topimage

2017-08

むやみに触るのは要注意 - 2017.04.10 Mon

太郎は触られるのは全くNGというわけではなくて、むしろ甘えてる時に撫でられたり頭をコショコショとされるのは普通の猫の様に好きなようです。ただ、長時間はダメだったりするし、元々気分的にダメな時は逆襲してくることがあるので要注意です(^^;


一緒に庭にいたら、ゴロンとなりました。お腹がパンパンに膨れてる(>_<)
1_20170410000529817.jpg


そこでゴロンゴロンと体を転がすもんだから、当然こんなふうに汚れが付きます。
2_20170410000530f8d.jpg


このままにしておくのもねぇ・・・と思ってこれらを取ってたら、
「よけいなことしなくていいにゃ!」   腕をガシッとつかまれました(>_<)
3_201704100005326b0.jpg


「こんな腕はこうしてやるにゃ~!」  ガブケリも始まってしまいました( ノД`)
4_20170410000535a27.jpg


かなりの痛さだったのでやっとのことで太郎から腕を放しました・・・。
「蹴り足りないにゃあ」   不完全燃焼ですかっ(汗)。
5_20170410000536707.jpg


腕がヒリヒリしたのでフリースジャケットを脱いでみたら、ああ、やっぱりこうなってる(T_T)
6_2017041000053627c.jpg

太郎相手に生傷の絶えないお世話係でした(/_;)


室内でリラックスしてる時も要注意です。決して挑発してるわけではないですよー。





昨年末から使用してる新しいカメラでの小さな花の撮影がなかなかうまくいかなかったので、ネットであれこれ調べて、それからうちの周りに咲いてる花でたくさん練習をしました。

そしてやっと、なんとか自分では満足できるくらいに撮影はできるようになってきたのですが、
1_20170410023630440.jpg


2_20170410023632025.jpg


オオイヌノフグリサイズの花はやっぱり難しくてきれいに撮れません(-_-;)
3_20170410023633673.jpg

一番の問題は、以前も書いたことありますが、液晶画面を見た時に”ピント合ってる!”と思っても、パソコンで見たらボケボケな画像が多いこと(;_;)
ああ、ローガン・・・ですねぇ(ノД`)

● COMMENT ●

まさに今朝うちも猫ベッドでやられました^^;
親しい人にしかやらない愛情表現なんでしょうねw

でもだんだん装甲上着が薄くなっていくこの時期
いくら愛情表現とはいえ生傷が絶えないのはつらいですね(´・ω・`)

ローガンってカタカナで書くとちょっとカッコイイですねw

あぁ~美しいしなやかな腕に傷がぁ~~~~(≧◇≦)
こんなに力が入っているんですね。
愛のパンチと蹴りだけど、もう少し手加減してほしいよぉ(>_<)
太郎ちゃんからの猫パンチって爪が出る事もありますか?

新しいカメラで撮ったお花、とても綺麗です☆
後ろもしっかりボケていてコンデジには見えない~っ

ねんねの太郎ちゃん、魂とんでっちゃってるにゃあ!
・・・でも魂なくても安心はできなかったりしちゃうのにゃあ!(* ̄m ̄)ウフッ
うんうん アタシたちってさー・・・
お家の人が長袖着てると、手加減ゆるくなるよねー。
むしろ生腕の方が手加減したげたりしゃうのにゃあ!
毛皮がないと不便なのにゃあ(* ̄m ̄)ウフッ

お花、すごくかわいいにゃあ!
ピント・・・絞りが調整できるものなら、絞ってあげると合いやすくなるよぉ。(f3よりf9とかになるようにISOを合わせたげるといいにゃ。)

ひっくり返って寝てる太郎ちゃんも可愛いな。
リラックスしてるのを邪魔するな!でガブリなのかしら?
厚手の服着ても牙は貫通するよね☆
太郎ちゃんも手加減して〜

花をアップにするとまた可愛いよね〜
綺麗に撮れた〜って確認してもPCでチェックしたら微妙に....って
あるあるだよ(涙)

山歩きのブログも拝見しました。
とても素晴らしくて感動しました!!
日本の山の風景とは、ちょっと違います。
険しい岩山を登ったのに驚きましたし、綺麗な花々も素晴らしい\(^o^)/
美味しそうなお料理とビールも(^◇^)
キバナノアマナは私の庭にもありますよ〜♪5月に咲くと思います。

太郎ちゃん、お腹がパンパンに膨れてる(>_<)って
美味しい物たくさん食べてるんですね (*^o^*)/
ガブケリって!
お腹の茶色い部分を触ったら大変な事になりそうですね。
うちのも、たまに悪ノリしてやりますけど (^_^;)

太郎ちゃん、ワイルドな性格の男の子だからなんでしょうね (^_^;)
腕に革製のプロテクターを付けると良いと思います(汗)
日本の鷹匠が使っているような。
あぁ〜わかりました(^_-)-☆
ドイツの昔の国旗(西ドイツ)に鷲か鷹のような鳥が描かれていましたが、太郎ちゃんはあの遺伝子を受け継いでいるのかもですよ〜Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

太郎ちゃんなりの愛情表現でしょうね。 痛いほど深い愛だわ。(笑)
プロテクターがあった方が良さそうです。
冬に着ているマウンテンパーカーは猫の爪が通らないので、興奮した猫を触る時は着るようにしていますよ。
でもそれでは太郎ちゃんは不満かもね。(笑)

コンデジですね? これはトリミング無しですか?
一番上はムスカリ? とてもアップで綺麗に撮れてますね。
アルペンさんはいつも熱心で偉いわ~~~。

ハナニラって春の星? ドイツだと綺麗な名前をもらっているのですね。
オオイヌノフグリも綺麗な名前なのでしょうか?
シュタ君改めソラ君、すっかり馴染んだ様ですが、若干夜鳴きが問題になってる様です。 後2週間、良い子でいて欲しいです。

お返事、こちらにしました。

やってますね~
うちの先代もそうだったけど、何っていうのが分からないんですよねー
大丈夫なこともあるけど・・・ってロシアンルーレット的なねww

お花キレイに撮れてますね
白とか黒ってもともとピントがあいにくいからってこともあるんじゃないかな?
私のカメラはファインダーついてないので数打ち当たれ方式よー

太郎ちゃんのケリケリは迫力ありますね~
生傷がたえない・・・(*^-^*)
タスは、私の足をつかんでケリケリします。
お花の写真、いつもとってもステキです!!
キレイですね~
ローガン・・・私も全く同じです (>_<)

あはははは。と笑って自分の手を見たら、
傷が(汗)リアルです、太郎ちゃんがじがじ。
ケリもいたいですよね。
そもそもなかなか爪を切らせてくれない猫の場合、
ただのキックよりも、より痛いというか。
病院で出血させられて以来めんまもあまり
爪切りをさせてくれないからもう...痛いです...
あとさっき肩とかかまれて、だいたいそんなところ
咬むか普通。と思いましたが...
太郎ちゃん、洋服越しでもこのパワー。
さすがというか、アルペンさんの愛の深さがすばらしいです。

花、きれいですねー。
ローガンはもう、あれですよね。
カメラのピントですよ、ピント機能があれなんですよ。
もう21世紀だから、勝手にあれしてくれないと。
ととりあえず言ってみる。
私、カメラの機能全然使えないまま、
(3D のと、ネオ一眼のやつ)機能が非常ーに少ない
フロッピーカメラばっかりで、
やっぱりあまり機能がない方が私らしいのかなと...
ごまかしてます。
アルペンさんくらい使いこなせたらなあ。

イタタタ

フリースの上からその傷!痛そうですね~。
太郎ちゃん、爪切させなさい!!!(笑)

お花、きれいに撮れてますね~。
私もまだ、うまく使えないんですよ...
この間も、何かに触って設定が変わったらしいと気が付いたんですけど、もとに戻せなくて四苦八苦...

>液晶画面を見た時に”ピント合ってる!”と思っても、パソコンで見たらボケボケな画像が多いこと
これ、泣けてきますよね。私もしょっちゅう泣いてます~。

カプちゃんもさわられたくないのにさわられるとがぶりとカムのですが、
悲壮な声で痛がったふりをすると驚愕な顔をして離します。
太郎ちゃんはこういうのききます?
すごく悲壮な声でお願いします(笑)。

お花もきれいですねー。
見たことのないようなお花ばかりでほーって思います。

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
チビちゃんも同じことやるんですね~(^^;
これはもう愛をもらってるんだと、お互い、ポジティブに考えた方がよさそうですねw

薄着になって行く季節は大変です(>_<)
なので、夏でもフリースジャケット準備してます(笑)。

ぞういえば、ローガン仲間でローガンズ結成の話も昔あったような気がしますw


★ゆりっぺさん
力、すごいですよ(>_<)
普通の方ならたぶん耐えられないと思います(;´▽`
猫パンチの時は爪は出てないような気がします!
こうやって腕をつかんでガブケリの時だけかなあ・・・。

このぼかしもこのコンデジの特徴の一つみたいです。
でもやっぱり一眼には勝てない部分も多いですよー(^^;


★Gaviちゃん、はなびちゃん
太郎ね、寝てるようで寝てないというか、起きてるかなあと思うこと多いよ(^^;
そしてガブケリの時の手加減、そうなのよ、生腕だと太郎も調子狂うみたい。
こっちがフリースで防御してると遠慮なく力いっぱい蹴ってくるー(;´▽`
そっかあ、生腕はにゃんこの毛がないのと一緒になっちゃうんだねー。

カメラ、うん、絞り調整できるって書いてあった!
でも意味が私にはよく分からなくて、オートかシーン別での撮影しかやってなかった(汗)。
なるほど、そんなふうにするのね( ..)φメモメモ
この後、もっと勉強してみる!ありがとう~♡


★moguさん
ガブリはね、やっぱり太郎には挨拶みたいよ(汗)。
寝ぼけてる時に手を出してもガブッとくるもの・・・(-_-;)
でも噛むのはほとんど甘噛みだからいいんだけど、問題は蹴り(>_<)
フリースの両袖を重ねないと対処できないのよ(涙)。

pcの大きな画面で確認すると、あれれ??なこと、あるよねぇ。
でもmoguさんはまだまだ私(の目)と同じ理由ではないと思うよー(^^;

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
日本ではちゃんとした山歩きしたことないので事情はよく分からないのですが、山歩きしてる方々のブログを見てると、お花もこちらで咲いてるのと似てるようでちょっと違ってるのが咲いてたりとか、いろいろと興味深いことが多いです^^

太郎は一人っ子で甘やかされて育ってるのでこの体型になってしまったようです(汗)。
鷹匠の方が使ってるのとか、あと、警察犬訓練の時に使うやつ、ああいうのがあるといいなあといつも思ってます(笑)。
猫のおもちゃのハンドプレーヤーってのがあって過去に既に4つくらい購入したんですが、最近は太郎の威力がすごくて、これでも爪が突き刺さってくるようになりました(汗)。
爪切りさせてくれたらいいんだけど、これは子猫時代の時から恐ろしくてあきらめてることの一つです(-_-;)


★REIさん
そうです、そうです、これは愛なんですー(^^;
室内でだと両袖を重ねて対処してるんですが、外でだと間に合わず・・・。
フリースの感触が太郎には蹴りやすいようで、他の素材の服だと太郎もいまいちノリが悪くなります(笑)。

コンデジで、トリミングしてます。上のは、はい、ムスカリです!
この機種、接写が5㎝以内になるとピントが合わなくなるそうなんです。
ただ、画質がいいからトリミングが前提・・・と書いてる人がほとんどでした。
画質重視にしたのでズームが効かず、山歩きでは結局デジイチも必要です(汗)。

お花のドイツ語名って、訳すとかわいいなあと思うのがけっこう多いと感じます^^
オオイヌノフグリはPersischer Ehrenpreisになって、”ペルシアのEhrenpreis”、この種の花は”~Ehrenpreis”となるみたいです。
Ehrenpreisは”クワガタソウ”の意味と、あと、”栄誉賞”の意味も。

ソラ君、夜鳴きするんですね。ナナちゃんもだったけど、猫も夜鳴きするんですねぇ。
でもソラ君、大丈夫そうで安心しました^^


★ししゅうねこさん
蹴り方の力がその時によって違うからついつい油断してしまいます(^^;
機嫌悪いわけじゃないから大丈夫・・・と思って腕を差し出したらこんなことになることも(汗)。

お花、何度も何度も撮影してるんですー(^^;
一つにつき最低2枚は撮るようにしてるから、同じく、数打ち当たれ方式です(笑)。
白い花、難しいですね!最近よく咲いてるヤブイチゲで何度も失敗して実感しました。


★タスママさん
太郎のケリケリは愛情の証だと思わないとやってられないですよ~(^^;
爪が切れればいいけど、子猫時代から既に無理だったので、今はもう完全にあきらめてます(涙)。
タスちゃん、足をつかんでケリケリ!!
でも力がそんなに入ってなくて大丈夫なんだろうなあ^^
ローガンってカメラでの撮影にも影響してくるんだ・・・と、ちょっと悲しい日々です(;_;)

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
太郎は爪切りが全くできない(させてくれない)ので、後ろ足でのケリケリの時の被害が私の腕にもろに出てしまいます(涙)。
爪切りは子猫の時に既に恐怖を感じたので、今のこの大きさになってまた挑戦しようとも思わないし・・・(>_<)
猫の爪での傷のこのヒリヒリ感、つらいですよねぇ(涙)。
めんまちゃん、肩を噛むってなんかすごいですね(^^;
うちも噛むのが挨拶のようなもので、寝ぼけてる時に指を出しても噛んできますが、幸い、噛むのだけは甘噛みっぽいので助かってます(^^;
でも他の人からしたら甘噛みではないのかも・・・(汗)。

ローガンって読む時だけじゃなく、撮影にも影響してくるんだと実感中です(;_;)
どんなにカメラの機能がよくなっても、目がこれじゃあ・・・です(涙)。
私、カメラではオート機能しか使わないから全然使いこなせてないんですよ(>_<)
絞りとかISOとか、Gaviちゃんのおねえちゃんに教えてもらったこと、この後勉強します(汗)。


★pilさん
爪切りは子猫時代の時に既にあきらめました~(^^;
子猫の時に野獣になったので、今のこのでかさで無理に爪切りしようものなら、私への被害がもっともっと・・・と、恐ろしいです(>_<)

カメラ、そうなんです!急に設定が変わったりして焦る!!
私も先日、いきなり、”容量がいっぱいでこれ以上撮影できません”とか出てきて焦りました←数十枚しか撮ってないのに(-_-;)
で、設定を変えようにもずっと同じメッセージ出てきて何もできなくって。
あれこれいじってたら普通に戻りましたが・・・。

以前、ローガンズを結成しようかという話もあったのですが、お仲間多そうで少し安心(^^;


★まかないさん
大声で大げさに”痛い!”とかすると一瞬は太郎にも効くような・・・(^^;
私、あまりにも痛いことすると太郎を無視しちゃって、それで落ち込んではいるようですが(笑)。
今度は無視せず、演技を続けてみますね(笑)。

お花、最初のはムスカリですが、これ、お手入れしなくても毎年咲くし、うちに咲いてるのの種が庭の外に飛んでるようで、庭の外でも咲いてます(笑)。
庭仕事苦手な私にぴったりの花です(^^;

カメラの事、書き忘れたんですが、私も同じ悩みです。
AUTOだとピントが合わないし、暗い!!
Gaviちゃん、キャンプで2回お会いしましたが、写真は本格派ですよ〜(^_-)-☆
私も少年時代からカメラ小僧だったので、話が良く合います。楽しい話が終わりません。
写真の事ならなんでも聞いてくださいね〜(*^^)v

私はデジカメの時代にはなかなか馴染めず、やっと数年前からなんです。
トラキチの子供の頃の写真は、フィルムで撮っていました。
フィルムのほうがずっと綺麗に撮れました。
AUTOのデジカメになって、かえって難しくなった気がします。

だから私はデジイチで撮るときは、マニュアルつまり全部手動にしています。昔から写真をやっていて絞りとかISO(昔はASAでした)とか、よく知っているので、かえって楽なんです。
手動のほうが実際に失敗作が少ないです。
デジイチのAUTOは今はまったく使わなくなりました。もちろんピントも手動で合わせています。

でも、調節に手間取るので、普段はコンデジでAUTOです。
私のカメラでは5cmなんて近接撮影はできません。30cmが限度です。近い物、ズームで拡大するとピントが合わないので、そのままで撮ってトリミングします。
この方法が一番良いと思います。
背景にピントが合ってしまうのは、どうしようもありませんね。
何度も撮り直す以外にないと思います。
コンデジでもピントを手動に切り替えできますが、手間がかかって難しくて実用的ではありません。

あと、暗いのが困ります。
空など明るい所に、明るさが自動的に合ってしまうんですよ。
私は暗いと嫌なので、試し撮りして暗かった場合はだいだいEVを+0.3か0.7に変更します。
面倒ですが、これは必要なテクニックだと思います。

デジイチは重くて大きくて嫌なので、同じような物で小さいのがあるといいんですけどねぇ。
いろいろと複雑な事を書いてしまいましたが、写真は本当に楽しいと思います(^◇^)

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
カメラのこと、ありがとうございます。
まずは最低限必要なことを自分で調べてみますね。
それで分からないことが出たらまた聞かせていただきます^^
まずは自分で調べないことには身につかない、これを最近実感してますので(笑)。

山歩きの最中は今までは全て一眼で、お花はマニュアルで撮ってました。
それでお花の画像は満足してたのですが、山歩きの最中に撮影に時間をかけることはどうしても避けたい、プラス、重い一眼を首に下げておくのも、リュックから出し入れするのも歩いてる最中はとても煩わしい行動でした。
狭い登山道で時間をかけての撮影は他の方の迷惑にもなるのでそれも避けたかったのもあって、それでポケットからささっと取り出せてすぐに撮影できる、なおかつ一眼並みにきれいに写る機種を今回選びました。
なので、あれこれと設定せずにオートで瞬時に撮れることが私には一番大事になってます。

ただ、せっかくいろんな機能が付いてるので、私も勉強したいと思ってます!

太郎ちゃん、お庭でごろんごろん、気持ちいいだろうなぁ。
お猫さまにとっては至極のひとときよねー。( ´▽`)
腕にガシッ&蹴り入れって、うちのらくちとまったく一緒だわぁ。
下の動画の感じもそっくりです。うちはこういう時は
もっとイッちゃった目をしてますが、小さな生傷耐えません。( ̄∀ ̄||)
alpenkatzeさん、手がきれい・・(*´v`)

お花きれいに撮れてますねー。オオイヌノフグリは白飛びしちゃったのかな。
ローガン・・・(^ω^;) 確かにピンがあわなくなってきてます。
プロなんかでも老眼に限らず目が悪くなってカメラマンを辞めるってヒト
いるみたいですね。

コメントありがとうございます♪

★ぱんとらさん
春以降はお天気がいいと必ず外でゴロンゴロンしてくるので大変です(>_<)
掃除機かけた後にうちの中がザラザラになることも多いです(-_-;)
おおっ、生傷仲間がここに~(笑)♪
一つよくなったと思ったらまた新たにできますよね、生傷(^^;
手、写ってない外側が傷だらけで大変だし、手の甲は山歩きと加齢のせいでシミだらけです(;_;)

白い花は写すの難しいですね~。
なるほど、プロのカメラマンでさえも目が悪くなると辞めちゃうんですね!
ということは、私がローガンで撮影に苦労するのは普通のことなのかな~(^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/494-d9d2a632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フロントラインの季節 «  | BLOG TOP |  » またまた目が開いたまま

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (328)
太郎とご近所猫(犬)さん (81)
お出かけ(山以外) (44)
お出かけ(山関連) (27)
獣医さんでのこと (2)
クリスマス市 (9)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (8)
日々のこと (52)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

gremz

Flag Counter

Flag Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR