グロースファクター
topimage

2018-05

私は起こしたくないから - 2018.05.27 Sun

今日は前回記事の最後に書いたように山へ行ってきましたが、今日は一日いいお天気で全く雨も降らずに大丈夫でした!
しかし今、これを書き始めたら片足のすねがつり始めて、日本から持参のこむらがえり対策の薬を飲みました(>_<)
山歩き後に足がつることは普段はほとんどないのですが、今日は水分摂取が少なかったせいもあるかもしれません。
今後は気をつけなくてはと思います。




さて、3枚目はちょっと前にインスタにもアップしてる画像ですが・・・。

いつもの場所で気持ちよく寝てる太郎です。
1_201805270340000af.jpg


ちょっと向きが変わりましたが、片耳は隠れたまま。
2_2018052703400217d.jpg


インスタでも書きましたが、こういうのを見ると、相方は、”耳を出さなくては!”とわざわざ出しに行きます(汗)。折れたままなのを見ると落ち着かないらしいのです。
3_201805270340046ac.jpg

私はこれを見て落ち着かないとかは一切なくて、むしろ、出しに行く相方を見て、「気持ちよく寝てるのに起きちゃうから出さないで!」と文句を言ってしまいます。

気持ちよく寝てるところにそんなので触られて目を覚ましたらそれの方が私はイヤだなあ、と(-∀-;)



・・・太郎的にはどっちでもいいのかも、ですけどね(笑)。






コメント欄閉じてます。

大きな音も慣れ - 2018.05.26 Sat

ハンモックの上でお昼寝してた太郎が目を覚まして外を見てます。
a1_20180525232128238.jpg


草刈りが行われてました。草刈り機が窓の目の前まで来るのでとてもうるさいのですが、太郎、もう慣れてしまって、じーっと見るだけです(^^;
a2_20180525232129df8.jpg
この前日は乗用草刈り機がやってきてこれも窓の前まで来るので相当うるさかったのですが、それにも慣れてしまってる太郎で、この時の様子と同じでした。


↑の直後に今度は隅々の草刈りをする人が目の前に。これもこんなに近くでやられると相当うるさいですけどね~(^^;
a3_20180525232131459.jpg
でもご覧のとおり、気にせずにお昼寝の続きをやり始めてます。
すぐに音も小さくなる(他の場所に行く)ということもちゃんと分かってる太郎でした。
子猫の時はこれがうるさくて眠れずに、私に八つ当たりしてたこともあります(笑)。


ところで、すっかり書き忘れてましたが・・・。
先週、太郎がまた地下駐車場に入ってしまいましたorz
「ちゃんと見つけてくれたじゃにゃいか」 そういう問題ではない!ヽ(`Д´)ノプンプン
a0_20180525232126471.jpg

2月末の失踪事件の時は100パーセント地下駐車場に閉じ込められてて、その後の、帰ってこなくての地下駐車場からの救出はこれで3回目で、3回とも同じ地下駐車場orz
そのうちの2回は扉は開いたままの状態だったので、閉じ込められたというより、入ったら怖くて出てこれなくなってる状態でした(-"-)
今回も、早朝のいつもいる時間に帰ってこなかったのですぐにその地下駐車場へ行ったら思った通り扉は開いたまま。中へ入って名前を呼んだら最初は返事なし。ここじゃないのかな?と思ったら、一台の車が外へ走って出て行きました。そしてまた名前を呼ぶと「アオーン、アオーン」の返事が・・・(-∀-;)
正直この時は、”見つかってよかった!”よりも、”またかい!”の気持ちの方が強かったです(-_-;)

いる場所がほぼ特定できるのはいいけど、毎回、本当に心臓に悪いです(つД`)ノ



書かなかったことをなぜ思い出したかというと、今日、新聞に出てる記事で、↓このグレーの猫ちゃんがペット登録機関TASSOを通して飼い主が見つかったということを読んだからです。
a4_20180525232132f38.jpg
なんと、失踪8年後に飼い主さんの元に戻ったそうです!!

ドイツではこうやって通りのあちこちに、新聞が買える新聞スタンドが置かれてるんですが、自転車で買い物に行って買い物後に自転車に乗ろうとしたらこれが見えました。
タイトルを見て、思わず新聞を買おうかと思いましたが、ネットで見れば無料なので買いませんでした(^^;というか、この新聞は既に売り切れてました。
ドイツ語ですが、記事はこちらクリックでジャンプします。

この猫ちゃん(♂)、とてもやせ細った状態で見つけられて動物保護施設に連れて行かれたそうですが、そこの施設の方がTASSOで”行方不明猫”として登録されてる猫たちの写真を見比べて、そして飼い主さんが見つかることとなったそうです。


この猫ちゃんが飼い主さんの元に戻ることができてよかったと思うと同時に、太郎には、二度と地下駐車場へは行かないでもらいたいと願うばかりです(-"-)





ここのところ毎日雨で、毎日空からゴロゴロと音が聞こえてくるんですが、明日は久々に一日晴れ!雨、雷雨の予報無し!
・・・ということで山へ行こうと思ってますが、月曜日みたいなことになりませんように!(-人-)

尾行する太郎 - 2018.05.24 Thu

お天気がよかった日が続いてた時の撮影です。


夕方、真剣な顔をしてプランターの中にいました。
「縄張りはちゃんと守らないとにゃ」  その方向はべスター君がいつも来る方向ね(笑)。
a1_20180524183721381.jpg


しかし、心地よくなってウトウトしてしまう太郎です(笑)。
a2_20180524183723e79.jpg

この後、変化もないので私は室内へ。すると、しばらく経って、べスター君がテラスを通過して行くのが見えました!
太郎、もうプランターにはいないのかなと思って見てみると、いました。べスター君、目の前を堂々と通過して行ったようです(-∀-;)


「堂々と通って行きやがるとはにゃあ!」  跡をつける太郎です。
a3_2018052418372792f.jpg


しかし相手はもう庭の外。なのでいきなり追い払ったりはせず、ゆっくり、ゆっくりと進む太郎です。
w1_201805241840599a6.jpg


べスター君も走って逃げたりはせず、太郎を気にしながら先に進んでました。
「何も悪いことしてないのになんでつけてくるにゃ」
a4_201805241837282df.jpg
縄張り主がいる時にその縄張り内を、しかも目の前を堂々と通るのは・・・(´・_・`)


「見逃さないからにゃ~」  ゆっくりと跡をつける太郎です。
a5_20180524183727c7d.jpg


「やれやれ」   背伸びしてみせて余裕の態度です。
w2_20180524184246250.jpg


べスター君、↑の画像の位置からちょっと移動してますが同じ格好です(笑)。
「早く先に進むがいいにゃ」   走ってむやみに追いかけることはしないようです。
a6_20180524183729548.jpg

この後もゆっくり、ゆっくりとべスター君をつけて行った太郎です。
そしてきりのいいところでうちに戻って来ました。
喧嘩に発展させるようなことでもないけど、相手のテリトリー内でテリトリー主の目の前を堂々と通ると尾行される羽目になるんだぞ~ということでも教えたかったのかもしれませんね(;^ω^)





こちらは、前回記事の最後で書いた山歩きの場所へ移動してた時の撮影です。
初めて通るところで、車の中からずっと景色を眺めてたら、”博物館”の文字と共にカエルの絵が見えたんです!
r1_2018052419162250c.jpg


”カエルの博物館!?”とびっくりして車を停めて見てみれば、それは”塩と湿原の博物館”でした(^^;
r2_2018052419162383e.jpg

小さな博物館ですが、現地の地質などが紹介されてるようで、そこに生息する生き物もなども紹介されてるようでした。
カエル好きの方もけっこういらっしゃるから、”カエルの博物館ならここを紹介したいかも!”と思ったものの、ちょっと違った博物館でした(´∀`;)
山歩きの時しか現地は通らないのでなかなか中に入る機会もなさそうですが、いつか機会があればちょっと寄ってみたいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/


記事の内容と関係のないコメント、トラックバックなどは削除させていただきます。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (407)
太郎とご近所猫(犬)さん (106)
お出かけ(山以外) (56)
お出かけ(山関連) (37)
獣医さんでのこと (3)
失踪事件 (5)
キノコ (11)
クリスマス市 (15)
日々のこと (71)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (9)
その他 (9)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR