topimage

2017-04

意味なく噛みつく - 2017.01.27 Fri

最近、ネットショッピングをまたよく利用するようになりました。セールの時期ですからね(笑)!
こちらのネットショップは、”理由に関係なく返送料無料”となってることが多く、衣類関係でもとても気軽にネットショップを利用することができます。

昨日も配達がありました。ほとんどの配達はDHLからが多いのですが、昨日はUPSという別の会社から。その配達人が珍しくとても愛想がよくて、おまけに私を見るなり「コンニチハ!」と日本語で挨拶してくれて、受け取りサインをした後は「アリガト!」「サヨナラ!」と言ってくれました。ドイツ人の年配の方でしたが、こういう方もいらっしゃるんだなあといい気分になりました。

なんでこんな細かいことで嬉しくなるかというと、日ごろDHLの配達をやってる、とあるアジア国出身のうちの地区担当の人はいつも態度が荒くて、彼から荷物を受け取るのがあんまりいい気持がしないからです(汗)。
こちらは受取人不在だと近所に荷物を預けていくことがほとんどで、日本でいう1階(ドイツ地上階)に住んでる私は、他のお宅の荷物をよく預かることになってしまいます。ほとんどは受け取って預かってますが、このDHLの配達人、同じ管内の人への荷物ならまだしも、他のところのも預けていこうとしたことがあったのでその時は受け取り拒否したら、「あなたのご近所さんのだろう!」と言うから、「同じ管内の人のしか預かりません!」と言ったら、大きなため息ついて舌打ちまでしたことあるんです(-_-;)
その他、荷物をぞんざいに扱ってるのも見たことあるし、嫌なやりとりも他にもありました。
・・・その時以来、この配達人が本当に嫌になりました。この人より前に担当だったトルコ人のおじさんは愛想がよくて、外で会うと「こんにちは、〇〇さん!」とまで挨拶もしてくれるような人だったのに・・・。

せっかくの楽しい買い物の品なのに、受け取る時に嫌な気持ちになるって本当に残念!DHL、早く担当者が変わらないかなあといつも思ってますが、なかなか変わらず。いつの日か担当が変わることを気軽に待つ日々です・・・。

日本のようにこういうことでクレーム入れても無駄骨を折るだけになるので、なにもしません~。

・・・と、最初から長々と愚痴を失礼しました(汗)。


さて、こちらは、とある雪の日、いつものように外に出ようとしたので私もコートなどを着て準備をしてテラスに出たら、外には出ずにミニタワーの上の部分に上ってしまった太郎です。
「やっぱ外には出ないにゃ」   私、せっかく出たのに~。
1_20170127014814d57.jpg


太郎ちゃん、おいでよ~・・・と、テラスから指を伸ばしてみました。
2_20170127014815f89.jpg


「出る気が急に失せたんだにゃ」   うん、でも、噛まなくていいのよ?
3_20170127014817134.jpg


「外は寒過ぎるもんにゃー」    それも分かってるけど、なんで噛むの?
4_20170127014818464.jpg


「手は出されたら噛むものだにゃ」   爪が痛いから私もここで手を引きました。
5_20170127014820496.jpg


「何も間違ったことはやってないにゃ」   そ、そうですね(-_-;)
6_20170127014822068.jpg


でもやっぱりテラスに出てほしくて、ナデナデしようと思ったら、またこれ(>_<)
「自分から目の前に出してくるから、噛むしかないにゃ」
7_20170127014823e13.jpg


「悪いことはやってないもんにゃ」   そうかもしれないけど・・・(汗)。
8_20170127014824550.jpg


またまた手が出てきて爪が痛いのでここで私もあきらめることに・・・。
9_201701270148263f3.jpg


・・・この方に逆らうことはできません(`o´)
10_20170127014827abf.jpg

うちでは王様のように君臨する太郎でした。

● COMMENT ●

配達の人で気持ちが沈むってよく分かります!
私は佐川の人がダメ、会社自体も荷物を丁寧に扱わないので分かっていればヤマトを使ってるショップで買います
妥協できるものは佐川でも買いますけど・・・
あ、私も愚痴でしたね、ゴメンナサイ

太郎ちゃん美味しそうにお手手を齧ってますけど
甘噛みじゃないですよね???
据え膳食わぬは男の恥ってやつかしら(笑)

画面から骨に当たるこりこりという音が聞こえそうです。
咬むのに理由なんていらないけど、
このときは「いまはもう外に出たくないし」という
理由で咬んだ...のかしら。
手が前に出されたらもう、とりあえず咬む!!
これは正しい...のかな、ふふふ。うちでもそうだし。

配達、日本でも結構ひどいときはひどくて、
親のところにくるひとがひどいみたい。
「いつも留守が多すぎるんだよ!」とか文句言われたり、
(年配の女性だと馬鹿にしやすいのか?)
勝手に「ほら、不在票入れてるだろう!」とかいって、
マンションのドアについてるポストを勝手に開けたりするとか。
それを聞いて、にいちゃんとかそういうのに文句言いたくて
うずうずするタイプなので、次は呼んでくれと言ってました。
うちも、感じがいい人もそうじゃない人も来ます。
道がわからないのを、会社までもう持って帰ったから今日は
行けないです、って連絡だけ来るとか。
急いでるものなのにとか...で、説明したいのに
地図も見て無くて、じゃあなんで電話したの?というと、
こっちが絶対住所を書き間違えてたと決めつけてたみたいです。
「えー、あってるんですか...」と不満そうに切ろうとしたので
場所の説明をするから地図を出してくださいと強くいったら
やっとぐずぐずやりだしたとか...日本もまあ、いろいろですねえ。
その、感じのいいかたが届けてくれるとうれしいですね!
うちも、やっぱり不在だと迷惑をかけてると思うんですが、
それでも気持ちよく対応してくださると、お礼も謝罪も
(いつも留守ですみませんとか...)きちんと対応したいなと
思います。

宅配便はどこの国でも活発のようですね。
でも、配達員の人を全面的に信頼することはできないので、私はむやみにドアを開けたくないです。
男性の私でもそうなのに、女性ならなおさらじゃないですか?
日本では他人の家に荷物を預けることは禁止されています。
これは大変面倒な問題ですね。
居留守を使うってのはどうですか?

太郎ちゃん、噛みつくのは甘噛みだと思うんですが、これはちょっと本気に近いのかな?
何か不機嫌な事でもあったのでしょうか。
よ〜くお話聞いてやってくださいね〜(笑)

ところで、とても面白い話をご紹介します。
コレ、何度見ても笑ってしまいます(^◇^)
http://moo4179.blog79.fc2.com/
私の友人のブログ(ニャンコ3匹います)なんですが、先日出張先で見つけたお店が「ヨーロッパ軒総本店」\(◎o◎)/
ソースカツ丼を食べたのだそうです。
ドイツ人もビックリだと思いますよ〜 (@_@;)
ソースカツ丼なんてヨーロッパにはありませんよね(爆)

コメントありがとうございます♪

★ししゅうねこさん
私も佐川はちょっと、です!(>_<)
日数もヤマトよりかかることがよくあります。
帰省中のレンタルWi-Fiの、レンタル会社からのこれの配送が佐川だったんですが、早めに発送されてるのに途中で止まってて、希望の使用開始日の翌日午後遅くに到着してがっかりしました(涙)。
そしたら数日後に佐川のことがニュースになってたのでますますイメージダウン。

えっと、一応甘噛みです!^^;←普通の猫に比べたら強いかもだけど(笑)。
そうでないと撮影も続けられない・・・(笑)。


★めんまねえちゃんさん
あっ、なんか音がしそうな状況を私も自分で想像しちゃいました(笑)!
出たくないという気持ちを噛んで表す・・・、太郎らしいかも^^;
噛む強さに愛の深さは比例してます・・・、なぁんて(笑)。

ええっ、留守が多過ぎるとか言われちゃうんですか!??
そんなのしょうがないじゃないですかねぇ!!
やっぱり相手を見て言ってるんでしょうかねぇ?
あまり文句を言い返してこなさそうな人に・・・。
確かに、にいちゃんさんに対応してもらった方がいいかも、です。
帰省中に佐川のニュースを見て、配達人の方々も相当忙しくて大変だというのは見ましたが、暴言はいけませんよねぇ・・・。
こちらも配達してくれることに感謝はしてるんだから・・・。
こっちは日本みたいに数時間ごとの時間指定とかないし、近所に預けるのも禁止されてないので、配達人の方のストレスはこっちの人の方が少なさそうです(日祝日も配達ないし)。
そうなんですよー、気持ちよく配達してくれる人だったら、こっちもそれに対応したくなるのに・・・。
こっちだとチップ社会でしょう、だからもし何かあったらいつかはチップを・・・とは思うものの、うちの地区担当のこの人にはあげる気持ちになれません(-_-;)


