topimage

2017-02

太陽を満喫 - 2017.02.16 Thu

1月後半から雪は全然降ってなくて、最高気温も5度くらいある日が増えるようになりました。
気温が氷点下越えで太陽も出てるとなると、とても暖かく感じます。それは太郎も同じようで、日中、太陽の光を楽しんでる時間が増えてきました。


2月始めに撮影しました。
この時はまだ雪は完全には融けてなかったけど、明るさが違います。太郎も尻尾が上がってます^^
1_20170216004112479.jpg


「暖かくなってきたにゃ~」 撮影のためだけに厚手のコートも着る必要がなくなったのが嬉しい♪
2_201702160041145f3.jpg


「どっちにパトロール行こうかにゃあ」  すぐにはスタートしません。
3_20170216004117357.jpg


「裏の方に行くにゃ」  歩いてる最中ですが、犬のチッコシーンの様に見えてしまう(笑)。
4_201702160041188f7.jpg


戻って来て、ここで日向ぼっこ。
5_20170216004118198.jpg


角や木の枝のにおいを嗅いではスリスリすることが多かったです。
6_20170216004120764.jpg


「角は気持ちいいにゃあ♪」   やっぱりここでもそうでした^^
7_20170216004122e8a.jpg


今日は10度くらいあって太陽も出ててぽかぽか気持ちよかったです♪
1月は雪のせいで自転車に乗ることもできませんでしたが、今はまた普通に自転車に乗ってあちこちのスーパーに買い物に行ってます。でも長いこと乗ってなかったせいか、体が鈍ってしまってペダルを踏むのがとても重く感じる日々です。
こちらは平地に見えても、緩やかな坂になってる道がとても多いです。自転車に乗ると高低差を感じます。なんでも、氷河時代の名残だそうです。←ブラタモリみたいですね(笑)。
身体をこれから鍛えないと、夏の山歩きもできなさそうと焦ってます(>_<)


それと、以前、”ヤ〇ー映像ニュースが見られなくなった”と書きましたが、なぜかまた、全部ではないですが多くのニュースが普通に見られるようになりました。見られないニュースにはいつものように”お住まいの国では・・・”のメッセージが出ますが、見られる方が多いです。何を基準にしてるのかよく分からないけど、これがまた見られないということになりませんように(-人-)


都合によりコメント欄閉じてます(*- -)(*_ _)ペコリ

こちらも久々、べスター君 - 2017.02.13 Mon

先日は久々の娘猫ちゃんの登場でしたが、今回はこちらも久々、ご近所猫さんのべスター君です。
べスター君、最近は本当にたまにしか姿を見せません。うちのテラスでの待ち伏せも全くしなくなりました。

これは雪がまだ残ってた1月後半の撮影です。太郎がべスター君に気づいて外に出たら、べスター君はいつのも方向(自分のうちがある方)へと引き返しました。
1_201702130531108fb.jpg


時々こうやってこっちをちらっと振り返るんですよ。
2_201702130531129ab.jpg


「あいつがちゃんと去ってしまうまで見張りだにゃ」  うちのテラスの角から様子を見てます。
3_20170213053113e44.jpg


べスター君も途中で止まって角からこっちをずっと見てます。いつものことですが^^;
4_2017021305311511f.jpg


「なんでこっちをジッと見るにゃ!」   気に食わない太郎です。
5_201702130531168dc.jpg


「それならこっちもにゃ・・・」   太郎ちゃん、どうする?
6_20170213053118249.jpg


「パトロール開始だにゃ~」   やっぱ無視はできないのね~^^;
7_20170213053119c59.jpg


でもいつものように途中でストップ、むやみに追いかけることはしない太郎です。
8_2017021305390996d.jpg


「こっちには来なさそうだし、もう大丈夫だにゃ」  べスター君へのパトロールは終了しました。
9_201702130531224c4.jpg


べスター君は太郎にウーシャーはしてくることはあっても、一応、上下関係では太郎より下ということは分かってるようで、それだけは救い。でもたまに太郎が外に出た途端ウーウー唸りあいが始まることもあってその相手はべスター君がほとんどなので、やっぱりまだまだ要注意です^^;





それからこれはまた全く別の話になりますが、週末、雪がある場所をちょっとお散歩してました。
その時に久々に目の異常を感じ、閃輝暗点の症状が出始めました。
リンクにした、Wiki内の画像にあるような、ギザギザのキラキラしたものが見え始めてそれが段々と大きくなってきて視界が悪くなります。初めてこれになった時は何が起こったのか分からなかったのですが、今はなんでもネットで調べられる時代、すぐにこれだと分かりました。
だいたい30分ちょっとすれば治まるので、歩いてる時に近くにベンチがあったのでそこで休憩をしました。
この症状、もう長いことなってなかったのですが、以前はけっこう頻繁になってました。私の場合頭痛は起きずそのまま。頭痛がない閃輝暗点は危ないと書かれてることも多いのですが、けっこう私みたいな人も多いみたいです。
一応、これが理由ではないけれどMRIもCT検査もやったことあって、その時に脳の異常は何も言われず。
原因に書かれてるチョコレートとワイン、これは思いっきり当てはまりますね~(汗)。チョコが無いと生きていけないし、ワインも毎日たっぷり飲んでるし・・・(-_-;)
”マグネシウムのサプリメントがいい”とも書かれてますが、長いことこの症状がなかったのは、山歩き中の足の痙攣対策で昨年はずっとマグネシウムのサプリを飲んでたからかもしれないです。今は飲んでません・・・。

この症状、なったことのある方、いらっしゃいますか?これが始まるとけっこう不快なんですよねぇ。
自宅にいる時は横になってればいいけれど、こうやって出先でなってしまうと不快度が増して大変です・・・。

左手ばかり - 2017.02.11 Sat

前回記事最後に太郎のミーアキャット立ちの画像をアップしましたが、立つ瞬間を撮影した動画も以前のですがあるのでアップしますね。いずれも当時、ブログの記事に貼り付けたことはあります。

こちらは3歳になる数か月前くらいに撮影。同じく玄関の音にパニックになって11秒頃に立ってます。室内が散らかってるのは見なかったことにしてくださいm(__)m



こちらはうちの子になってわりとすぐなので生後2か月ちょっとの時。窓の前に元ご近所猫さんのネコチャンが来て、それで9秒頃に立ってます^^






さてさて、最近こういう姿で猫ベッドの中にいることが多い太郎です。
1_20170211010709082.jpg


3枚とも別の日の画像ですが、いずれも左手を曲げてます。
2_201702110107113b4.jpg


ここにアップしなかった別の日の画像を見ても左手を曲げてました。
3_20170211010712d6b.jpg

左手ばかり・・・と、過去に気にしたこともなかったのですが、同じ姿の画像を見て気づきました。
右手を曲げることもあるのか、今後見ておかなくちゃ!



それとこちらはまた別の話題になりますが・・・。

先日、出先のカフェでレモンケーキを食べました。こちらではよくあることですが、フォークが刺さって出てきました。
4_20170211010714f3e.jpg
レーゲンスブルクのカフェにて


こちら2枚は、去年の山歩きの後に食べたケーキ。ここでもフォークが刺さってます。
7_201702110109160e6.jpg 8_20170211010918021.jpg
どちらもチロル(オーストリア)で

これ、なぜなんでしょうね(笑)?オーストリアやドイツ以外の国でもこんな風にケーキにフォークが刺さってくることあるんでしょうか?
こういう提供の仕方をされるたびに気になります!


追記:こういうサイト見つけました→”何故ドイツではケーキにフォークを横刺しにするのか問題

あれこれググってたら、”運ぶ時にフォークが落ちないように・・・”と書かれてる方(元店員さん)が2人ほどいらっしゃいました!・・・そ、そんな理由(汗)!?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (283)
太郎とご近所猫(犬)さん (65)
お出かけ(山以外) (38)
お出かけ(山関連) (18)
獣医さんでのこと (2)
クリスマス市 (9)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (7)
日々のこと (35)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

gremz

Flag Counter

Flag Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

QRコード

QR