女性の前で止まって、その女性が太郎をちょっとだけ撫でて、太郎も「あっ!知らない人だにゃ!」にはなったのですが、ちょっと緊張した感じだけで怖がってはいませんでした。
私がその女性に、「この子、普段は人を怖がってこんなことしないんです~」と言ってたら、その方、私たちのことを知ってました。話してみると、↑の黒猫さんちの飼い主さんだったんです。2年前に太郎が他所のお宅に入ってしまってちょっとした事故に遭った時に、この奥さんのご主人が相方に「〇〇先生(うちもお世話になってる獣医さん)のところは土曜日の今の時間も診察してるから!」とすぐに教えてくれて、それで相方も迷わずに太郎をそこへと連れて行くことができたので、それでこの奥さんも太郎のその事故のことをご存知でした。

「うちも猫を飼ってるから~」と笑顔で私に話してくれて、それで太郎はこの方が猫好きだと分かって思わず近寄ったんでしょうね^^
黒猫さんはオスで5歳だと、その後こうやって太郎と私が散歩してる時にベランダから黒猫さんを見せて教えてくださいました。

人見知りの太郎はたまにこうやって知らない人に急に近づこうとすることがあります。今回のこれで、やっぱり相手が猫好きだと分かって近づこうとするのかな?と思いました。

キッカーに慰めてもらう - 2020.02.08 Sat

夕食中に太郎が私の横をうろちょろしても、その時は椅子から離れず「ちょっと待っててね~」とナデナデしてあげるだけのことが多いです。そんな時、太郎はほぼ決まってキッカーの方へ行ってキッカー相手に自分を慰めてます(笑)。

「お世話係が相手してくれない時はこっちだにゃ」 二つ一緒に抱えてた!
1_20200208005650f19.jpg


「こんなにかわいいボクなのに椅子から動かないにゃ」 思わず席から立って撮影です(笑)。
2_20200208005652d38.jpg


「キッカーちゃんたちに慰めてもらうにゃ~」 二つ一緒だと寂しくないね~(´ω`*)
3_20200208005653b76.jpg


「お世話係よりこっちだよにゃあ」 私がご飯食べてる時だけ、ね(笑)。
4_20200208005655483.jpg


とにかく夕食中はこんなふうにキッカーを抱えてネロネロやってることが多いのです。
カメラ向けると動きを止めることも多いけど、また別の日、この時はそのままの動きで撮影できました。
5_2020020800565637e.jpg


「いっぱい舐めて優しくしてあげるんだにゃ」 私に対してよりも優しそう…(´・_・`)
6_2020020800565846d.jpg


舐めてる様子、動画に撮りました。48秒


私の夕食中はこのキッカーちゃんたちに太郎のお相手をいつも頼まなければならないのでありましたー。




コメント欄閉じてます。

久々舌出し&初めての鳥 - 2020.02.07 Fri

太郎は以前は舌の出しっ放し(しまい忘れ?)がしょっちゅうでしたが、最近はあまりありません。
それが久々に出してたもんだから慌てて撮影!
1_202002062303560f1.jpg
あまりにも慌ててブレブレに(汗)。


すぐにしまってしまうかと思ったらそのままだったので続けて撮影~。
2_202002062303578f9.jpg
目はトロトロ状態だけど舌はそのまま~(´ω`*)


「眠いんだにゃ…」 撮られるだけ撮ろうと、とにかくシャッターを押します(笑)。
3_20200206230359692.jpg


「前の前でうざいかもにゃ…」  向きを変えられてしまいました(´・_・`)
4_20200206230401d61.jpg


しかし!舌はそのままでした~~(*´∀`*)
5_2020020623040290b.jpg


人間の舌の感覚で見るとわざわざ無理に出してるようにも見えちゃうけど、猫のこれは違うんでしょうねぇ。
6_20200206230403283.jpg
ほんのちょっとの舌出しではあるけど、久々に見られて嬉しかったです♪


それから、庭の鳥の餌場に今まで見たことのない鳥がやってきてたので窓越しにこれも慌てて撮影です。
a7_202002062304145a7.png
尻尾が長いので、「初めての鳥だ!」になりました。


”エナガ(独:Schwanzmeise)”のようですね。
a8_202002062304197ee.png
あれこれ調べてても頭の白いエナガの写真が多かったので最初は別の鳥かと思ってましたが、頭にこうやって黒い柄が入ってる写真も後から確認できたのでやっぱりエナガっぽいです。
この鳥もなかなかかわいいですね。もっとやってきてくれないかなあ♪




今日は先週歯医者で型取りした歯のクラウンのセットで予約があったので、やっと普通に食事、歯磨きができるようになるからよかったと思ってたのに、クラウンがきれいに合わなくて型を取りなおし、もう一週間仮歯のままになりました(-_-;)
型を取りなおすためにまたまた麻酔を打たれてしまい(型を取る前の準備で必要)、診察が終わったのがちょうどお昼の12時でお腹が空いてる時にまたしばらく何も食べられずに悲しかったです(;_;)
今回は上顎だけ麻酔で、打たれた量もしっかりチェック(笑)!カートリッジ半量打たれてて、歯肉を扱われてる時に”痛っ!”と感じることもあったので、これで4時間ちょっとしっかり効いたままとは、私はどうも麻酔が浅く長く効くタイプなのかもしれません(^^;先週の治療では6時間ちょっと効いたままでした。
口腔内麻酔は、短時間の効果で治療中にしっかり効く…の方がいいですね。さて、次回はちゃんとクラウンが合いますように(-人-)

緊急避難&初おにぎり - 2020.02.05 Wed

1月始めの撮りだめの画像から…。


ふと外を見ると、太郎がハクロニシキの上に。
e1_20200203231249e30.jpg


一方向をずっと見つめてます。何があったのか?
e2_20200203231251785.jpg
昨年適当に剪定したらよけいもさもさになりました(-∀-;)


私も外に出ましたが、まだ同じ方向を見つめたままです。
e3_20200203231254909.jpg


「あれは危ないやつだにゃ」  誰かいる?
e4_20200203231255c0c.jpg


太郎が見つめてる方向を見てみると、リード無しの犬でした。写ってないけど飼い主さんも近くにいます。
e5_20200203231257b4b.jpg


太郎には気づかなくてよかったです。
e6_2020020323125783b.jpg
太郎もリードあり、無しの犬の違いもある程度分かってるようで、例えば、近所の大型犬相手には緊張はするけど慌てて逃げることはありません。その犬が、いつもリードありで散歩してて自分の近くに来ることはないともう分かってるようです。

そういえば先週だったかな、太郎と一緒に歩いてる時に前方からご年配の女性と一匹のパグ犬が私たちの方向へと歩いてきてたんです。通常なら、相手がどんなに小さい犬であろうと用心する太郎ですが、この時は見間違えたのか、犬(もしくは女性)の方へと尻尾をピンと上げて近寄って行ってしまいました(´∀`;)
「太郎ちゃん、それ、違う~!」と私が言った後、「犬だにゃ!」になって慌てて逃げた太郎(-∀-;)
パグも太郎に気づいてわさわさとやってきましたが(リード無しでした)、私が一応太郎の前に立って防御したのと、犬自体はただ単に太郎に興味があって見たいだけのようだったし、パグも年取ってるのか、私を突破することもできずにそれがおかしくて笑える状況ではあったのでよかったですが(^^;

いずれにせよ、相手が小型犬でも、すぐに避難できるように太郎には気をつけてもらいたいなと思ってしまいました。





さて、話は変わりますが、ドイツの普通のスーパーでもお寿司が買えます。
t0_20200204221106715.jpg
ただし、日本レベルのお寿司を期待してはいけません!ご飯はぎゅうぎゅうに押しつぶされてて”おはぎか!?”と思えるレベルだし、具材は、日本のお寿司には入ってないものが入ってたり。ご飯に全く合わなくて、私が思わず口から吐き出しそうになったのはチーズですかねぇ…。
こういうお寿司は、”パン、麺類に飽きた。簡単にご飯粒食べたい”、そんな時に食べられるかなレベルです。日本からの旅行者を含め、普段から和食中心に食べてる方にはお勧めできません、とにかくレベルが低いので(^^;



そして、なんとつい最近ですが、おにぎりも販売されるようになってびっくり!
a8_20200203231334b6e.jpg
ただし、こんな感じのもあったりで、これだけでドン引きですが(-∀-;)


そして今日、またその売り場を見てて、一度試してみたくなってしまいました(笑)。
t1_20200204221108a3f.jpg
ちなみに、茶色は”シイタケ、醤油”、ピンクのは”サーモン、枝豆”、黄色は”卵、きゅうり”、青は”ツナ、パプリカ”…となってます。


値段は分からなかったのですが、一度だけならいいかなと、レジで支払いした後にレシート見たら一個2.99ユーロ!!今のレートで約360円。高っ!!
購入したのは”サーモン、枝豆”のおにぎり。開封の仕方は読まずともできる日本人なのでそのまま開封。そしてビックリ、思わず撮影です(^^;
t2_20200204221109751.jpg
真ん中に具材が入ってるのかと思いきや、混ぜご飯風になってました(笑)。いえ、そういうのも日本でもあると思うので、これはそこまで大きな問題ではないけど…。
もう一つびっくりというか、予想できなかった私が悪いのだけど、お寿司と同じでご飯がぎゅうぎゅうに握られてべちゃべちゃになってました(笑)。
ま、でも、食べられないことはないし…で食べてみると、あらっ、やっぱりドイツ在住年数も二桁になってしまうとこう感じちゃうようになるんですかねぇ、味はそんなに悪くないかもと思いながら食べてしまいました(;´▽`
ちょっと酢がきいててお寿司っぽい感じもしたかな(笑)。あ、お寿司とおにぎりの大きな違いはドイツの人にはあまりないのでしょうかね?

でもこれはもう買わないかな~。だって、値段が高過ぎます!正直、2.3ユーロくらいかなあと思って買い物カゴに入れたんですけどねぇ(笑)。3ユーロの値段だったら別のもの買いたいかなあ…。

余談ですが、このお寿司、おにぎりのメーカーの名前が”nastu foods”になってるのが見えると思います。これ、以前は、”Tsunami Sushi”という名前の会社だったんです。それが2011年の東日本大震災の後、すぐに変更されました。なんでも、”Tsunami”という単語を使ってることで、震災後、あたかもこの会社もその震災に責任があるかのような抗議のメールを送ってくる人がたくさんいたから、だそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (556)
太郎とご近所猫(犬)さん (150)
お出かけ(山歩き関連) (47)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (36)
お出かけ(チロル) (13)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (9)
失踪事件 (5)
キノコ (22)
庭の野鳥 (37)
日々のこと (93)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QR