★ロッドさん
私はこの嫌なやりとりの件があって以来とその他もろもろの理由から居留守は使うようにしてます(玄関ベルの音をオフにして)。
ただ、私自身も受け取る荷物がけっこうあるので、その時は配達状況をネットで確認して、その日は音はオンにしてます、そうでないと荷物を持ち帰られるか近所に取りに行く羽目になってそれも嫌なので。
あと、日本からの荷物がそろそろ着くなあという時もオフにはできないので、そうなるとドアを開けないといけません。
そういうのが先週、今週と毎日ではないけどほぼ続いたので、なんだかストレスでした。

太郎の噛み方、子猫時代に比べるとかなり軽くなってるので私には甘噛みですが、他に人にはどうかなー^^;
一昨年亡くなった実家の猫(♀)は本気噛みしかできない子だったので、それに比べれば楽勝です(笑)。

ご紹介のブログ、拝見させていただきました~。
お店の名前から全く別の雰囲気を想像してましたが、メニューはまさしく日本のものですね(笑)!丼物、こっちにないし^^;
でもとっても美味しそうです!最後の方に書かれてるシュニッツェルはこちらのメニューだから、それだけはヨーロッパかも(笑)。
ビールと枝豆、いいですね(≧▽≦)

宅配(も)ほんと人によるけど腹立たしいことが多いよね!
隣ならともかく、なんで違うところのを預からなくちゃいけないのよ〜
自分が配達するの面倒だからだろうね。
クレーム入れまくりたいけど、変わらないから諦めちゃうよね。
普通に仕事してる人や感じが良い人なだけで、すごく良い仕事してる!って
感じるけど、当たり前の基準が低いのってどうなんだろうね....

太郎ちゃん、噛むというか、奥歯で齧ってる(笑)
なんで噛むの?な時も噛むのよね....
前触れ無しにアーンと口を開けるのよね....
カノも同じだよ.....
甘噛みでないけど本気噛みでもなくない?
でもイカ耳で「文句あるのか?アァン?」なお顔可愛い〜
王様太郎ちゃん、かっこいい〜

DHLとUPS

態度の悪い配達員、多いですよね~。
うちもよその荷物をよく預かるんですよ。
下の階のご夫婦もたぶん家にいると思うんですけど、前にトラブルでもあったのか、そちらには預けずに必ずうちにやって来ます。
ドイツのサービス業に期待は禁物ですね。(笑)
感じのいい人に巡り合えたら、それはもう奇跡かも!?

最後の1枚、まさに王様! カッコイイ!

コメントありがとうございます♪

★moguさん
あっちもどこがよく在宅してて預かりもしてくれるか覚えてるから、受け取り人がいないとそういうところのベルを鳴らすのよね。
預かるのはお互い様だけど、なんで全然知らない他所の棟の人のを預からなきゃならんのよ!と腹立たしかった!←一度預かったことあって、受け取りに来た人が、”なんでお宅が預かってるの?”と苦笑いしてたよ(-_-;)
そうそう、この職業の人たちに限ったことじゃないけど、当たり前の基準が低過ぎるよね!

あっ、ほんとだ、よく見たら奥歯で食べるように噛んでるね(;´▽`
自分では甘噛みだと思ってたけど、最近他所の猫ちゃんが噛んでる姿見てたら、うちは甘噛みじゃないかも・・・と思えてきてねぇ(汗)。
でもそうなの、本気でもないのよ(笑)!


★pilさん
どこのお宅が問題なく預かってくれるか、向こうも覚えてますよね!
うちはよく在宅してると思われてるから何度も鳴らされてしまいます(-_-;)
同じ棟内の他のお宅に荷物があったら、他は鳴らさずにうちに全部預けて行くことも・・・。←上の階に行くのが面倒で運ばないとはよく聞くけど、うちへの配達人でもたまにそう(>_<)
サービスは期待しないから当たり前にやってくれと思うものの、それも無理なことありますよね~(涙)。
ああ、ドイツ・・・(:_;)

太郎はいつでも王様なんです(笑)!

二度目で失礼します (^_^;)
私の父が運送会社の社長で、私もそこで働いていた経験があるので言いますが、
実際に従業員のマナー悪いです。
社員教育なかなか大変!
仕事はきつく、月100時間残業は当たり前の世界です。

20年以上前は、日本でも他人の家に預けることがありました。
ところが、そこの家で自分の家に来た荷物と勘違いして開けてしまったり、食べてしまったり。
留守なので庭先に置いて行ったら、猫に食べられてしまったとか(新巻鮭)
そういうトラブルが実際多かったので、社内規定として「他家に預けること禁止!対面で必ず手渡し」になりました。
今はどこの会社も同じ規定があると思います。

内部事情を知っている者としては、
正直言って宅配サービスはあまり利用したくないです。
だから、私の場合は通販で物を買う場合は、最寄りの「営業所止め」
にしてもらって、そこまで受け取りに行きます。
余計な気を使わなくて良いし、家で待っている必要がなく、自分の都合で行動できるのでかえって便利です。

いますよねそういう宅配員(-"-)
増加の一途をたどる仕事量で余裕がないのかはたまた個人の資質のせいなのか。
実にご愁傷様ですm(_ _)m

太郎くんのこれは親愛の証なんでしょうね^^;
猫飼いにはやられて嬉しいとはいえ本気噛みは厳しい(-"-;
太郎くん、できれば甘噛みでお願いします(´・ω・`)

ああ、態度のイマイチな配達や集金の人っていますよね。
今の家で、これはステキ~って思うもんが、宅配ボックスですもん。
重い荷物は、1階に取りに行かなきゃなんないけど、
感じの悪い思いをするより数百倍気持ちは軽い~

家の小デブの坊ちゃんが、横に立つと足の甲を枕にするように、
太郎さんは、「手は出されたら噛むものだにゃ」が信条なんですね( ̄▽ ̄;)
太郎さんの愛情表現の一つなのかしらね??
そして、噛めば噛むほどクセになる、スルメやグミみたいな効果が、
アルペンさんの手にはあるのかしらね??w

日本でも、宅配便の配達員が荷物をけったり、
投げたりしている動画がアップされて問題になってました。
ネットショッピングは便利だけど、
配達員さんががっかりだと、本当に残念ですね。

太郎ちゃんにとっては、
お母さんの手 = おいしいモノ
なんでしょうかね~

配達…

e-9 実に、いろんな人種の方が、配達に就いているのですね…
 私も、佐川は敬遠。営業所に必ず神棚があって、ヤクザの事務所を連想しちゃう…
 戦前の精神主義で、職員を労務管理しているように見えます。
 作業、2次3次下請けの低賃金バイトにさせているし、
 ヤードのほうからは、マイクで罵声が聞こえるし…

e-10 太郎さん、出した手を噛むというか食べてますね…
 少しは、力を加減してくれているのかな…
 e-3
          <ののちゃんより>

コメントありがとうございます♪

★ロッドさん
日本の配達業者さんは大変だと思います、サービス過剰で客もわがままになってきてると思うし・・・。

こちらでは近所に荷物を預けるというの、何の疑問もなく普通に行われてて、これからもこれはよっぽどのことがない限り変わることはないかな~と感じます。
配達させずにこちらから受け取りに行く方法もこちらもありますが、私の場合こちらでは車の運転をしないので、大きい物、重い物は運べないのでいろいろあってもうちまで運んでもらうのが一番私には便利です。
近所預かりも、うちも預かるしご近所さんも預かるし、これはお互い様なのでいいのです。
問題は配達人の態度だけなんですー。


★キノボリネコさん
日本と比べたら、こっちは夜遅くの配達も日祝日の配達もないし、どうかすると”今日のうちに配達できませんでした”のお知らせメールが来ることもあるので、日本の配達人の方々に比べるとストレスは少ないと思うのですが、これは私が比べていいものでもないですしね(>_<)

太郎のは、はい、もちろん愛ですよ(笑)!
あっ、一応甘噛みなんです・・・、撮影続けられてるし・・・^^;
でも他の方々には本気噛みに見えても仕方のない噛み方、私が鈍くなってるのか(汗)。


★ほんなあほな。さん
宅配ボックス、いいですね!留守でも受け取れるんですね。
いいな~。こっちでは近所預かりが普通に行われてるのでそういうのが設置されることはこれからもなさそうです・・・。
荷物によってはネットで置き場所を指定できることもありますが、”テラス”とか”ご近所さん”とか、まだまだそんな感じですので(汗)。

一昨年に亡くなった実家の子が、三ちゃんみたいに、傍にいると足の甲を枕にしてました^^
太郎は、寂しくて”ニャ~”と呼ぶから近寄って撫でても必ず噛みますw
はい、愛情とは思うのですが、今回moguさんに指摘気づいたけど、奥歯で食べるように噛んでるのが私も気になりました(>_<)


★タスママさん
そのニュース、帰省時に見ました!
日本でのレンタルWi-Fi到着が佐川のせいで遅れて友達にブーブー文句言ってたらそのニュースだったんで、ああ・・・とあきれるばかりでした(-_-;)
配達人の方も大変だとは思うんですけどねぇ・・・。
でも大変でないお仕事ってないと思うし・・・。

はい、私の手は、なんだかガシガシ噛んで美味しい物認定されてます(;´▽`


★Kitcatさん
そうですねぇ、こっちの配達人は外国人の方もけっこう多いかなあ・・・。
えっ、佐川のその神棚、あちこちの事務所でもそうなのかな(汗)。
年末にいろいろとニュースになってたでしょう。
あれは相当のストレスがたまる仕事をさせられてるんだなあと思いましたが・・・、それでもあの荷物の扱いは許されませんよね(-_-;)
私も日本の通販を利用すること多いですが、ネット追跡する限りではクロネコでの配達の方がスムーズに感じます。

太郎、一応甘噛みなんですが、他の人だったらこれは本気噛みに感じるかも(;´▽`。

チョット前日本でも話題/問題になってました。
ノルマがキビシいのはわかるけど仕事ですからね。
うちに来ていたぼう宅配業者のオジさん(結構年配)も無愛想&重い荷物もポンと投げるように渡す。
でも決して悪い人じゃないんだろうなって思ってたんだけど、
最近は別の人(若くて丁寧)が来るように。
きっと会社にクレームが入ったんでしょうねぇ・・・
配達もサービス業だと思うし、なにより人と人、気分よく接したいよね。

うちにも噛み付きお嬢がいるからよく分かるわ。
本猫は本気じゃないんだろうけど、人の皮膚って猫より薄くて弱いことを学習して欲しい;;

コメントありがとうございます♪

★ANKOさん
ちょうど帰省中に私も話題になってたニュースを見ました。
大変なんだろうなあとは思いましたが、私も同じように、仕事だからこういうのはダメだと思いました。
皆さん、ストレス抱えながらもきちんとお仕事されてるわけだし・・・。
担当の方、変わられたんですね。
こっちはクレーム入れる人自体がいないかも・・・、入れてもどうにもならないことわかってるし・・・。
外国人が多い職業には”彼らは低賃金で働いてるから”という目で見る人が多くて、あれこれと望まない風潮があります(-_-;)

噛みつく子が好きな子がここにも~^^;
猫にとっては噛み甲斐あるんでしょうねぇ(:_;)                     

配達の人の当たり外れあるよねー。
お家もヤマトさんだけどねー・・・アベちゃんが一番で、ナッシーは冷凍品は溶けてるし・・・箱ばボロボロになるしナゾなのにゃあ!
いいご担当さんに代わってよかつたのにゃ!

うんうん 太郎ちゃんの愛情表現はワイルドですからねー。
大丈夫、alpenkatzeおねえちゃんも喜んでると思うのにゃ!
お家もアタシは軟骨狙い、Tibitibiは肉狙い、大変・・・って

コメントありがとうございます♪

★Gaviちゃん、はなびちゃん
箱ボロボロ、こっちもあるー!
受け渡しの時に玄関の前にドスン!と置かれたこともあるしなあ・・・。
冷凍品が解けちゃうのは大変だね(>_<)
そういう話聞いちゃうと、こっちはクール宅急便とかなくてよかったのかも・・・。

噛まれて写真撮ってるから、うん、喜んでるのよね、私(;´▽`
わー、軟骨と肉でちゃんと分別(?)して噛んでるとは・・・、さすがだわあ(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/455-538cf5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャンプ姿 «  | BLOG TOP |  » 雪の上を駆け抜ける太郎

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (302)
太郎とご近所猫(犬)さん (68)
お出かけ(山以外) (41)
お出かけ(山関連) (20)
獣医さんでのこと (2)
クリスマス市 (9)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (7)
日々のこと (45)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

gremz

Flag Counter

Flag Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR