topimage

2017-05

ハーネス散歩もまだ大丈夫 - 2015.08.25 Tue

太郎が自由に外を歩けるようになって約2年ですが、行動範囲は思ったよりも狭そうで、だいたいいつも名前を呼んでおやつの袋の音をカサカサ鳴らせばすぐに戻ってこれる位置にいるようで本当に助かってます。
それでも昨年は、出かけようとしたらなかなか戻ってこなくて、お出かけ自体を中止にしたことも数回ありました。
今年はそういう理由でのお出かけ中止はまだないのですが、どうしても中止にできないようなお出かけがある場合は、太郎はリードでのお散歩になります。

ちょうど一ヶ月くらい前に、久々にハーネス着けてお散歩をやりました。本当に久しぶりのハーネス、太郎は受け入れてくれるかものすごく不安でしたが、太郎も慣れたもんですね、以前のようにすんなりと着けることができました^^

「久々の感触だにゃ」   これ着けてお散歩やってたの、思い出した?
a1_20150824235335c27.jpg


「もちろん覚えてるにゃ」   まだ普通に歩けるようで安心したよ~。
a2_20150824235337bd0.jpg


「このままゴロンもできるもんにゃ」   よくやってたよね。
a3_20150824235338879.jpg


「着けてない方がもちろんいいけどにゃ」
a4_20150824235340caf.jpg


「少し調子狂うにゃ」   でもウーッて怒らないから私も安心よ^^;
a5_20150824235341322.jpg


「いつもの場所に行くにゃ」   紐があること忘れないでね!
a6_201508242353548c2.jpg


「もっと奥に行きたいにゃ」   今日はちょっと勘弁して~(汗)。
a7_20150824235356f8b.jpg


「しょうがないにゃあ」   すぐに戻って来てくれて安心しました^^;
a8_201508242353573e2.jpg

・・・と、こんな感じになって、以前のように自主的に部屋にも戻ってくれて、普通にお散歩できました。長いことやってなくても、太郎自身もちゃんとハーネスの感覚を覚えてたようで、私も安心しました^^


----------------------------------


先週、とあるタブロイド紙に、一匹の猫のニュースが載ってました。メインクーンのこの猫ちゃん、目隠しされてますw
q7_20150823231058ade.jpg

なんでも、いきなり飼い主さんご夫婦に襲い掛かったそうで、女性の方が顔にかなりの重傷を負ったとか。このご夫婦、猫を部屋に閉じ込めて警察を呼び、その後ご夫婦は病院行きとなったそうです。
この猫、今はティアハイム(動物保護施設)にいるそうなんですが、何がこの猫をそんなに怒らせたのか理由は分かっておらず、今後この猫がどうなるのかもまだ決まってないようです。
それにしても、いきなりこんなことが起こるものなんですねぇ。この猫ちゃんがご夫婦にどれくらいの期間飼われてたのかとかそういうのは全く書かれてないけど、もし自分の猫に襲われたら、やっぱり警察を呼ぶべきものなんですかね?^^;
その点がちょっと気になってしまいました^^;

● COMMENT ●

太郎くんの落ち着いたハーネス散歩、いつ見ても偉いなあと思います。

以前飼っていた犬はリードでさえグイグイ引っ張って落ち着かなかったし
また田舎ということに甘えて田圃道で人とすれ違わなくなるとリードを外して
自由にさせていたので人のペースに合わせるのが苦手でした。

チビはたぶんそれに輪をかけて自由なのでリードなんかとてもとても(-"-)

それを考えると人のペースであまり獣道に行くでもなく
落ち着いて自分の縄張りをチェックするだけの太郎くんは偉い!

新聞の件
メインクーンはたしかに大型だし、どんな傷だかは知りませんが
警察は大げさだと思います。
自分なら閉じ込めが成功したならそのままにして治療に行き
双方落ち着いてから対面しに戻りますね(-"-)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

太郎ちゃん、偉いな〜
ハーネスなしの自由を知ってて、ちゃんとalpenkatzeさんの言う事を聞くし
遠くに行っちゃわないで自由を満喫してるけど、ハーネスも嫌がらずで。
それはそれでalpenkatzeさんが近くにいるから楽しいのかしら?

たまに猫が凶暴になって警察出動のニュースがあるよね。
警察よりも獣医さんに相談をって考えるけどな....
でもその凶暴具合が解らないし、普段穏やかな仔が豹変した!って動揺
しちゃうのかもしれないね。

太郎ちゃん、偉いですねえ。
リードを嫌がらないでお散歩できて。 覚えているんですね。
もともとそんなに遠くに行ってないから、リードついていても、
強く引っ張られるとかなければ気にならないのかしら。
うちも固まっちゃうから無理だなあ。

メインクーンなんですね。 四足という表現は何だ?
何の理由もなくいきなり飼い主に襲いかかるってあるのかしら?
理由が判らないみたいだけど、精神の病気なのか? 飼い方に問題があるのか?
保護施設では大人しいみたいなのにねえ。

↓ 帰り道、お疲れ様でした。 私なら間違った情報を流したラジオを罵りそうだけど、確かに事故に巻き込まれたりしないで無事に帰宅できる事の方が大事ですね。
バイクの事故は直後を2回見た事ありますが、自損事故?バイクが倒れて怪我していたのでも、見た目はかなり血がでていて気持ちの良い物ではありませんでした。

マーヴェン君、太郎ちゃんをベスター君じゃないか確認してるような。
ベスター君なら追いかけ様と狙っていたのか?

太郎ちゃん、ハーネスをつけるときはウーシャーしたりしないんですか?
おりこうさんですね。
猫の散歩にあこがれが時もあったんですが、毎日になったら大変だからあきらめました。
でも、外に出られるほうが、のびのびしていいんだろうなぁ。
太郎ちゃん、うらやましいよ!

この間、突然凶暴になったワンちゃんの話をテレビで観ました。
原因は脳腫瘍。結局1ヶ月くらいで亡くなったとのことでした。
猫ちゃんも、もしかしたら病気だったのかも。
びっくりするけれど、何か理由はあるんじゃないかな。

ホント、太郎ちゃん偉いな~
ジェイクは首輪自体もNGなのでお散歩の夢は砕かれました(笑)

突然噛まれちゃったらびっくりしますけど、それで保護施設に連れてっちゃうのか~・・・
和解の道はなかったのかしらね

↓山間部で電波が入らない・・・
平野部に住んでるとそんなことも忘れます・・・orz

太郎ちゃん、おお、久々にハーネス。でもちゃんと落ち着いてますね。
さすがだわー。

うーん、「ほんとに猫に咬まれてここまでけがをするんですか」と
言われた大怪我体験者としては、警察って意味不明ですね。
救急車ならわからないでもありません。
私の場合はもも姫もまず預けねばならなくて、嫌がる動物病院(最初に預けようとして院内感染が、とか言って断ったところ)に
血だらけになって強引にねじ込んだので、
そこがタクシーを呼んで、総合病院の救急搬送口にそのまま
連れて行ってもらえました。(タクシーに)
もも姫はそこに段ボールに入れて預けたけど、
万を超える請求があったにしては、病院をボラさんに変えてもらったところ、たぶんのみとりすらしてなかったという. . . (下手すると水や餌もゼロだったかも)
話がそれました。
で、警察っていうのはたぶん、ヘタすると猫に暴力をふるってでも(猫がダメージを受けてでも)人間を優先させる、という感覚で呼ぶんだと思います。拳銃とか持ってないだろうから、ダメージを与えられるかどうかは別にして。http://karapaia.livedoor.biz/archives/52196695.html
例えばこういうの. . .
どんなことがあっても猫と一緒に生きよう、というのではなくて、
やっぱり「扱えるペットとして」猫を飼ってる感じのも混じってますね。(安楽死とか. . . )たけり狂ってるのにさらに捕まえようとしたら暴れるに決まってるのに。(涙)
前の、外に出しといて旅行、という話もそうですが、愛玩動物以上の存在としては見ないというか、なんていうか. . . 野生動物でなつっこいのに餌やってるくらいの勢い(だから、留守にしてる間勝手にどうにか生きてくれってなったり、
ほかの人がご飯上げてても別に悪びれないとか)のひととかいますねえ. . .
襲われたからよけいに、そういう攻撃の問題行動についてはかなり調べたけれど調べるとか、猫について知る以前に、じゃあ別の猫でいいやってなるんだと思うと、あーあ. . . って思ってしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

怒り狂った猫ほど恐ろしいものはない、っていうけど
急にそんなことが起こるって、
脳の病気とかも可能性あるし・・・
なんていうか、悲しいわ、、

コメントありがとうございます♪

★キノボリネコさん
太郎は、ハーネス自体は最初からすんなり受け入れてくれたのでそれは楽でした^^
でもお散歩はさせたくなかった(室内飼いにしたかった^^;)ので、私の方が
イヤイヤながらのお散歩でしたよw
普通に歩く時はいいけど、一箇所に留まると長いし、怖いことがあるとダッシュで
逃げるので、それに付き合うのが毎回大変でした(汗)。

新聞の件、そうですよね、閉じ込めたならまず自分たちが先に病院、ですよね!
飼い猫のことに警察を介入させるのがよく分からない・・・。


★鍵コメ08-25-17:15さん
そうですよね、猫だって、ずっとやってたことくらい覚えてますよね^^;
あれこれ心配しすぎました(笑)。

その動物と話せる人、私もテレビで何度か見たことありますー!
そういう人がもっともっといるといいですよね。
今回はそれは無理だったとしても、警察より先に獣医さんに相談するとか
できなかったのかなあと気になりました・・・。


★moguさん
どっちかというと、昨年の方がもうちょっと遠くまで歩いて行ってたようだし、
ハーネスも久々着けたらウーウー怒ったりしてた(汗)。
でも今年はなんだかおりこうさんなのよ~^^

そうそう、警察より先に獣医さん、だよねー!
よっぽどの事態で消防の出動はあったとしても、警察って・・・?と思っちゃった。
普段からどんな気持ちで猫を飼ってたのか、それも気になっちゃう・・・。

コメントありがとうございます♪

★REIさん
なぜかリードは最初っからすんなり受け入れてくれたんで、最初の苦労は全くなくって、
それだけは本当に助かりました^^
でも、猫の散歩って本当に大変だから、皆さんには本当に勧めたくないです(汗)。

Vierbeiner、けっこう聞く表現です!
相方に聞いたら、一般的には犬に使う表現だそうです(たまに猫だけど、ほとんど犬)。
皆さんのお話聞いてたら、病気ってこともありえるかもですねぇ・・・。

バイクの事故、怖いですね(汗)。私も流血の跡がたくさんあるの、見たことあります。
こっちって、無理な追い越しが多いんですよ。とにかく気が短く、待てない人が多い。
今回の事故もそれが原因での事故でした。

太郎がでかいから、マーヴィン君、友達になれると思ってるような感じですー^^;


★こまちママンさん
装着時のウーシャーは全くないですよー^^
これだけは一番最初からすんなり受け入れてくれたんですよ~。
でも、仰るように猫の散歩は思ってる以上に大変なので、私は絶対に勧めません(笑)!
うちみたいな車が入ってこない場所でも相当気を遣ったので、これが車がちょっとでも
走ってるような場所があればもっと大変だし・・・(猫の性格にもよりますが)。

新聞の猫の件、最初は私、病気のことなど思いつきもしなかったので、
お話聞いて、なるほど~と思いました。
警察じゃなく、まずは獣医さんに相談、ですよね・・・。


★ししゅうねこさん
猫のお散歩、私は絶対にお勧めしませーーん(汗)。
上手にやってくれる子もいるだろうけど、あちこち狭い場所に進んだり、犬に会ったら
ダッシュで自宅まで戻ったりと、精神的にも体力的にも疲れる毎日でした^^;

猫の件、とりあえずこっちの保護施設はそれなりにきちんとしてるから大きな心配は
要らないだろうけど、今後は新しい飼い主さんを見つけるのも難しいかも、ですよねぇ。

電波が弱い時もあるから、山歩き中のSMS送信は書いてる時刻も一緒に表記するなど、
あれこれ私も慣れてきましたー^^

コメントありがとうございます♪

★めんまねえちゃんさん
私も、何度考えても、警察を呼ぶことが全く理解できなくって。
武器を持ってるわけでもないし。
高いところから下りられなくなったのを助けるのに消防を呼ぶことがあるから、
こっちが怪我をするような状況だったら大げさでも救急車ですよねぇ・・・。
今回は猫は部屋に閉じ込めることはできてるから、猫自身を連れて行けなくても
獣医さんに行ってあれこれ相談するという手もあっただろうし。
リンク先、読んでみました。
わあ、警察を呼んでるケース、けっこうあるんですねぇ・・・。びっくりです。
家族ではなく、もの扱いですね。
私も、猫は暴れることもある生き物と思ってるから、理解できない話が多いかも。
安楽死も、私、こっちに住み始めて周りで何回か聞いたので、その辺りからもう、
ああ、動物を飼うということに対しての気持ちが違うなと実感しました。
今回の猫ちゃん、もしかしたら、保護施設に行って正解だったかもです、ね。
こっちの保護施設はそれなりにしっかりしてるので、今この子がそこでおとなしく
暮らせてることに安心しました。


★鍵コメ08-25-23:22さん
台風の目のど真ん中がちょうど通ってたので明け方がかなり吹いたみたいですが、
他は特に何も影響なかったみたいです!
私もちょっと心配でしたが、連絡きて安心しました^^;


★anemoneさん
私も皆さんの話を聞いて、もしかしたら何か病気があるのかな・・・と思いました。
でもそれ以前はその考えに行き着かなかったから、この飼い主さんたちもパニックに
なるばかりで、そこまでの考えにはならなかったんでしょうねぇ・・・。
せっかく閉じ込めには成功したんだから、かわいい家族なら、まずは獣医さんに
相談してほしかったなあと、あれこれ考えてしまいました・・・。

太郎ちゃん、そう言えばハーネスつけてるのひさぁしぶりに見るにゃ!
・・・そういうアタシも今年は暑くてもうお散歩2ケ月近く行ってないからねー・・・ハーネス忘れちゃいそうだよ!

メインクーンって・・・おっきいけど確か穏やかな性格だよね・・・
何か環境の変化とか、体調とかあったんじゃないかなぁ・・・
警察呼ぶって、ちょっと違うような気がするにゃあ。
だって、撃たれちゃうかもしれないよね・・・
せめて獣医さんに相談するとかできなかったのかなぁ?
その子、ちゃんとケアしてもらえてるんだといいけど・・・

コメントありがとうございます♪

★Gaviちゃん
以前はハーネス着けてが普通だったから、私、すごく懐かしくなっちゃった^^
日本はすごく暑いから、にゃんこのお散歩も大変そう。
太郎も、夏の間は日陰から動かなかったもんなー^^;←私には日陰無しでつらかった(汗)。

飼ってる猫がいきなり襲ってくるって、なかなか想像できなくって・・・。
皆さんのお話聞いてると、やっぱり体調に何か変化があったのかなあ、だよねぇ・・・。
でも、警察呼ぶのはやっぱ変よね!
どういう考えで猫を飼ってたのか、気になっちゃった。
保護施設での心配はないと思う。でも、新しい飼い主さんを見つけるのは難しいかもね・・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpenkatze1.blog.fc2.com/tb.php/153-fce76c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牛とヤギとマーモット «  | BLOG TOP |  » 外でのいろいろ太郎

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (310)
太郎とご近所猫(犬)さん (69)
お出かけ(山以外) (44)
お出かけ(山関連) (22)
獣医さんでのこと (2)
クリスマス市 (9)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (7)
日々のこと (45)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

gremz

Flag Counter

Flag Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR