FC2ブログ
topimage

2020-02

上から見られる太郎 - 2020.02.10 Mon

ひと月ちょっと前のお天気がよかった日、いつものように出発です。
「快晴だにゃ~」  いつものお気に入りの場所に行きますか?
a1_20200210015226aaf.jpg


「そうそう、午前中のこの時間はあそこが日が当たって気持ちいいにゃ」
a2_20200210015228d40.jpg
他所様のお庭の端の方になりますが、そこがお気に入りのスポットでそこでよく毛繕いしたりする太郎。そこへ行っちゃうと私は何もすることがないのですぐに自宅へUターンになることがほとんどですが、とりあえず途中までお供です。


そんな太郎を、上から見つめる長毛黒猫さんが一匹。
a3_20200210015229768.jpg


写ってはいませんが、太郎は左奥の方にいます。
a4_2020021001523163e.jpg


「さあて、次の場所に進むかにゃ~」 太郎ちゃん!上から見られてるよ!
a5_202002100152345d9.jpg


しかし太郎は全く気づくことがなく、思うがままに進みます。
「こういうごちゃごちゃしたところが気になるんだよにゃあ」 何かいそうだもんね(笑)。
a6_202002100152342e5.jpg
遠くにいる犬、猫にはものすごく敏感ですが、上の階にいるのは気にならないというか気づかない太郎でした。過去にも何度かこうやって見られてますが、全く気づくことはありませんでした。


今日は私が出先で、下にいる猫さんを私が上から見つめることに♪
000_20200210015225f65.jpg
私が「猫だ、猫だ!」と騒いでしまったので、この猫さんはじーっと私を見つめてくれました^^



ところで、ずいぶん前ですが、夕方ちょっと暗くなってる時に太郎と一緒に外を歩いてたら、太郎がいきなり尻尾をピンと立てて、前から歩いてくる女性の方へと走って行ったんです。暗かったので私にはその人が女性とは分かる程度。「太郎ちゃん、待って、待って!」と私も小走りで太郎を追いかけました。
太郎はその女性の前で止まって、その女性が太郎をちょっとだけ撫でて、太郎も「あっ!知らない人だにゃ!」にはなったのですが、ちょっと緊張した感じだけで怖がってはいませんでした。
私がその女性に、「この子、普段は人を怖がってこんなことしないんです~」と言ってたら、その方、私たちのことを知ってました。話してみると、↑の黒猫さんちの飼い主さんだったんです。2年前に太郎が他所のお宅に入ってしまってちょっとした事故に遭った時に、この奥さんのご主人が相方に「〇〇先生(うちもお世話になってる獣医さん)のところは土曜日の今の時間も診察してるから!」とすぐに教えてくれて、それで相方も迷わずに太郎をそこへと連れて行くことができたので、それでこの奥さんも太郎のその事故のことをご存知でした。

「うちも猫を飼ってるから~」と笑顔で私に話してくれて、それで太郎はこの方が猫好きだと分かって思わず近寄ったんでしょうね^^
黒猫さんはオスで5歳だと、その後こうやって太郎と私が散歩してる時にベランダから黒猫さんを見せて教えてくださいました。

人見知りの太郎はたまにこうやって知らない人に急に近づこうとすることがあります。今回のこれで、やっぱり相手が猫好きだと分かって近づこうとするのかな?と思いました。

キッカーに慰めてもらう - 2020.02.08 Sat

夕食中に太郎が私の横をうろちょろしても、その時は椅子から離れず「ちょっと待っててね~」とナデナデしてあげるだけのことが多いです。そんな時、太郎はほぼ決まってキッカーの方へ行ってキッカー相手に自分を慰めてます(笑)。

「お世話係が相手してくれない時はこっちだにゃ」 二つ一緒に抱えてた!
1_20200208005650f19.jpg


「こんなにかわいいボクなのに椅子から動かないにゃ」 思わず席から立って撮影です(笑)。
2_20200208005652d38.jpg


「キッカーちゃんたちに慰めてもらうにゃ~」 二つ一緒だと寂しくないね~(´ω`*)
3_20200208005653b76.jpg


「お世話係よりこっちだよにゃあ」 私がご飯食べてる時だけ、ね(笑)。
4_20200208005655483.jpg


とにかく夕食中はこんなふうにキッカーを抱えてネロネロやってることが多いのです。
カメラ向けると動きを止めることも多いけど、また別の日、この時はそのままの動きで撮影できました。
5_2020020800565637e.jpg


「いっぱい舐めて優しくしてあげるんだにゃ」 私に対してよりも優しそう…(´・_・`)
6_2020020800565846d.jpg


舐めてる様子、動画に撮りました。48秒


私の夕食中はこのキッカーちゃんたちに太郎のお相手をいつも頼まなければならないのでありましたー。




コメント欄閉じてます。

久々舌出し&初めての鳥 - 2020.02.07 Fri

太郎は以前は舌の出しっ放し(しまい忘れ?)がしょっちゅうでしたが、最近はあまりありません。
それが久々に出してたもんだから慌てて撮影!
1_202002062303560f1.jpg
あまりにも慌ててブレブレに(汗)。


すぐにしまってしまうかと思ったらそのままだったので続けて撮影~。
2_202002062303578f9.jpg
目はトロトロ状態だけど舌はそのまま~(´ω`*)


「眠いんだにゃ…」 撮られるだけ撮ろうと、とにかくシャッターを押します(笑)。
3_20200206230359692.jpg


「前の前でうざいかもにゃ…」  向きを変えられてしまいました(´・_・`)
4_20200206230401d61.jpg


しかし!舌はそのままでした~~(*´∀`*)
5_2020020623040290b.jpg


人間の舌の感覚で見るとわざわざ無理に出してるようにも見えちゃうけど、猫のこれは違うんでしょうねぇ。
6_20200206230403283.jpg
ほんのちょっとの舌出しではあるけど、久々に見られて嬉しかったです♪


それから、庭の鳥の餌場に今まで見たことのない鳥がやってきてたので窓越しにこれも慌てて撮影です。
a7_202002062304145a7.png
尻尾が長いので、「初めての鳥だ!」になりました。


”エナガ(独:Schwanzmeise)”のようですね。
a8_202002062304197ee.png
あれこれ調べてても頭の白いエナガの写真が多かったので最初は別の鳥かと思ってましたが、頭にこうやって黒い柄が入ってる写真も後から確認できたのでやっぱりエナガっぽいです。
この鳥もなかなかかわいいですね。もっとやってきてくれないかなあ♪




今日は先週歯医者で型取りした歯のクラウンのセットで予約があったので、やっと普通に食事、歯磨きができるようになるからよかったと思ってたのに、クラウンがきれいに合わなくて型を取りなおし、もう一週間仮歯のままになりました(-_-;)
型を取りなおすためにまたまた麻酔を打たれてしまい(型を取る前の準備で必要)、診察が終わったのがちょうどお昼の12時でお腹が空いてる時にまたしばらく何も食べられずに悲しかったです(;_;)
今回は上顎だけ麻酔で、打たれた量もしっかりチェック(笑)!カートリッジ半量打たれてて、歯肉を扱われてる時に”痛っ!”と感じることもあったので、これで4時間ちょっとしっかり効いたままとは、私はどうも麻酔が浅く長く効くタイプなのかもしれません(^^;先週の治療では6時間ちょっと効いたままでした。
口腔内麻酔は、短時間の効果で治療中にしっかり効く…の方がいいですね。さて、次回はちゃんとクラウンが合いますように(-人-)

緊急避難&初おにぎり - 2020.02.05 Wed

1月始めの撮りだめの画像から…。


ふと外を見ると、太郎がハクロニシキの上に。
e1_20200203231249e30.jpg


一方向をずっと見つめてます。何があったのか?
e2_20200203231251785.jpg
昨年適当に剪定したらよけいもさもさになりました(-∀-;)


私も外に出ましたが、まだ同じ方向を見つめたままです。
e3_20200203231254909.jpg


「あれは危ないやつだにゃ」  誰かいる?
e4_20200203231255c0c.jpg


太郎が見つめてる方向を見てみると、リード無しの犬でした。写ってないけど飼い主さんも近くにいます。
e5_20200203231257b4b.jpg


太郎には気づかなくてよかったです。
e6_2020020323125783b.jpg
太郎もリードあり、無しの犬の違いもある程度分かってるようで、例えば、近所の大型犬相手には緊張はするけど慌てて逃げることはありません。その犬が、いつもリードありで散歩してて自分の近くに来ることはないともう分かってるようです。

そういえば先週だったかな、太郎と一緒に歩いてる時に前方からご年配の女性と一匹のパグ犬が私たちの方向へと歩いてきてたんです。通常なら、相手がどんなに小さい犬であろうと用心する太郎ですが、この時は見間違えたのか、犬(もしくは女性)の方へと尻尾をピンと上げて近寄って行ってしまいました(´∀`;)
「太郎ちゃん、それ、違う~!」と私が言った後、「犬だにゃ!」になって慌てて逃げた太郎(-∀-;)
パグも太郎に気づいてわさわさとやってきましたが(リード無しでした)、私が一応太郎の前に立って防御したのと、犬自体はただ単に太郎に興味があって見たいだけのようだったし、パグも年取ってるのか、私を突破することもできずにそれがおかしくて笑える状況ではあったのでよかったですが(^^;

いずれにせよ、相手が小型犬でも、すぐに避難できるように太郎には気をつけてもらいたいなと思ってしまいました。





さて、話は変わりますが、ドイツの普通のスーパーでもお寿司が買えます。
t0_20200204221106715.jpg
ただし、日本レベルのお寿司を期待してはいけません!ご飯はぎゅうぎゅうに押しつぶされてて”おはぎか!?”と思えるレベルだし、具材は、日本のお寿司には入ってないものが入ってたり。ご飯に全く合わなくて、私が思わず口から吐き出しそうになったのはチーズですかねぇ…。
こういうお寿司は、”パン、麺類に飽きた。簡単にご飯粒食べたい”、そんな時に食べられるかなレベルです。日本からの旅行者を含め、普段から和食中心に食べてる方にはお勧めできません、とにかくレベルが低いので(^^;



そして、なんとつい最近ですが、おにぎりも販売されるようになってびっくり!
a8_20200203231334b6e.jpg
ただし、こんな感じのもあったりで、これだけでドン引きですが(-∀-;)


そして今日、またその売り場を見てて、一度試してみたくなってしまいました(笑)。
t1_20200204221108a3f.jpg
ちなみに、茶色は”シイタケ、醤油”、ピンクのは”サーモン、枝豆”、黄色は”卵、きゅうり”、青は”ツナ、パプリカ”…となってます。


値段は分からなかったのですが、一度だけならいいかなと、レジで支払いした後にレシート見たら一個2.99ユーロ!!今のレートで約360円。高っ!!
購入したのは”サーモン、枝豆”のおにぎり。開封の仕方は読まずともできる日本人なのでそのまま開封。そしてビックリ、思わず撮影です(^^;
t2_20200204221109751.jpg
真ん中に具材が入ってるのかと思いきや、混ぜご飯風になってました(笑)。いえ、そういうのも日本でもあると思うので、これはそこまで大きな問題ではないけど…。
もう一つびっくりというか、予想できなかった私が悪いのだけど、お寿司と同じでご飯がぎゅうぎゅうに握られてべちゃべちゃになってました(笑)。
ま、でも、食べられないことはないし…で食べてみると、あらっ、やっぱりドイツ在住年数も二桁になってしまうとこう感じちゃうようになるんですかねぇ、味はそんなに悪くないかもと思いながら食べてしまいました(;´▽`
ちょっと酢がきいててお寿司っぽい感じもしたかな(笑)。あ、お寿司とおにぎりの大きな違いはドイツの人にはあまりないのでしょうかね?

でもこれはもう買わないかな~。だって、値段が高過ぎます!正直、2.3ユーロくらいかなあと思って買い物カゴに入れたんですけどねぇ(笑)。3ユーロの値段だったら別のもの買いたいかなあ…。

余談ですが、このお寿司、おにぎりのメーカーの名前が”nastu foods”になってるのが見えると思います。これ、以前は、”Tsunami Sushi”という名前の会社だったんです。それが2011年の東日本大震災の後、すぐに変更されました。なんでも、”Tsunami”という単語を使ってることで、震災後、あたかもこの会社もその震災に責任があるかのような抗議のメールを送ってくる人がたくさんいたから、だそうです。

通院翌日から好調 - 2020.02.03 Mon

年明けからの撮りだめ画像があれこれとあるけれど、今回は獣医さんに行った日の翌日の画像からアップです。

それまではなんとなく元気がなくて、ご飯もほとんど食べられない、猫ミルクも飲まない、寝てても突然の吐き気で目が覚めて起きてゲーッと吐いてしまう…ということを時々繰り返してた太郎ですが、1月22日に思い切って獣医さんに連れて行って注射をしてもらった翌日からは、見た目にも調子がよくなってるのが確認できました。

なんだかにっこりと笑ってるようにも見えて思わず撮影した一枚です^^
q1_2020020300383623f.jpg


「今日は気持ちよくお昼寝できそうだにゃ」   そう?よかった~^^
q2_2020020300383876a.jpg
穏やかな表情をしてて私もすごく嬉しくなってしまいました。


外へ出るのもいつもより気分よく歩けました。
q3_202002030038403dc.jpg


いつもだと枯れ葉が積もってる場所で…。
「オチリが冷たいにゃー」  わざわざ雪の上でしなくても…(^^;
q4_202002030038412d7.jpg


「しっかり被せとかないとにゃ!」  しつこいほど被せてました。
q5_20200203003843344.jpg


そしてうちに戻ってからは久しぶりに猫ミルクをたっぷり飲みました!
「昨日までは美味しいと思えなかったんだよにゃあ」 よかった、また飲めて(ノω・、`)
q6_2020020300384465b.jpg


「元気になった気がするにゃ」  よかった、よかった!
q7_20200203003846b56.jpg


「ご飯も美味しく食べられるようになったにゃ」  本当に安心したよ~(;_;)
q8_20200203003847afe.jpg
この後、猫ミルクを飲んだ後のゲップを久々に聞いて、またまた嬉しくなってしまいました。


そんな太郎ですが、この一週間後にまた獣医さんに行ってますが、それがどうもトラウマになってるのか、こちらが怪しい行動を取ると用心するようになってしまいました(^^;
昨日は、数日留守にしてた相方が夜に戻ってきて、荷物を車から往復で何度か運ぶために玄関を開けっ放しにしてたのですが、その時に太郎が外に出たがったけど窓を開けると強風で玄関のドアがバンと閉まってしまいそうだったので窓は開けてあげなかったんです。
外に出してもらえず、そして相方が戻ってきた…を、何かと勘違いして大慌てで別の部屋へ逃げてベッドの下に隠れた太郎。
どうも、”出してもらえない、閉じ込められてる、相方が急に玄関に姿を現す…=これから獣医さん”…と勘違いしたようでありました(-∀-;)
猫ってこういうことでは本当に賢くなるものなんですね(笑)。





相方は、今年の暖冬で趣味のクロスカントリーが全くできないので、ここなら雪があるから大丈夫という、チロル(オーストリア)のゼーフェルト(Seefeld)へと行ってました。
相方撮影ですが、ドイツ内の山の近くの村では全くだというのに、ゼーフェルトではこんなに積もってたそうです。
q9_20200203003849426.jpg
ゼーフェルトは標高1180mに位置する村でウィンタースポーツが盛んな村です。滞在中、ノルディックスキーワールドカップ複合が行われてたようで、日本の渡部(弟)選手などと写真を撮っていただいたり、チームの方とお話もさせていただいたようで、とても嬉しそうでした。

うちから近郊のドイツ内の村ではここまで積もってる場所はないですね。

これも相方撮影ですが、幽霊がたくさん歩いてるようでおもしろかったので一緒にアップしちゃいます~。
q10_202002030038501cf.jpg
右奥のはオウムみたいにも見えますね(笑)。

昨年は大雪でちょっとうんざりな部分もありましたが、今年は本当に雪が少ないのでこういう雪の中を歩きたいなあの気分になってしまいました。

兄妹猫と遭遇 - 2020.02.01 Sat

今日も一日またまた強風が続いてて、自転車に乗って移動してたら一瞬倒れそうになったほどでした。気温は約15度まで上がったのですが、来週明けまでは15度前後の気温が続くようです。2月で二桁気温、変な気分です。
それから前回記事では太郎へのお見舞い、応援のお言葉、ありがとうございましたm(__)m
注射が本当によく効いてるようでとても調子よく過ごせてます。ただ、便検査でお腹に虫がいることが発覚(>_<)虫下しは飲ませてますが、それでは効かなくて便検査でしか分からないような他の虫がいました(涙)。
ということで10日間ほど投薬になったのですがこれで苦労してます(涙)。上手に飲ませるコツをこの後あれこれググろうと思ってます。



ここからは撮りだめ画像から。雪は今ではもちろんすっかり融けてしまってます。
この時はよそ見しちゃってますが、太郎がこの場から動かなくなり、前方をじーっと見てました。
q1_202002010134527ea.jpg
矢印のところにいますねぇ…。


太郎より5歳も若いのに生意気過ぎて太郎が苦手としてる893猫がいました。
q2_20200201013454392.jpg
”893猫”という書き方、頂きました。ありがとうございますm(__)m


「あっちには進めないにゃあ」 あの子には近づかなくて正解!
q3_2020020101345566d.jpg
やつも私がいるからこっちに来ないだけで、私がいなかったら太郎のことなど気にせずやってきてたかも…。
この後太郎はUターンして私と一緒に自宅に戻ってくれて安心しました。


そしてその約一週間後、今度は別の猫をからかうように追いかけた太郎が追いかけるのは途中で止めて尻尾ボワボワで私の方へと戻ってきました(-_-;)
q4_2020020101345724b.jpg


「ちょっと追っかけたくらいで本気でシャーシャー、大げさ過ぎるにゃ」 嫌われてるね(-_-;)
q5_202002010134585ed.jpg


からかって追いかけた相手は、893猫の妹猫になる長毛娘ちゃん。撮影してる時、ウーウー唸ってました(汗)。
q6_20200201013500da0.jpg
普段は太郎のことを嫌ってますが、昨年は2月末の発情期に逆に太郎を追いかけてうちの中まで何度か入るということもやらかしてくれてる長毛娘ちゃん。今年に入ってからはまだこの子が発情してる雰囲気はありませんが、今後もしばらく要注意な子です。


「あっ、またあそこ歩いてるにゃ」  長毛娘ちゃん、出て来たね。
q7_20200201013501156.jpg
私と太郎が近くからいなくなったのを確認したらすぐに元の場所に戻ってきた長毛娘ちゃん。でも太郎はもう追いかけることはありませんでした。


「からかうのは一日一回だけで充分だにゃ」  無視はできないのね(-∀-;)
q8_202002010135036a6.jpg
この後は自宅内に戻った太郎でした。




ここからは、獣医さんの待合室で見たワンコさんの写真でも。
こちらのワンコさんは盲導犬のようですが、この時に一緒にいらした方は視覚障がい者の方ではありませんでした。
w0_20200201013504fa2.jpg


よく見ると、”IN FREIZEIT(自由時間)”とあるので、普通に受診に来られただけのようです。
w1_2020020101350572d.jpg
自由な時はこういうのは身につけなくてもいいのかなあと思ってましたが、こういうのもあるんですね~。


それからこの子はあまりの大きさに仰天してしまいました(^^;
w2_20200201013507f61.jpg
思わず相方が犬種を聞いてしまったほど本当に大きかったんです。グレート・デーン独:Deutsche Dogge)という種類だそうで、この犬種としてはこの子はまだ小さい方だと飼い主さんが仰ってました。年齢は2歳だそうで、2歳でこんなに大きいのにも驚きました(^^;
太郎はこの時はキャリーバッグの中で、外は見えないようにしてたのでよかったです。こんなに大きい犬を見たら、太郎も腰抜かすかもです(汗)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

太郎の毎日 (672)
太郎とご近所猫(犬)さん (198)
お出かけ(山歩き関連) (54)
お出かけ (52)
お出かけ(バイエルン) (42)
お出かけ(チロル) (15)
バイエルン行事 (16)
クリスマス市 (25)
獣医さんでのこと (18)
失踪事件 (5)
キノコ (25)
庭と周辺の野鳥 (53)
日々のこと (106)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (11)
お知らせ (13)
あれこれ (3)
未分類 (0)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとうございます

かりんさんブログで太郎が初参加♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QR