FC2ブログ
topimage

2019-02

未手術の子たちが騒がしかった1月 - 2019.02.14 Thu

ご近所猫さん(♀)の発情をきっかけに毎年騒がしくなる1月後半。今年もまた起こって記事にも時々書きましたが、特に騒がしかった日に撮影をやってたので、今さらですがそのことをアップしたいと思います。


うち周辺はけっこう多くのご近所猫さんがいますが(全て飼い猫です)、特に騒がしいのがこの子たち。
おさらいで関係を書いてみると…。


左はオスのべスター君で5歳(未去勢)。右は太郎よりは軽く年は超えてるので、最低でも10歳以上の娘猫ちゃん。お母さんの白黒ちゃんはもう存在してない雰囲気です。
w5_20190211214143a4b.jpg  w6_20190211214144482.jpg
この二匹は、娘猫ちゃんが発情するたびにお互いを繁々と訪問しています。イチャイチャやってるシーンも何度も見ました(汗)。どちらもドイツでは珍しく未去勢です。


娘猫ちゃんちのご家族は猫は手術をしない主義なのか、↑のカップルからの誕生は間違いない、この二匹がよく姿を現してます。
w10_20190211214703d35.jpg  w11_2019021121470535b.jpg
息子その1は子猫の時から娘猫ちゃんとべったりで親子であることは間違いなし。息子その2は、娘猫ちゃんちに住んでるのを確認してます。

娘猫ちゃんが発情してる時期だけしか↑の息子その1は姿を現しません。本当に不思議なくらい、普段は全く姿を見せません。それでこの猫の存在も忘れてしまうほどです。



そして本題。今年は1月20日頃から始まりました。

この日は日曜日でのんびりとしてました。太郎と一緒にお散歩をやろうとしたら、太郎、先に進めなくなりました。
「あいつはダメだにゃ!」  べスター君じゃないの?
a1_20190211215303c64.jpg


あっ、息子その1です!!この猫がうちのシバザクラをトイレ代わりに使い、そしてどの猫相手にも喧嘩を売ってるので、太郎もこの猫を見ると怖がって逃げるほど。
a2_20190211215304c30.jpg


太郎は室内に戻りましたが、私は確認のために少し近寄って撮影…。
a3_20190211215305f5b.jpg
やっぱり息子その1ですね!!この先はべスター君ち。ってことは、そこに母親の娘猫ちゃんがいるのか?と思いましたが、私も自宅へ。


すると10分も経たないうちに喧嘩の声が聞こえてきました。
慌てて見に行くと、撮影はできませんでしたが、↑の息子猫と新顔の黒猫さんがものすごい声でにらみ合いの喧嘩(-_-;)


べスター君ちの飼い主さんの彼女さんが窓を開けて喧嘩は終了となりましたが、喧嘩直後の息子その1の様子がこれ(>_<)
a4_20190211215307775.jpg


本当に憎たらしい表情してるなあ…。
a5_20190211215308fda.jpg


私を睨んでますよっ!(>_<)
a6_201902112153109e8.jpg
この後、娘猫ちゃんがべスター君ちから去って行くのも見ました。なのでこの子は今回も、母親にべったりくっついてやってきたのでしょう。


ちなみに、↑の息子猫と喧嘩してた新顔の黒猫さんはこの子。うちの横を通って行きました。
a7_20190211215311f68.jpg
この子もまた曲者でして、太郎とも唸り合いの喧嘩をするし、べスター君とは取っ組み合いの喧嘩まで何度かやってます(-_-;)
どこに住んでるのかは分かりませんが、最近外から猫の喧嘩の声がすると、だいたいこの子がいます。



で、↑↑の息子猫が去った後、べスター君も姿を現しました。この子はお顔は普通にかわいい(^^;
a8_20190211215313e89.jpg


「おばちゃん、どいてにゃ!」  娘猫ちゃんを追いかけてるのね!?
a9_201902112153158e3.jpg


べスター君が進もうとした先、うちの庭の端の方を見ると、いましたねー。お隣のミルカちゃんちのテラスに娘猫ちゃんが。
a10_201902112153168b1.jpg
そしてうちのテラスにはもちろんマーキング跡がありました(-_-;)


私は室内へ入り、↑の娘猫ちゃんがいる場所からは近い寝室へと移動したら、太郎が室内から見学中。
「あいつら、早くどっか行ってくれないかにゃ」  太郎ちゃんも落ち着かないね。
a11_20190211215318c26.jpg


太郎の視線の先には娘猫ちゃんがいると思って見てみたら、なんとそこには息子その1が!
a12_20190211215319671.jpg
この子、なんでいつもこんなムーッとした表情してるのかしら…(-∀-;)


そしてよく見るとそこには母親の娘猫ちゃんも一緒。
a13_20190211215320c4e.jpg
喧嘩ばっかり売ってるこの息子猫、いつもこうやって母親にべったりで、意外とマザコンみたいですねぇ…。



そんなこんなで、この日は娘猫ちゃん、息子その1、べスター君がずっとうろちょろしてて喧嘩の声も何度も聞こえてきて、騒々しい一日となってしまいました。

午後の遅い時間、太郎もやっとゆっくりと庭へ。
「今日はあれこれ落ち着かなかったにゃ」  私もよー。
a14_20190211215322413.jpg

この日からうちのテラスへのマーキングが頻繁になり掃除がかなり大変でしたが、発情期が終わるとそれもなくなり、今はホッと一安心の時期です。
長毛の息子その2はしょっちゅう姿を見かけますが、この子は危害はないので心配はありません。


…と、こんな感じで騒がしかった、1月後半のご近所猫さんたちの様子でした。

娘猫ちゃんのマーキングに疲れる - 2019.01.23 Wed

日曜日からずっと続く娘猫ちゃんのうちのテラスへのマーキング、疲れました(涙)。
0000.jpg
ドイツに住み始めた頃、うちの前をしょっちゅう行き来してた白黒ちゃんの娘で、ドイツ語で”娘猫”と呼ばれてたので私もそのまま”娘猫ちゃん”と呼んでます。本名不明。

毎日、うちのテラスにマーキングです。彼女がいるのを見かけたらテラスに来ないように私も対処してるけど、出かけてる時や太郎がぐっすり寝てる時、それから夜中にやられることが多くてうんざりです…。


昨日は太郎が寝てた時だったので何もしませんでしたが、その約一時間後、テラスに出てチェックしたらやはりマーキングの後が(;_;)
0_20190123200839d16.jpg
これはけっこうたっぷりかけられた方です…(-_-;)

けっこう臭かったので、熱湯をかけました。過去の経験から、これが一番においが消えると学んだので。
しかし、今はずっと氷点下の気温。熱湯かけてもその後に残った水分がすぐに凝固して、うちのテラスがつるっつるになってものすごく危険な状態になります。
今日もまた夜中にやられてたので同じように対処したのですが、滑って危ないのでまたお湯をかけてすぐに水分飛ばして…の繰り返し。日中でも氷点下、ちょっとでも水分が残ってればすぐに固まります。
しょうがないのでドライヤー持ってきて溶かして拭いて…とやりましたが、それでも限界が(涙)。

とにかく、気温だけはもうちょっと暖かくなってもらわないと掃除もなかなか大変です。
こんな作業を繰り返してて、精神的、体力的にどっと疲れが出ました(涙)。


そして、太郎もこの二匹の喧嘩に毎日疲れてるというか、その声が聞こえてくるとウーウー唸って怖がって、室内をうろちょろしてしまいます。
00.png
ほぼ毎日喧嘩してるこの二匹。親子喧嘩というと聞こえはいいけど、当の二匹は親子だとは分かってないだろうからオス同士の普通の喧嘩です。

こういうのはやはり去勢や避妊手術をしない飼い主さんに責任ありと思います。
ここ数年、年が明けてしばらく経つといつもこんな状態。疲れます…(涙)。



インスタを適当に見てたら、みかんのいろんな剥き方が動画で流れてきたので、現実逃避のために私も真似してみました。
1_20190123200841fb8.jpg
みかんを運ぶ人(笑)?一粒ずつ配って歩くんだそうです(^^;
食べ物で遊ぶのってあんまり好きじゃないけど、これくらいはいいかな(笑)。



最近の太郎の画像を編集してアップする気力がないので、既に編集済みの11月の撮りだめ画像からアップです。

太郎が唯一喧嘩をしないというか、特に問題を起こさない相手の、隣のミルカちゃん。
私が買い物から戻ってくると、外にいるミルカちゃんが一緒に館内に入ってきました。
「おばちゃん、うちのドア開けて~」  私にスリスリしてかわいかったです(*´m`)
h1_20190123200858ed7.jpg
お隣さんのドアのベルを鳴らしましたが、あいにく不在。ちょっと出かけられてすぐに戻られるのでそれで出したままだったのかも。今のような極端な寒さの時はこんなことされてませんのでご安心を。


買い物したものを室内に置いてカメラを取ってきたりしてたら、寝てた太郎も鳴き声を聞いて出てきました。
h2_20190123200859ef3.jpg


「また中に入られないんだにゃ~」    「おじちゃんには関係ないでしょ!」
h3_20190123200901233.jpg


「さて、困ったにゃ」      「困ってなんてないでしょ!」
h4_201901232009020cf.jpg


「うちに来ればいいのににゃ」     「あたちのおうちはこっちだから」
h5_20190123200904692.jpg


「さて、どうするかにゃ」     「おじちゃんにはどうもできないわよ」
h6_2019012320090522e.jpg
動きがシンクロする二匹(笑)。


「どうしたいにゃ?」    「おうちに入りたいだけなの!」
h7_20190123200907005.jpg


「お世話係、どうにかしてあげてにゃ」   どうにもできないのよー。
h8_20190123200908714.jpg


「ここ、開けて~」    どなたもいらっしゃらないのよー(汗)。
h9_20190123200910473.jpg


「ボクも帰ろうかにゃ…」   「おじちゃん、中に入った方がいいと思うわよー」
h10.jpg

ずっと相手はできないので、とりあえず共同玄関のドアを開けっ放しにして、ミルカちゃんの好きなようにしてもらうことにしました。
その後しばらく経ってお隣さんも戻ってこられました。

太郎とミルカちゃんは特に喧嘩はない関係なので、お隣同士の猫としては本当に安心です。

邪魔しちゃいけない場面 - 2019.01.20 Sun

11月の撮りだめ画像からのアップです。


隣の棟の裏の方で太郎とべスター君がお見合い状態。
r1_2019012023152416d.jpg


ずっとお互いに見てるだけで特に進展はないので、安心と言えば安心です。
r2_20190120231527f0c.jpg


でも、べスター君は、どっちかというと太郎より私の存在を気にしてたような(^^;
r3_2019012023152736e.jpg
いくら見つめられてもご飯はあげませんよ!


いったんはべスター君の場所から離れた太郎ですが、またまたべスター君の姿が見え始めたのでストーカーです。
「あいつ、あそこで何始めるにゃ?」   あっ、あれはもしかして…(汗)。
r4_20190120231528e85.jpg


「あいつ、見られてるのに大胆だにゃ!」   やっぱりそうだったかー(;´Д`A ```
r5_20190120231530ae8.jpg


こんな時に太郎がべスター君の近くまで行ってしまったらどうしよう…と、ちょっとドキドキしてましたが、
r6_201901202315319e0.jpg


「こんなシーンでは邪魔はしないにゃ」  太郎ちゃん、よかったε-(´∀`*)ホッ
r7_20190120231533dc3.jpg
でもじっくり見学はしてましたw


ことを済ませてすっきりしたべスター君はこっちをチラチラ見ながらもまた先へと移動。
r8_201901202315348da.jpg
太郎もこれ以上追いかけることはありませんでした。


しかしながら私と太郎に見られてるのが分かってるのにあんなに堂々と…(汗)。
べスター君、意外に大物かもしれません(^^;




コメント欄閉じてます。

べスター君もやりますよ - 2018.12.04 Tue

今回のこの記事、昨日から下書きを始めてあとは最後の方の文章を入れるだけ…としてました。そして話は変わりますが、今朝(まだ暗い時間)、太郎が口に獲物を咥えてうちの中に入ってきました( ノД`)
咥えたままうろちょろしてて、私が悲鳴をあげるとそのまままた外へ出て行きましたが…(汗)。
太郎はブログを見てるなあとは思ってましたが、下書きのを見て、”負けてられない”とやる気になったのかもしれません(-_-;)



----------------------------


まずは、また続きの話になりますが、前回記事の雪が積もった日の翌日もまだ雪が融けずに残ってたので、その時の太郎の様子からです。

普通にお散歩に行くと思ってコンデジしか持ってきてなかったのに、
a1_201812040118430ee.jpg


「ヒャッホー!」 …といきなり走り出して、
a2_2018120401184566b.jpg


撮れたのは↑と↓のブレブレの2枚だけ~(-∀-;)
a3_201812040118461a2.jpg
雪の日は太郎がバビュンと走り出すことを予想してデジイチ持参でお供をして連写の準備をしてることが多いのですが、この時はまさかこうやって走り出すとは予想だにせず。


ま、でも、11月からこんなシーンが見れて満足かも~と思いながらお供です。
a4_20181204011848a1e.jpg


「犬やら人やらいるから用心しないとにゃ」  ちゃんと周りを見ながら歩いてますよ。
a5_20181204011850c48.jpg


「異常無しだにゃ」 べスター君ちの前まで戻って来て、ここまで戻るとなんとか安心です。
a6_20181204011851077.jpg


そしてここからがタイトルの内容になりますが…。
雪が9割以上は融けてしまったその翌日、べスター君がうちのテラスを通って行きました。これはいつものこと。
その2~3分後、べスター君が戻ってきてまたテラスを通過したんです、けっこう早足で。その時に、べスター君、黒くてけっこう大きさのあるものを口に咥えてました(>_<)

慌ててカメラを取り出して窓越しに撮影したけど後ろ姿しか撮れず。
a7_2018120401185224d.jpg


太郎はぐっすりとお昼寝中でしたが、私、追いかけてしまいましたー(;^ω^)
そして、今の時期は落葉してて奥まで見えていいですね~。べスター君は自分ちの敷地内にいましたが、はっきりと見えてしまいましたよ!

「おばちゃん、今は追っかけられても困るにゃ!」  まだ咥えたまま~( ;∀;)
a8_20181204011854c0d.jpg
ピントが枝の方にばかり合ってますm(__)m


「これはおばちゃんにはあげられないにゃ」  いらないよ!見に来ただけよ~(;・∀・)
a9_20181204011855175.jpg
べスター君がつかまえたのはアムゼル(和:クロウタドリ)ですねぇ…。
大きさは鳩よりほんのちょっと小さいか…ってくらいで、小鳥よりはもちろん大きいです。
餌を探して地面をぴょんぴょん跳ねてることが多いので、もしかしたら普通の小鳥よりは狙いやすいのかも(-_-;)


私が慌てて出て行ったもんだから、お昼寝してた太郎もついて来てしまいました(^^;
「ここでなにやってたにゃ」 なんでもないよ!一緒に帰ろうね~(´∀`;)
a10_2018120401185782d.jpg
まだ眠くてぼーっとしてた太郎、素直に私についてきてまたお昼寝再開となりました。



ところで、アムゼルですが、太郎も3回つかまえたことがあります(汗)。
これは記念すべき(?)初めてのアムゼル捕獲の日の写真です。
a11_20181204011858492.jpg
リード散歩中につかまえたんですよ…(-∀-;) この時の太郎は3歳になったばかりでした。


そしてべスター君ですが、↑の撮影からまだ時間も経ってない頃、また周辺をうろちょろしてました。
アムゼルはたぶん庭にそのままなんでしょうねぇ…。飼い主さんには見つけられずそのまま土に還っちゃうのかな(汗)。
このサイズの鳥のお片付けは非常に怖いです(-_-;)
過去三回のアムゼルのお片付け、思い出しただけでも恐怖です( ノД`)

本当の姿は - 2018.11.27 Tue

朝ご飯を食べた後、たまにここから外の見張りをやってる太郎です。
q1_20181126005610c64.jpg
顔を撮影したい時は狭い隙間にカメラを持った手を入れて…となりますが、


アザラシが撮れちゃった(´∀`;)
q2_20181126005611a15.jpg


本当は猫じゃなくてアザラシとかトドとか、そっち方面の生き物だったのかも(-_-;)
q3_20181126005613cc1.jpg
雪がたくさん積もったらユキヒョウにも変身します(笑)!


横から見ると猫なんですけどねぇ(;^ω^)
q4_201811260056140dc.jpg


「さっきから何考えてるにゃ?」  あっ、見張り頑張ってるなあと思っただけ~(;´▽`
q5_2018112600561695f.jpg


しばらくここで見張りをやって、そしてこの後はここから下りて猫ベッドの中でもうひと眠りとなる太郎でした。
q7_201811260056553d8.jpg
最近はハンモックは全然使ってません(^^;




ところで、ちょっと前に、近所の地下鉄の駅に現れる一匹の猫、プーマ君のことを書きました。

私は普段はこの駅へはこのプーマ君が現れる方ではなくもう一つある入り口から出入りすることが多いのですが、先日、地下鉄を下りて地上へ出る時に猫さんがいる場所の方へと出たら、こんな光景を見てしまいました。

プーマ君、ご飯を食べてました。風よけ(?)の段ボールと共にベッドも置かれててびっくり(-∀-;)
b5_201811260057294e9.jpg
張り紙の位置も変わってましたが、これはそのまま貼られててよかったと思いましたが…。


ウェットフードを食べてました。お水も置かれてます。
b6_2018112600573150d.jpg

この子、ちゃんと毎日うちに帰ってると張り紙にも書かれてたので、こうやってご飯をあげるのはどうなんでしょう…。
あげてるのはたぶんここを通る誰かなんだろうと思います。この子がここまで遊びに来るのは自宅からすぐ近いから仕方がないとして、でも、飼い主さんとしてはこういう場所でご飯までは与えないと思うんです。
張り紙に書かれてる文章を読む限り、この子がご家族からかわいがられてるのはちゃんと感じられます。だからこそ、ご飯はここで与えない方がいいと思うんですけどねぇ…。
”猫だ!かわいい!”だけの人はこうやってご飯もあげちゃうのかなあ…。

また別の話になりますが、相方の親戚宅の前とその周辺に、猫の写真を印刷した張り紙が貼られてたことがあります。
そこには、”この子は人懐っこい子だからあちこち歩いてどこのお宅にも入ってしまうけど食べ物は絶対に与えないでください。健康的な問題があります”みたいなことが書かれてました。

こちらでは猫を自由に外に出す飼い方が多いのですが、そうなるとこういった問題も出てくるなあと、その時にちょっとだけ実感しちゃいました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (484)
太郎とご近所猫(犬)さん (121)
お出かけ(山以外) (67)
お出かけ(山関連) (42)
獣医さんでのこと (3)
失踪事件 (5)
キノコ (19)
庭の野鳥 (22)
クリスマス市 (19)
日々のこと (76)
オフ会 (2)
ダンケ!(頂き物など) (10)
その他 (10)
あれこれ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

QRコード

QR