topimage

2017-06

白鳥もシャーッとやる - 2017.05.19 Fri

こちらは先週の半ば、お天気がよかった日に出かけたお散歩先での撮影です。
1_201705191601082a1.jpg
Starnberger See(シュタンベルガーゼー



ドイツで一番高い山も右端に見えてます。    Zugspitze(ツークシュピッツェ、2962m)
2_20170519160110e0d.jpg


この湖の湖岸をお散歩してたのですが、ヨットの船着き場の近くにいたこの一羽の白鳥が、ずっとシャーシャー言ってたんです。
3_20170519160112120.jpg


白鳥も猫みたいにシャーシャー言うんだ、でもなんでだろう・・・と思って見てたら、原因が現れましたよ。

犬が一匹そこにいました(^^; この犬に向かってシャーシャー怒ってたんですねぇ(笑)。
4_20170519160113bae.jpg


これがシャーシャー言ってる最中のお顔です。なんだかかわいい♪
5_20170519160114d3b.jpg


ところで、うちの太郎も昔は私に向かってシャーシャー怒っていました(^^;
6_20170519160116f1f.jpg


リード散歩中だけこんな風な生意気な態度を見せてたので、フリーになった今ではほとんどしませんが・・・。皆無ではないです(笑)。
7a.jpg
こうやって見てると、シャーシャー言われてた頃が妙に懐かしくなってしまいます(笑)。



今の太郎はシャーとやるよりも、王様の様な姿でいる方が多いかな(^^;
8_20170519160119e24.jpg


「ボクがここでは一番偉いんだにゃ」  そうでしたねー(笑)。
9_201705191601204b3.jpg


「でもかわいい顔も時々見せるとお世話係はボクにメロメロだにゃ」  よく分かってらっしゃる!
10_20170519160122db2.jpg


「お世話係を操るのは簡単だにゃ♪」   太郎ちゃんの思うがままになってるよ、私・・・。
11_201705191601231a0.jpg

ま、でも、こんな風に愛猫に操られてるのは私だけではないはず・・・でしょう(^^;



ところで、Facebookでも同じ画像をアップしましたが、湖岸をお散歩中にこんなものを発見しましたよ。

日本の観光地にもよくある、顔を出して写真を撮る、これです。
12_20170519160126e25.jpg

モデルに使われてるのは、ちょっと前に”シシィ城を見た”と書きましたが、そのシシィ(エリザベート)です。
彼女はこの湖の西側にあるお城で幼少期を過ごしてるので、この湖には縁が深いお方ですが、まさかこういうので自分が使われるようになるとは当時は思ってもみなかったことでしょう・・・(^^;




この日のお散歩に関してはこちらにも書いてます→  クリックするとジャンプします。

猫ベッド内でのくつろぎ方 - 2017.05.08 Mon

前回記事で”ごめん寝”のことを書きましたが、太郎生後5か月くらいの時のこんな画像を過去記事で発見しました。
1_201705080420544c3.jpg


ごめん寝ともまたちょっと違いますが、こんな姿も過去に1~2度見せたことがあったかどうかの、私には貴重な姿です(^^;
2_20170508042055246.jpg


猫ベッド内では、今ではこんな姿が定番のくつろぎ方ですね~。
3_201705080420575db.jpg


お手々を前にびよ~んと出すのはハンモックでもよくやってます。
4_20170508042059c33.jpg


そしてもちろん普通に寝ることもしますよ^^
5_201705080421003af.jpg


脇の下の毛の色、ちょっと三毛っぽいです。
6_20170508042102cca.jpg



ここからは、前回記事の、ホワイトアスパラガスを食べに行った時に地元で見かけた猫ちゃんの画像です。

この子、グレーの猫を追っかけてちょっと喧嘩っぽくなってましたが、逃げられて呆然と立ってるところです(^^;
7_20170508042256e42.jpg


この子は、周りは平野で建物は週末のみオープンのレストランしかないような場所にいた一匹の黒猫ちゃん。
8_201705080422571ee.jpg


奥の小さな小屋の所に自転車があってその方向に歩いて行ってたので、もしかしたら自転車の人と一緒に来てたのかもしれません。
9_20170508042108b43.jpg
野良猫はいないわけではないけど、ドイツではほとんど見かけないし、毛艶などからしても飼い猫でしょう。


そしてこちらは、現地を車で走ってる時に、”Schloss Sissi(シシィ城)”の標識を何回か見かけたので気になってお城に寄ってみた時の撮影です。
10_201705080421086d9.jpg


シシィといえば、日本ではミュージカルや宝塚でも有名なエリザベートのことですが、この建物を所有してたのは彼女の父親で当時は狩猟館として使われてたそうです。
11_20170508042110b81.jpg

エリザベート自身は幼少時にここを訪れてはいたそうですが、このお城が”シシィ城”と呼ばれてることが、こちらでも彼女の名前を使った方が観光客がやって来やすいのかなあということを思わせますね(^^;
ちなみにお城のちゃんとした名前は、”Wasserschloss Unterwittelsbach(水城 ウンターヴィッテルスバッハ)”といいます。

お疲れ姿&旬のものを食べに現地へ - 2017.05.05 Fri

両手を前にびよ~んと伸ばしてることはよくある太郎ですが、そこにこんな風に顔を倒す寝方は過去に数回やったことあるのみ。
e1_20170505045306b8d.jpg


いわゆる、”ごめん寝”と呼ばれる寝姿は全くしません。
e2_20170505045306b57.jpg


これを見てると、”疲れてるのかな?”と思ってしまいます。
e3_20170505045308e4d.jpg

ただ、こういう格好では太郎も落ち着いて寝られないようで、すぐにまたベッド内で普通の寝姿になりますが・・・。
一度でいいから、太郎の”ごめん寝”も見てみたいなあと思うのですが、太郎は私と一緒に寝ることも絶対にしないし、こうやってびよ~んと伸ばしてくつろぐ姿を見てると、ごめん寝のような息苦しい格好はしそうにないなあと感じてしまいます(^^;




話は変わって・・・。

これは何の畑でしょう? ご自宅で育てらててる方はすぐに分かるかもですね^^
1_20170505045257e3d.jpg


土の中に旬の野菜が埋まってます。
2_20170505045258025.jpg


現地の道路沿いには、道案内の標識と共に、”Spargelverkauf”の標識もあちこちに設置されてます。
3_2017050504530215f.jpg

Spargelverkauf=アスパラガス販売、・・・ということで、アスパラガスの畑でした。
アスパラガスといっても、こちらでは白がほとんど。そして食べられるのも日本の様にいつでもというわけではなく、4月上旬から始まって、6月24日をもって出荷が終わりとされます。
お値段もドイツ産のは最初はけっこうお高いのですが、その後段々と値下がりしてきます。
なので、産地の新鮮なアスパラガスを食べるのなら安くなる前の今の時期!・・・ということで、先週末、アスパラガスの産地へと行ってきました^^



アスパラガスの畑でなく、菜の花の畑もたくさんでした。
4_201705050453013f7.jpg


そして現地で食べたアスパラガス料理です♪
5_20170505045303730.jpg

アスパラガス料理の注文は、アスパラガスと茹でじゃが芋、これが基本セットのようになってて、そこに付け合わせを選びます。私は今回は豚肉、相方は牛のステーキ。

現地のアスパラガス料理は安いうえに美味しい!私の住んでる街のアスパラガス料理の基本セットの、”アスパラガスと茹でじゃが芋”だけの値段で、現地ではお肉も食べることができました。


日頃ドイツ料理には満足することのない日々ですが、このホワイトアスパラガス料理だけは唯一、”本当に美味しいんだから!”と言える料理であります^^
最近はうちでもほぼ毎日白アスパラガスを食べてます(笑)。ちなみに、うちの近所のスーパーで、ドイツ産の白の500g入りが3.59ユーロ(今のレートで450円くらい)。これが外国産(ギリシャやイタリアなど)になるともっと安いですが、やはりドイツ産の方が太くて味もいいのでドイツ産のばかり買ってしまいます♪




この日の他の画像はこちらにもアップしてます クリックでジャンプします。

曲がったままでも気にしない - 2017.03.29 Wed

とある日の午前中、早朝の遊び(狩りとも言う)で疲れた太郎がいつものようにハンモックの上でお休み中でした。
1_20170329212326a08.jpg


耳が曲がったまま・・・。
2_20170329212327576.jpg


目がちょっぴり開いてるけどどろ~んとしててこちらを見てるわけではなさそうです。
3_201703292123282b4.jpg


撮影されてるのに気づいたか、焦点が合い始めました。
4_20170329212330bc3.jpg


その約15分後、耳は曲がったまままぐっすりと寝てました。
5_20170329212331712.jpg


全然気にならないんでしょうね。見てる方は気になってしょうがないですが^^;
6_20170329212333687.jpg

ぐっすりと眠れてるのなら問題なしです!^^





そしてこちらは話題変わって、先週末に見に行ったオキナグサの画像です。
7_20170329212337fbf.jpg


正確には、セイヨウオキナグサ、です。
8_20170329212337872.jpg
Gewöhnliche Kuhschelle(Pulsatilla vulgaris) セイヨウオキナグサ キンポウゲ科


現地で見てる時はそこまで細かい部分は見えてなかったので気づかなかったのですが、
9_20170329212338914.jpg


中心部がまたなんとも芸術的♪
10_20170329212724199.jpg


右奥に見えてる丘の斜面にたくさん咲いてました。
11_20170329212341899.jpg

この花、あちこちに咲いてるわけではなく、やはり貴重なお花のようで、私自身も見たのは初めてでした。
お花歩きの本に紹介されてた花でいつか見てみたいなあと思ってたので、とても感激の一日となりました♪




お花の他の写真はこちらにもあります🌸

とある日の朝から晩までの表情(&お花) - 2017.03.16 Thu

あれこれと撮り溜めした画像がたくさんあるので、とある一日の太郎の朝から晩までの表情をまとめてアップします。


撮影は2月後半くらいでした。
こちらは午前中の太郎。揃えたお手々がかわいい~と思って撮影してたと思います^^
z1_2017031600243227c.jpg


お昼頃、お天気がよくなったので一緒に庭に出ました。この時間、一緒に出ることが多いです。
「お日様、気持ちいいにゃあ」

z2_2017031600243431b.jpg


こっちを向いた表情がいつもとちょっと違った雰囲気♪
z3_201703160024357d5.jpg


「またまた隙ありにゃ!」  いつものことですが、いきなりこうなる(>_<)
z4_20170316002437eab.jpg


午後のお昼寝の時は、私を襲ってきた子と同じとは思えない表情・・・。以前一度アップした画像です。
z5.jpg


途中ちょっと目が覚めてあくびをしてる瞬間を撮影したら、こんなお顔に(´∀`;)
z6.jpg


そして夜。しま汁キッカーで遊んでる~と思ったら、二つ一緒に抱え込んでました。
「ボクの大事なしま汁キッカーちゃんたちだもんにゃ」
z7.jpg


そしてそのまま二つを腕枕にしてしばらく休憩してました。
z8.jpg

・・・と、太郎の一日でしたー。




そしてここからは、先週末にスノーフレークが群生してる箇所を見に行った時の画像です。

ミスミソウ(雪割草)もたくさん咲き始めてました。 
z9.jpg
Leberblümchen(Hepatica nobilis キンポウゲ科


z10.jpg


スノーフレークも最初は群生というよりちらほら見える程度でしたが、
z11.jpg


その後、何か所かで群生してるのを見ることができました♪
z12.jpg


スノーフレークはこうやって湿地に生えるので、一度だけ、足がずぼっと土の中に埋まって大変なことになりました(-∀-;)
z13.jpg
Frühlingsknotenblume, Märzenbecher (Leucojum vernum) ユリ科

この日はお散歩のみでしたが、これから雪解け後のお花も山の上では咲き出すので、早く山の雪が融けないかなあと待ち遠しいです♪



この日のお散歩の様子はこちらにアップしてます🌼

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

alpenkatze

Author:alpenkatze
太郎:2009年8月4日生まれ、10月3日にお迎えしました。
ビールとソーセージの国での、太郎とお世話係の日々の記録を綴ってます。

旧ブログはこちら→http://alpenkatze.exblog.jp/

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

太郎の毎日 (316)
太郎とご近所猫(犬)さん (72)
お出かけ(山以外) (44)
お出かけ(山関連) (25)
獣医さんでのこと (2)
クリスマス市 (9)
オフ会 (1)
ダンケ!(頂き物など) (7)
日々のこと (48)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

gremz

Flag Counter

Flag Counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR